ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

元テレ朝アナウンサー前田有紀さんの考え方から将来のヒントを得た!!

元テレビ朝日のアナウンサー「前田有紀」さん。

 

前田有紀氏がテレビ朝日のアナウンサー時代を振り返る - ログミー

 

僕はサッカーが好きなのでやべっちFCをたまに見るんですが、矢部さんと一緒にいるのってやっぱ前田さんの印象が強いんですよね。まぁ、やべっちFC10年間も出演されていた方ですからなので当然っちゃあ当然なのかもしれませんが。

そんな前田さんがやべっちFCいつの間にかやめていてさらにテレビ朝日も退社されて「一体どこで何をしているんだろうか?」なんて思ったりもしたんですが、まさかフラワーアーティストとして活動されているとは。

 

ここで僕が思ったのは「アナウンサーで安定したどころかおそらくその辺の人よりも有名で人気もあるのになんで辞めたのかなぁ?」って事なんですよね。全然人気なくて落ち目というかあんまりテレビに出なくなってとかならわかるじゃないですか??そうやってフェードアウトしていく人もいるでしょう。あとアナウンサーの場合30歳になったらフリーで退社するなんてのはよくきく話ですけど、そうでもなかったみたいですし。

 

今回その辺の疑問について前田さんがご本人の口から語られていてそれが非常に共感できるものだったのでご紹介しておきますね♪

 

すごいよく聞かれるんですけど、テレビ朝日での10年はすごく楽しい10年間だったんです。でも取材を通して夢に向かって頑張ってらっしゃる選手とかを見ていて、心のどこかで「自分が本当にやりたいことって何なんだろう」と考えるようになったんですね。仕事はすごく楽しくて、会社のみなさんもいい人ばかりで、とても恵まれていたんですけど、「自分に本当に向いていることとか、本当にやりたいことは今の仕事なのかな?」って思うようになったんですね。そう思い出したらもう考えが止まらなくなってしまったんです。すごく今恵まれているけれど、もしかしたらもっともっと探したら自分がこれ以上に大好きなことに出会えるんじゃないかな、と思って。そうやって考えているうちに植物の仕事をしてみたいなって思ったんです、子どもの頃から草花がすごく好きで、植物を家で育てるのも好きでやっていたので。どうなるかわからなかったけれど、本当に大好きなことを見つけるために、ちょっと踏み出してみようかなと思ったのがきっかけですね。

引用元:前田有紀氏がテレビ朝日のアナウンサー時代を振り返る - ログミー

 

なるほどなー。「自分が本当にやりたいことってなんだろう?」って考えに考えた結果がフラワーアーティストという職業だったというわけか。

 

前田さん自身アナウンサーという職業に不満があったというわけではないんだけど心のどこかで違和感みたいなものも感じていたのかもしれませんね。そんで真剣に考え抜いた結果今の場所にたどり着いた。

 

それにしても安定したアナウンサーという道を捨ててまで「自分が本当にやりたいこと」を追及していった前田さん凄いなと思いますね。すんげぇ行動力ありますよ。ほんと最近自分は口ばっかなので前田さんを見習って行動しなきゃいかんと改めて思います(>_<)

 

将来に悩んだ時のヒント

記事の最後に前田さんがシンプルだけどとてもタメになるアドバイスをおっしゃっていたのでこちらもシェアしておきますね♪

 

まだ何か成し遂げているわけではないので、偉そうには言えないんですれけど(笑)、でもやっぱり好きなことっていうのは本当に大事だなと、自分の人生を振り返ると思うんですね。好きなことだとなんでも頑張れるし、どんどんやりたくなるし、やっていてすごく楽しいんです。だから将来のことについて悩んだときは、自分が大好きなこととか夢中になれることにヒントがあると思うので、自分自身の好きなことを大事にして将来の道を決めてほしいなって思います。

 

夢中になれること、大好きなことっていう視点はやっぱり大事ですね。ダイレクトにその職業に就けるかどうかはわからないけどそういうところにヒントがあるんだと僕も思います。そういうものの方が続けやすいし貪欲に学べるものも多いはずなので。

 

僕の場合好きなものと言ったら「サッカー」「読書」「運動」「ゲーム」「漫画を読む」etcって感じなんだけどその辺にヒントがあるのかもしれない‥‥‥。

 

あと前田さんのお話でもう一個将来を考える上でヒントになるなーと思ったのが「子供のころから好きだったこと」を考えてみるって事です。

 

前田さんの場合は「植物が好きだった」っていう子供の頃の感覚があって、それがヒントとなってフラワーアーティストという今の職業があるわけですよね。そういう子供の時の素直な感覚とか感情って実はすごく大事なんじゃないかと。

 

大人になればなるほど周りの意見とか考えに影響されて仕事とか決めがちですが子供の時はそうじゃないはず。純粋に「自分がいいな、これ楽しいな」と思ってるものが多いんですよ。そういうだれの影響も受けていない素直な感情とからもしかしたら今後の生き方、働き方を考える上でのヒントがあるんじゃないかなーなんて記事を読んでて感じました。

 

もし、今将来のことで悩んでいる人は前田さんの考え方を参考にして

 

  • 夢中になれること
  • 大好きなこと
  • 子供の頃に好きだったこと

 

っていう視点から考えてみてください♪もしかしたら「これだ!!!」っていうのが見つかるかもしれませんよ♪

 

僕自身も絶賛迷走中の身ではありますが、前田さんの考え方から自分の今後について真剣に考えてみようと思います♪

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。