ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

皆に当てはまる正解なんてありはしない。自分だけの正解を探しましょう。

どうも、ラッキーマンです。

 

最近、凄く思うこと。

それは

 

『みんな正解を欲しがってるんだなぁ』

ってこと。

 

特に引きこもっていたりニートになる人ってそういう傾向にある気がします。

特に将来が不安だなーと感じている方。

こういう方には多いですね。

 

不安だから答えを求める。

自分の周りが真っ暗に感じるから光を求める。

 

そんな感じでしょうか。

 

でもね、いくらネットで探しても本で探しても正解なんて見つかりはしません。

 

何故か?それは

『あなたの人生の正解はあなたにしかわからないこと』

だからです。

 

だってそうでしょ?

 

いくら地位があったり成功している人が書いているためになる本でも

それは『その人』の本なんです。

 

あくまで、その人が

『自分はこうやって成功したんだ、こうやったからうまくいったんだ』

っていうのを教えてくれているにすぎません。

 

ですので、その人のやったことをそのままやったとしてもうまくいくとは限りません。

 

その人とあなたは

『育ってきた環境も、性格も、資質も』何もかもが全て違うからです。

 

だからいくら本を読んでも、ネットで探しても正解は見つかりません。

 

『じゃあ、どうすればいいんだよ??』

ってなると思います。

 

そう聞かれたら僕はこう答えます。

『とにかく動くしかない』と

 

頭の中でいくら考えても正解なんかでないし、本やネットで探しても答えが出ないのならもうこれはね、

『行動するしかないんです。』

 

実際に自分が興味があること、やりたいこと、面白そうだと思うこと。

もうね、あんまり細かいこと考えずにやってみるんですよ。

 

犯罪以外なら何でもOK。

もう周りの意見とか関係なし。

 

それこそ、僕が書いているようにブログを書いてもいいんじゃないですか?

ただで書けるしオススメですよ、ブログは♪

 

 

それであれこれやってみてね、失敗したりちょっとうまくいったりを繰り返すわけです。

そうするとね、次第にですが

『あっ、もしかしてこれって自分に向いているんじゃない?』

っていうのが見えてくるんですよね。

 

この気づきっていうのは、頭の中、本の中、ネットの中でグルグル回っているだけでは生まれません。

 

スポーツでも何でもそうですよね?

僕はサッカー好きなのでサッカーで例えますが、

いくら本を読んでシュートの理論を身につけたところで

実際やってみないとうまくいくかどうかわかりません。

 

もしかしたら、本に書いてある通りに実行してもうまくいかない場合もあります。

 

『軸足の位置はもう少しずらした方がいいかな』

『助走の位置は後ろからの方が』

みたいな感じで、気づくことが沢山あるわけです。

 

そういう気づきを得るためには

動け!!とにかく動け!!

そう言いたい。

 

ベッドの上で天井を見上げていても何も見つかりませんよ(>_<)

 

 

『動けと言われてもどう動けばいいのかわからない』

という人もいると思います。

確かにいきなりなんの考えもなしに動き出すのは勇気がいる。

 

 

でね、そういう時に参考にするのが先ほどの

『本であったり、ネットであったり』というものなんですよ。

 

何故なら、あなたが気になった本やネットの情報って基本的に

あなたが興味があって探し求めたものだと思うんです。

 

という事はどこかしらに、あなたとの共通点がある、

もしくは共感できるような部分があるから、そこにたどり着くわけですね。

 

波長が合うとでも言えばいいのかな。

そういう部分が少なからずある。

 

『ちょっと境遇が似ているな』

『ちょっと性格が似ているな』

『考えがスッと頭の中に入ってくるな』

そんな部分があるはずなんです。

 

そういう情報を参考にすると

何も共通点がないものよりもうまくいく可能性は高くなります。

 

今、ニートの人で脱出して成功したいと考えているなら

『小、中、高とエリートでハーバードでて外資で取締役になって起業して大金持ち』

みたいな人の本を読むよりも

 

『幼い時から人見知りで、不登校になって、その後引きこもったりニートになったけど、起業したら成功できました。』の方が共感できるし共通点も多いはずです。

 

というか、1つ目の例なんてほとんど参考になりません(笑)

あまりにも、違う部分が多すぎてへこむだけ。

 

 

でも2つ目の例だったらどこかしらに共通点がありますよね??

そういうものを参考にして動き出せばいいんです。

そうするとねうまくいくことも多いですよ。

 

動き出したらね、もうこっちのもんですよ。

あとは

『あなた自身であなたの正解を探す旅に出る』

それだけです。

 

正解がいつ見つかるかは誰にもわかりません。

1年後に見つかるかもしれないし、3年後、5年後、10年後

もしかしたら死ぬ間際かもしれない。

 

でも、それでもいいじゃないですか。

きっと自分だけの正解を追い求めた人生って充実してますよ!

誰かの正解に支配されたものなんかよりも何億倍も楽しいはずです。

 

ほらっ、よく言うじゃないですか?

 

『しあわせは歩いてこない。だから歩いていゆくんだね。』

 

三百六十五歩のテーマ

作詞 星野哲朗  作曲 米山正夫

 ってね。

 

この場合、幸せもそうですが正解っていうのも歩いてこないんですよ。

いくら待ってても見つからない物なんです。

 

『だから歩いてゆきましょう』

あなただけの正解を探しにね。

 

とはいえ僕もニートになったり、学校行ったりまたニートになったりと自分の正解を求めてさまよい中です(笑)

 

ただこれでいいと思っています。

誇れるようなものではないけど、もがきながらも自分だけの正解ってやつを僕も

見つけたいと思います。

 

 

一人でも多くの方が

『自分だけの正解を』見つけられることを願っています(^^

 

自分への戒めも込めて。

 

それでは次回もよろしくお願いいたします!