ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

自分のブログを敬語にしようかどうか未だにブレている件。

よっぽどディープな読者の方しか気づかないと思うが、最近の僕はブログを書く際に、やや固めの文章で書く事にしている。

 

ちょっと前までは「どうも、おばっちです!!」などという軽めのご挨拶をしていたのだが、どうもしっくりこない。

 

本来の僕は人見知りで、初対面の人に対して無意識にバリアを貼るタイプ。

「どうも〜♪」なんて軽めのノリで話しかける事はまずないお堅い男なのだ。

 

そんな僕が文章では軽くて調子のいい男を演じている。これは自分に対して嘘をついてることにならないだろうか??ブログを書いていてふと僕はそんな事を思ったのだ。

 

そこで実験的に今は敬語を使わず、やや淡々とした文章で記事を書く事にしているのだが、あんまり無理をしている感じがなく自分としては書きやすい。

 

じゃあ、なぜ以前は敬語で文章を書いていたのかというといくつか理由があるのだが、まず『周りのブロガーの方の中で敬語で書く方が多い』という事が挙げられる。

 

僕が読者登録をしている方のブログをザーッと見た感じ8割ぐらいは敬語でブログを書いている。多分その理由は親しみやすさや読みやすさなどが出やすいからだと思う。

 

ブロガーと読者の間には距離がある。顔を出している、あるいは知り合いであるなど現実的な距離感が近ければ問題ないかもしれないが、実質そうではないケースがほとんどだろう。

 

その場合の距離感を縮める方法としてはブログの文章の親しみやすさ、読みやすさなどはとても重要だと感じている。何かの書籍とかでもそんなことを言っていたような気がするし。

 

一方で僕が今こうして書いているやや固めの文章というのは、親しみやすさや読みにくい。小説などが苦手という方の場合、こういう固めの文章というのが嫌になってしまうという方もいるだろう。

 

ただ僕個人としてはこちらの方が書きやすい。明らかにこちらの方が筆ならぬブラインドタッチが進むのだ。どうやら僕にはこうした淡々とした文章が合っているらしい。

 

つまり、読者の方の読みやすさを取るか、あるいは僕のブログの書きやすさを取るかという超絶どうでもいい事で迷っている。うーん、どうしましょ。

 

そこで、読者の方の知恵を貸してもらえるとありがたい。というか僕を助けてください(>_<)

 

はたして敬語の文章にした方がいいのか?あるいは今回のようにやや淡々とした文章で書き続けていくべきなのか??

 

経験に基づいたアドバイス。超人的な第六感から降ってきたアドバイス。ブログの神様。上級者。中級者。初心者の方などなど、どなたからのアドバイスでも大歓迎♪♪

 

よろしくお願いいたします!!!!

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。