ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

行動できない人は「今よりちょっとでもよくなればいい」と考えてみてはいかが?

f:id:reon5653desu:20180226222039j:plain

今回は自分への戒めも込めてサラッと書いてみます。

 

こんな記事を書いてみる僕もエラそうなことは言えなくて、どちらかというと腰が重いタイプでして、結構考えてしまって動き出せなかったりします。

 

そんで、その理由ってなんでだろうな?ってことを考えた時に、以前にもこの記事で書いたんだけど、自信が無かったりハードルを上げすぎていたり完璧主義に陥っていってしまっていたりということが考えられるわけです。

 

まぁ、その中でも特に完璧主義の縛りっていうのは強くてね。「完璧でなければならない」つまり「ベストを出さなければならない」っていう考えがどこかにあったりするんですよね。でも、その一方、頭の中では「なかなかベストなんて出せない」ってこともわかっているわけです。だからベストに届かない行動ならしない方がいいとなってしまい、二の足を踏んでしまうと。この完璧主義の弊害っていうのは思った以上に大きい気がします。

 

今よりちょっとでもよくなればいい

f:id:reon5653desu:20180226225306j:plain

行動するために「完璧主義をやめる」っていうのはその通りなんだけど、今回はさらに一歩踏み込んで「今より少しでもよくなりそうだったら動いてみる」という考え方をおすすめしたいと思います。

 

仮にベストを100点としたときに「じゃあ80点ぐらいのベターを目指したいよね」ってなりがちだと思うんですよ。それ自体はもちろん悪い事ではありません。ベストではなくベターを目指す。完璧主義を手放しうまくハードルを下げることが出来ているといえるはずです。

 

ただ、人によっては80点であってもハードルが高いと感じたり、行動をする時のプレッシャーになってしまうこともあるわけですよね。その結果なかなか一歩が踏み出しにくくなってしまう。

 

だからこう考えましょう。「今よりちょっとでも良くなればそれでいい」と。つまり、何か行動を起こした末に出た結果が80点でも70点でも60点でもなくそれこそ「5点でも10店でもプラスであればいい」という考え方ですね。たとえ5点であってもプラスはプラスです。

 

今いる場所から前進したとしてもそれは半歩かもしれないし、もしかしたら数ミリ程度かもしれません。目に見える大きな結果はすぐには出ないかもしれない。だとしてもあなたにとって、それは紛れもなく前進であり、変化をしたということでもあります。

 

それは素直に胸を張っていいと思うし、ほんのちょっぴりでも良くなることを積み重ねていけばやがて何かしたら結果は出てくるのではないかと思っています。

まとめ

今回は僕も含めてなかなか行動できない人向けにブログを書いてみました。自分にとっての戒めとメモも兼ねてサラーっと書いてみました。

 

どうにも僕を含めて行動できない人というのは「ベスト、もしくはベストに近いベター」っていうのを求めて行動できなくなりがちです。そうじゃなくて、「今よりもちょっとでもよくなればそれでよし」とすれば相当動きやすくなるんじゃないかな?と思っています。

 

少しずつ、少しずつ。ほんのちょっぴりでも動けた自分、動こうとした自分を褒めてあげてくださいね♪

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。