ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ハロウィンっていつなんだ??と思ったので調べてみた。

どうも、ラッキーマンです。

 

ここ数年ハロウィンに仮装したりしてはしゃぐというのをニュースでやっていたりする。

f:id:reon5653desu:20151017084941j:plain

 

仮装も人それぞれで、ちょっとグロテスクなゾンビっぽいメイクだったり、アニメや漫画のキャラクター、よくわからんやつなどなど。

f:id:reon5653desu:20151017092240j:plain

 

普段仮装をあんまりしないであろう人まで、この時期には仮装がしたくなるらしい。

 

そんなニュースをボーっと見ていた時、ふと思った事がある。

 

『ハロウィンっていったいいつなんだ??』

 

世間では10月になるとやたらとハロウィン色を出してくる。CMもやたらとハロウィン仕様になるし、お店なんかもカボチャをやたらと前面に押し出してきたりする。

 

カボチャが好きではない僕からしたらいい迷惑なのだが。

 

とまぁ、そんな事は置いといてそんだけ騒いでいるけどハロウィンっていつなのよ??と僕は思うわけだ。

 

ある一定の期間の事をハロウィンと呼ぶのか??それとも、クリスマスのようにある一日を指してハロウィンと呼ぶのか??

 

僕の周りでは誰も知らないし、おそらく仮装をしてその辺でわいわいしている人たちも

ハロウィンがいつなのかを知っている人はそんなに多くはないんじゃないかと思う。

 

多分多くの人が

 

「えっ、ハロウィンがいつかって??そんなの適当じゃない?楽しめればいいでしょ?フォー!!」

 

みたいな感じじゃないだろうか。(かなりの偏見)

 

そこまでハロウィンに興味がない僕だが、このままではハロウィンがいつなのか気になってしまい、眠れない夜を過ごすはめになる。

 

何故、ハロウィンに興味がない僕がハロウィンに苦しめられなければならないのか??世の中は無情で理不尽だ。

 

まぁそんな日々はごめんなのでPCをササっと開きチャチャッとググってみた。以下がその結果である。

 

ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英HalloweenまたはHallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある

※Wikipediaより引用 

ハロウィン - Wikipedia

 

さすが、Wikipedia様。僕の疑問にすぐに答えてくれた。

 

どうやらハロウィンというのは『10月31日』に行われるようだ。

 

ふーっ、すっきりした。

 

これで、悩み解決。今夜も悪夢にうなされることなく、ぐっすり眠ることが出来そうだ。

 

というわけで世間のリア充の皆さん、ハロウィンは10月31日らしいです。

だから、

 

『あんまり早い時期から調子に乗るなよな‥‥‥』

 

非リア充の僕の精いっぱいの遠吠え。非力なマイノリティの抵抗。リア充様には届くはずもあるまい。

 

これが現実だ。しょうがない。リア充はより高みにのぼり、非リア充はそれをしたから見上げる。

 

いつだって社会なんてものはそういう構図で出来ている。

 

なんだかそんな事を書いていたら悲しくなってしまったので最後に僕の正直な心の声をここに記しておこうと思う。

 

『仮装って楽しそうだよねー♪♪』

 

 最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは次回もよろしくお願いいたします。