ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

スポンサーリンク

ひきこもりははたして後悔するのか?僕の経験から語ってみた。

f:id:reon5653desu:20170123141826j:plain

 

どうも、ラッキーマンです。

 

今回も検索ワードに対してアンサーのような形で書いていきたいと思います。

 

今回のワードは「引きこもり 後悔」

 

ふーむ、後悔ねぇ‥‥‥。

 

個人的には「後悔なんてしなくていいよ!!」っていう考えだし、以前の記事でもそんなことを書いてます。(下のはひきこもりじゃなくてニートの人に向けてだけど)

reon5653desu.hatenablog.com

 

理由はカンタンで

 

「後悔しても結局その過去はやりなおせないから」

 

ってこと。過去に目を向けてしんどくなっちゃうなら今ちょっとずつでもやれることやった方がいいじゃないですか。シンプルにね。

 

でも僕は後悔しまくりでした

 

偉そうに言ってるけどじゃあ僕が過去のことでまったく後悔しなかったのか?というとそんなことないです。ブログとか見てもらうとわかるように結構ネガティブだし過去のこと引きずりがち。はってきりいって僕はメチャメチャ後悔しましたね(^^;もう、過去を振り返りまくりの嘆きまくりって感じです。

 

「何であの時ああなっちゃったんだろう‥‥‥。」

 

っていう言葉がずーっと頭の中をぐるぐるとまわってました。特に家からあまり出れなかった大学卒業してからの1年半ぐらいはね。

 

毎日過去の自分を思い出しては自分を責めて未来の自分を見て不安なことばかり考えたし自分はダメだ、自分は何してきたんだって自分のことを否定ばかりしてました。今思うと責めすぎましたね(^^;あんなに責めなくてもよかった。今では責めすぎた過去を後悔しております(笑)

 

ただまわりの助けもあってだんだんと動けるようになってきてからは後悔するってことも少なくなったような気はします。結局「過去のことはどうにもできんしな」っていう考えにシフトチェンジしましたね。嘆いても何も現実が良くならないなってことに気付いたという感じでしょうか。

 

ただそんな風にシフトチェンジしたかに見えた僕でもいまだに後悔しちゃうことはあります。人間そう簡単にガラッとは変わらんもんだし、完全に割り切るのも難しい。動けなかった1年とか2年の間に何かガッツリ真剣にやってりゃ身についたものもあるだろうし、そう考えると「ああ、もったいなかったのかも‥‥」なんてふと思うことがあるんですよ。考えたってしょうがないのにね。

 

でもいくら「後悔しても意味はない。後悔するな自分!!」って思っても後悔しちゃうときはある。だったらしょうがない。後悔はしちゃうもんなんだな。だから最近はそうやって時々後悔しつつ時にへこみつつそれでもこれからの人生を生きていこうっていう考えればいいんじゃないかな?なんて思ってますね。無理に後悔しないぞ!!って思わないようになった。

 

確かに過去の時間はもったいなかったかもしれんし、失敗だったかもしれない。でもまったく無駄だったとは思ってはいないから。学んだことはたくさんあったからね。

 

後悔してもいいと考えよう

 

今ひきこもっている人がもしこのブログを見ていたら、後悔するなとは言わないし、多分後悔しちゃうとも思う。後悔すんなと言われてスパッと切り替えることなんてほとんどの人は出来ないんじゃないかな?逆に後悔しないように頑張ろうとする方が苦しい気がする。

 

だったらまぁ割り切って

 

「後悔するのはしかたがない。じゃあ今からどうしようかな?」

 

ってことを少しずつ考えていけばいいんじゃないでしょうか?

 

たぶん成功者とかだって大なり小なり後悔みたいなものはするだろうし、その辺で今笑顔でいる人だって一つや二つ嘆きたくなるような過去があったりしますからね。表に出さないだけで見えないところで後悔して泣いてたりもする。

 

みんなそういう過去を抱えながら生きてる。嘆きたくなるような過去があってもそれで人生がおしまいなわけじゃなくてそこから前進してる。

 

変えられない過去に捉われて後悔し続けるのはしんどいです。だからその過去は過去として受け入れましょう。失敗は失敗として認めましょう。そんでこれからは今がどうすればよくなるか?どうすれば楽しくなるか?どうすれば幸せになれるのか?そっちに目を向けてみてください。

 

ひきこもっていようが幸せになる権利はあります。後悔したくなるような過去があろうが幸せになっていいんです。そのことをお忘れなく。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

次回もよろしくお願いします!!