ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

失敗だったけど無駄ではなかったとはっきり言える。

どうも、ラッキーマンです。

 

先日、今の僕の心境をぶちまけたブログを書きました。

reon5653desu.hatenablog.com

 

気にかけてくれたりコメントをくださった方々ありがとうございます♪とても励みになりましたし、今後も自分なりに頑張っていくつもりです。

 

上の記事では「僕の10年って結果的に失敗だったんだ。」ということを語ってます。冷静に考えてみて僕の20代から30代になるまでの10年というのは失敗だったなぁと思うわけです。時間の使い方、お金の使い方などなど挙げればきりがないんだけど、とにもかくにもダメでした。これはもう認めるっきゃないよねと自分でも思うわけです。

 

 

でも、無駄ではないとも思う

f:id:reon5653desu:20161224211555j:plain

 

失敗はしたし「なんて自分は不器用なんだ。もっとうまく生きたいぜ。」と嘆く自分もいます。僕は生きるの下手だし他の人が軽やかに人生を謳歌しているのを見るといいなぁと思うこともあります。僕の知り合いや友人は割と真っ当にといいますか、働いて結婚してっていう人が多いですからね。僕なんて完全に少数派でしょう(笑)

でも一方で「この失敗は決して無駄ではないよな」とも思える自分がいるんですね。

 

というのも自分がうまくいかなかった経験をしたからこそうまくいかない人の気持ちっていうのがものすごく分かるようになったからです。世の中には色々な人がいて、色々なものを抱えて生きている人がいる。人によって持っている苦しみもしんどさも何もかもが違う。

 

一見へっちゃらそうに見える人でも、見えないところで悲しみに暮れていたりする。それを理解できるようになった。完全に理解はできないまでも想像するようになれたんです。

 

正直10代前半のころの僕なんてうまくいかない人の気持ちとか想像したり、共感したりなんてすることなんてありませんでした。想像力もないし勝手に決めつけて思い込んで自分の事ばかり考えている自己中。(今もそうかもしれないけど)

 

でも10代後半から20代にかけてうまくいかない期間、しんどかった期間を経験した僕は人の気持ちを想像することができるようになりました。これから生きていくことを考えるとこの想像力というものを持つことができたのは大きかったんじゃないかなと思います。

 

無理やりでもいいから失敗から学ぶ

f:id:reon5653desu:20161224212332j:plain

 

「でも、結局お前は失敗したんだろ?」と言われたら「はいっ、そうです。」としか答えようがありませんし、失敗したことを正当化しようとしていると言われればそうかもしれない。

 

失敗は無駄じゃなかったとか失敗から学べることはあったと言ったって「いやっ、失敗する前に出来たことあるでしょ。」っ突っ込まれれば元も子もない。へへぇ、その通りでございます。僕はそれを出来なかったから今ダメなところにたどり着いているわけです。

 

じゃあ、どうすればいいかっていうと結局はこの失敗から学ぶしかないんですよ。人より不器用で生きるのが下手でどうしようもない自分だけど、その失敗から何かを学び取って自分の糧にするしかないんです。ダメ人間だからこそ失敗を無駄にしちゃいけない。それこそ無理やりにでも。

 

失敗した→自分はダメなんだではなく、失敗した→ここから学べることは何だろうか?という思考に頭を切り替えるしかありません。少しずつでもいいから失敗から学んでいく。次は失敗しないように。それでもダメでまた失敗するかもしれない。過ちを犯すかもしれない。それでも学ぶことを忘れずに積み重ねいくしかない。僕はそう思っています。

 

 

失敗続きのどこかの誰かへ。

 

今このブログを見ているあなたはもしかしたら僕と同じように、失敗続きでなかなかうまくいかないのかもしれません。(うまくいっている人はごめんなさい(^^;)もしかしたら自分のことが少し嫌になっているのかもしれません。ただ、はっきり言わせてもらればあなたのその失敗は無駄じゃないです。

 

どこでどう活かされるか僕には明言できませんし、バラ色の未来が来るぜとも言えません。そんなことは僕にはわかるはずもない。でもきっといつか「あの時の失敗があったから」と言える日がくるはず。

 

だからまずは失敗を認め受け入れることから始めてみませんか。失敗したことから目を背けずに。というか目を背ける必要はないんです。だってその失敗は無駄じゃないんだから。むしろしっかり向き合うんです。そして目を見開いてその失敗が今後あなたの人生にどう活かせるか、それを考えてみてください。

 

「あの失敗は無駄じゃなかった。」

 

そう思えるように、お互い頑張っていきましょう。あなたがした失敗が今後のあなたを輝かせるかけがえのない経験になることを願っています。偉そうに言っているけど僕もまだまだ失敗しまくりです。失敗続きで先がどうなるかわかりません。失敗したまま報わずに終わるかもしれない。でも失敗を活かせるように頑張っていくつもりです。(それでも失敗するかもしれないけどね。)

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました♪

次回もよろしくお願いします♪

 

 

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。