ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ニートこそブログを書くべきだと思う理由

僕がブログを書いているということもあるけど、常々「ニートはブログ書くといいのにな」と思っています。(フリーターとかでもいいけど。)

 

というのも、僕がブログを書き始めて2年半近くになるんですが、振り返ってみるとブログをやるメリットってでかかったなぁと思ってるんです。

 

 

ニートがブログをやるといいと思う理由

f:id:reon5653desu:20180207220928j:plain

ニートの人がブログをやるといいと思う理由は主に3つあります。1つずつ説明していきますね。

 

①人と繋がるきっかけになるから

ニートになると孤独になりがちです。友達とは疎遠になる人が多いし、親や家族をのぞいて人との交流がないという人もいるでしょう。

 

一人が好きという人ももちろんいるとは思うんだけど、基本的には寂しいと思うんですよね(笑)僕なんてガチニートの時は本を読んで、映画見て、Youtube見て筋トレしてっていう一日でしたから、それだと外の人とまったく交流しないなんてことがあるわけです。

 

そんなときにブログを書いておくと、人と繋がるきっかけになるんですよね。ニートブログを書いてれば、ニート的な人と繋がることもあるし、ちょいと社会不適合的な人と繋がることもある。また自分の趣味的な内容のブログを書いていれば趣味が近い人と繋がることもできます。

 

まぁ、ブログだけでもいいんだけどさらに繋がりを広げたいなら、TwitterみたいなSNSをうまく活用するとさらによしっすね。SNS自体にも共通の趣味嗜好を持つ人がいるし、ブログを拡散してくれるツールになりますから。

 

じっさい、僕もブログやTwitter経由で色々な人と繋がることが出来ました。僕のブログを読んで「ちょっと会ってみたい」とか「相談してみたい」っていう連絡をもらったこともあったし、そこからリアルな出会いにつながったなんてこともありましたね。オフ会に誘ってもらったり、「ブログ楽しみにしてますよ」なんて感想をもらうなんてこともあります。

 

そういう人たちと会って、僕なりの考えを伝える中で後押しとまではいかないまでも、ちょっと前向きになってくれるなんてこともありました。ラインとかで「今こんなことをやってます」なんて近況報告をしてもらったりすると、「ああ、書いてて良かったなー。」と思います。逆に僕がブログの読者さんに励まされたり、やる気をもらったりすることもあるわけですねー。いやぁ、ありがたい。

 

こういう外との繋がりとか、普段会わない人との交流が生まれたのは、ブログ書いてたからなんですよね。だからブログ書いててメチャメチャよかったなと思うわけです。狭い世界の中で過ごしていた日々が、ネットを通じて外の人たちと繋がることができたわけですから。視界がパッと開けた感じですね。

 

なので一人でいるのが嫌だなぁとか、ちょっと孤独だから人と繋がりたいなぁなんて思う人は、ぜひブログを書いて外に情報を発信してみてください(^^)最初はあんまり反応がないかもしれませんが、継続していけば徐々に交流が生まれてくるはずです。

 

②メチャメチャ頭を使う機会が増える

ニートの人の場合は仕事もしていないし、人と接する機会もあんまりないですからそうすると、全然頭を使わないんですよね。

 

会話も少ないし、本を読む機会がない人ならなおさらです。テレビを見る、YouTubeを観るといった受け身の行動はマジで頭を使わないんです。そんな状況で久々に人と話をすると言葉が出てこなかったり、うまいたとえ話が出てこない、感覚としてホントに頭が回ってないなぁって感じがあるんですよね。

 

そこでおススメしたいのがブログを書くってことです。ブログを書くのって結構頭使うんですよね。特に人に読んでもらうブログを書くってなると頭にいい負荷がかかるんですね。人を意識するっていうのはすごく大事です。ブログは馬鹿に出来ません。実際脳神経外科医の築山先生の本にもこんなことが書いてあります。

 

その意味で、インターネットのブログを書くことも、脳にとって良い習慣だと思います。特に会話をする機会の少ない人にとっては、貴重な脳トレの機会になり得るでしょう。

人に読ませるからには、言葉の羅列ではなく、ある程度整理された文章になっていなければいけません。それを描くには、確実に脳の中の情報処理が必要です。「どうやったらこの話をより分かりやすく人に伝えられるか」「どう料理したらもっと面白く読ませられるか」ということを工夫すると、もっといいでしょう。何もしていなければ流れていってしまう体験の記憶が、整理され、より深く解釈され、脳に刻み込まれます。

引用元:『脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める』p120~121 著者 築山節  (生活人新書)

 

築山先生の言うように、まず相手が知りたい情報や役に立つ情報を伝えるには、「こういう人はこういう情報が必要かな?」ってことを考える必要があります。

 

また読者の方にわかりやすく伝わる文章を書くためには、その情報を自分でしっかりと理解している必要があります。なぜなら自分が理解できていなければ相手のレベルに合わせて使う言葉を変えたり、わかりやすくまとめるっていうことができないからですね。

 

これがなかなか難しい。意外と専門用語使って難しく説明しちゃってたり、うまいこと相手の知りたい情報がまとまっていないなんてことがあるわけです。僕も時々自分のブログを読み返すのですが、「あー、ここ読みづらいかもな。」とか「結構難しい言葉を使っちゃってんな」っていうことがあります。まだまだ反省だらけだし、改善しなきゃなーと思う事ばかりです。でも、そうやって読む人を意識してブログを書こうとするとメチャメチャ頭を使っているという感覚があります。

 

そんで、この頭を使うってことは日常生活にメチャメチャ活かされるんですよね。仮にニートを脱出すれば人との会話も増えるし、あるいは業務で文章を書いたりすることもあるでしょう。その時「いかに相手に伝わるように話すか」とか「いかに相手がわかりやすい文章を書くか」っていうのが求められるわけですが、ブログを書くことである程度訓練できてるんですよね。だから、スラスラとまではいかなくても何もしていない状態よりは難易度がグンと下がっているというわけです。

 

ですから、ニートの人でほとんど人と話さなかったり、何もすることがないっていう人はブログを書いてみてほしい。まずは日記でもいいです。日記で自分の1日を振り返ってまとめるみる、それが出来たら今度はより風景とか、その時の感情なんかも入れて書いてみる。それだけでもけっこう頭を使います。頭は使わないとどんどん機能が落ちていっちゃいますから、ぜひブログを書いて自分の頭に負荷をかけるということをやってみてほしいです。

 

③ちょっとだけでも稼げるかもしれないから

ニートの人にとって、「お金がない」というのは切実な問題です。ほとんどの人が親、もしくは家族に養われているはず。つまり養ってくれる人次第で生活が成り立たなくなる可能性はあるわけです。

 

そんな時にブログを書いておくと少しだけでも「稼げるかもしれません」(必ず稼げるわけではないよ)

 

ブログでの稼ぎ方というと、広告収入がわりと一般的かなとは思いますが、それ以外にも稼ぎ方は色々あります。一つ例を挙げるならば「何か物を作っている人」とブログは相性がいいと思いますね。自分の作品や活動をブログに載せていくことで多くの人に宣伝をすることができるからです。

 

例えば、漫画家の人であれば、ブログに自分の漫画を掲載していくことで面白ければファンがついてくれることもあります。それがSNSなどで拡散されることで、さらに多くの人に興味を持ってもらえて、結果として読者数がものすごく増えるなんてこともあるわけです。たくさん人が読んでくれる漫画、例えば「月刊50万PVの漫画ブログ」にでもなれば、それはかなりの実績になるし、評価されます。それだけ人気に火がつけば「書籍化しませんか?」という話が来ることも。実際にブログから書籍化された例をご紹介します。

 

 

↑の漫画ははてなブログで子育て漫画を掲載していた今泉さんという方の書籍です。今は別のブログサービスに移転しちゃいましたが、当時この漫画を掲載していたブログははてな内でもかなり人気があるブログでした。

 

僕も作品の更新を楽しみにしていて、メチャメチャ読んでましたからね。子供ならではの無邪気さとか純粋な感じや、子供からちょっとウザがられるお父さんの様子などが、筆者である今泉さんの視点でコミカルに描かれており、非常に楽しく読ませてもらった記憶があります。

 

このように自分の作った作品を掲載していくと、人から認めてもらえて結果としてお金を稼ぐことができるかもしれません。もちろん漫画だけでなくイラストを載せてもいいし、自分で作曲した音楽をYouTubeに載せて、それをブログに掲載するという形もありだと思います。

 

ブログ自体から収益をあげる、ブログを自分の活動の宣伝装置として使うなど、使い方は色々あるにせよ、やっておいて損はないはずです。

 

ありがたいことに、今では様々なブログサービスがあって、ブログを開設するだけなら無料でできてしまいますからね。ニートの方の場合お金がない方も多いでしょうから、そういった点でもブログは始めやすいのではないでしょうか?

 

まとめ

そんなわけで今回は「ニートこそブログを書くべきだと思う理由」という内容でお伝えしてみました。

 

基本的にはブログをやるっていうのはメリットだらけで、デメリットは思いつきません。身バレとかも本名と関係ないニックネームにして顔を出さなければまぁ大体わかりません。(写真とかでわかっちゃうこともあるけど、怖いならフリー素材の写真を使えばOK。)

 

コストもあまりかからないし、だれでも始められるし、形としても残っていくので、「お金がないけど何か始めたい」と思っているニートの方にとってはピッタリのものだと思っています。

 

ですからまずは1記事でも書いてみてください。最初は日記でも何でもいいので文章を書くこと。焦らずブログに慣れるってことから始めてもらうとブログを継続しやすいんじゃないかな?

 

「ニートこそブログを書こう!!」

 

それでは今回はこの辺で失礼します!

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。