ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ブログが書けない‥‥‥。そんな時に自分が行っている対処法を書いてみた。

どうも、ラッキーマンです。

 

今日は「ブログが書けないなぁ」とお悩みの方向けの記事を書いてみようと思います♪

 

僕ははてなの端くれ貧弱ブロガーなんですが一応365日連続投稿っていうの達成してるんです。去年の9月から今年の9月まで1年間、「1日最低1記事」っていうのを目標にしてやってきました。記事の質がどーとか、ほぼ無職だから時間があるからとかは置いといて(^^;

 

でもそんな時間がある僕でも毎日スラスラとブログを書けたわけではありません。PCの前に座っても全然アイディアが出てこない時もあるし、なんか気持ちがのらないこともある、一回文章完成させたけど全部消して書き直したこともあります。

 

そんな風にまぁ、僕なりに苦労しながらこのブログを書いてきたわけです。えっ?こんなク〇ブログじゃ苦労が伝わらないって??そりゃク〇人間が書いているブログなんだからしょうがないだろ!!と開き直りたいところですが、それはもう反省。もっと読んでくれる人が楽しめたり、役に立つような文章を目指して頑張る所存でございます。

 

そんで、最近ふと思ったんですよね。

 

「俺ってブログ書けない時にどうやって対処してきたんだろうか?」ってね。ちょうど年末だし振り返りということでそういうことを考えていたわけです。どうせならその方法を公開したら今ブログ書けなくて悩んでいる人の手助けになるんじゃないの?なんて思ったわけです。

 

そんなわけで今回は僕がこれまでやってきた「ブログが書けない時の対処法」を紹介していきたいと思います‥‥‥

 

っていうか同じテーマで思いっきし記事書いとるがな(笑)

reon5653desu.hatenablog.com

 

この記事見なおしてみたんですけど、今も大体同じようなスタンスでブログ書いてるのでわざわざ記事にしなくてもいいかなぁとも思ったんです。でもちょこちょこ修正点というか以前とは違う部分もあるのでやっぱり記事にしておこうと思います。

 

ちなみに↑の記事ではブログ書くならまずインプット増やそうぜ!!ということを言ってて、インプットを増やすためには

 

  • 本を読むこと
  • ニュースサイトを見ること
  • 他の人のブログを見ること
  • テレビを見る、新聞を読むこと
  • 普段と違うことをしてみること

 

っていうのを挙げてます。ただ、この過去記事見て自分でも「えっ?」ってなってしまったんですが、以前の僕って新聞見ることとかテレビ見ることにやや否定的なんですよね。新聞は「ネット板でOKでしょ」って言ってて、テレビは「受け身になるからいらなくね?」みたいなスタンスだったんです‥‥‥。

 

「バカヤロー!!!」

f:id:reon5653desu:20161216205517j:plain

 

ごめんなさい。まずは謝りますね。僕はなんて馬鹿なことを言っていたのか。テレビも新聞も貴重な情報源、インプットのための素晴らしいツールですよ。それを否定していたなんて1年前の僕をビンタしてやりたい。

 

もちろん、新聞をただパラパラとめくるだけ、あるいはテレビをただダラダラとみているだけではいいインプットはできません。この場合には大前提として「もし自分のブログに書くとしたら?」という視点で情報を入れていくといいでしょう。

 

テレビで芸人さんがオススメの食べ物屋を紹介するみたいな番組をやっていたとしましょう。そしてあなたが食べ物の記事をよく書いたり食べ物関連のブログをやっていたとする。それなら「芸人さんがすすめているラーメン屋5選」みたいにしてみてもいいかもしれない。さらにそのお店に行ったことがあるなら自分なりの味の感想とかお店の雰囲気なんかも書ければなおよしですよね。

 

要は自分のスタンス次第かと思います。受け身になるのか?あるいは自分から情報をとりに行くのか?その違いでテレビや新聞もかなり貴重なインプットのツールとして活用できるでしょう。

 

 

 それでもブログが書けない場合は?

 

様々な情報に触れてインプットをしっかりしたんだけど、なかなかブログが書けないという方も中にはいるでしょう。実際僕もそういう時がありますので、その時にやっていることもお伝えしておきます。

 

 

①タイトルだけでも書いちゃう。

 

僕はこれをよくやります。ブログ全部はどうも書けそうもない。気持ち的にものらないしそもそも書く内容も何となく曖昧な気がする。そんな時はまず「タイトルだけ書く。」その状態で下書き保存しちゃう。メモのような感じでとりあえず出たアイディアを形に残しておきます。

 

タイトル書いただけでも一歩前進ですからね。ブログ書く人の中には「書くからには全部一気に書きたい」っていうやや完璧主義な人もいるかもしれないけど、それじゃあ疲れちゃいます。ハードル下げてタイトルだけでもまずはOK。ちょっとでも書けてるジャンでいいんです。

 

それにそうやって形として残しておくとのちのち見た時に「あっ、今ならこのタイトルでブログ書けそう」って時があるんですよ。それは新たに情報が入った時もそうだし、時間がたって書きたいことがなんとなくまとまることもある。あるいはたくさん下書きとして残しておいたタイトルを見て、「これとこれ組み合わせてもいいんじゃないか?」っていう考えが出てきたりします。

 

 

②時間を空ける

 

どうにかこうにかブログを書こうと粘るんだけど、それでも書けない。どーしても書けない。ああもう嫌だってなるぐらいに書けないなら、僕はいったんブログを書くことから離れます。

 

その間本を読んだり、散歩したりテレビを見たり映画見たりとまぁあれこれやるわけです。するとふと「あっ、あのアイディア使えるんじゃね?」っていうタイミングがおとずれるんです。

 

↓の記事で紹介した本にも書いてあるんだけど、時間を置くことで新しいアイディアが「パッと」出てくることがあるし、既に出ていたアイディアを寝かせておくとのちのちそれを活かせるタイミングが見つかったりします。(無駄になることももちろんあるけど)

 

シンプルだけどアイデアのつくり方という本はとても参考になるよ。 - ニート気質な僕の生きる道

降りてくる思考法 世界一でクリエイティブな問題解決スキルという本を頂いたので感想を書いてみた。 - ニート気質な僕の生きる道


ずーっとPCと向き合ってブログについてあれこれ考える時間も必要だけど、時には少しブログから離れてみる、時間を空けてみる。するとある時自分の中にあった情報がばばっとまるでシナプスのようにつながって、新たなアイディアだったりブログのネタっていうのが出てきたりするかもしれません。

 

 

まとめ

 

今回はブログが書けない時に僕がやっている対処法という形で書かせていただきました。っていうかほぼ過去記事からなんですが普段僕はこんな感じでブログが書けなくなったときに対処してます。

 

もし、今ブログ書けないなぁって悩んでいる方がいたらちょこっとでも参考にしてまたブログが書けるようになれば幸いです♪最後に記事の内容をまとめておきます♪

 

  • ブログ書けない時はインプットを増やしてみよう。
  • 僕がやっているのはインプットの内容は主に5つ。本を読むこと、ニュースサイトを見ること、他の人のブログを見ること、テレビを見る、新聞を読むこと、普段と違うことをしてみること
  • ブログが書けない時はまずタイトルだけでもいいので書いてみよう。
  • さんざん考えたけど書けなかったら少し時間を空けてみよう

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました♪

次回もよろしくお願いいたします♪

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。