ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

スポンサーリンク

ニートの経験から。退屈すぎるのも自分には良くないんだなと気づいた話。

仕事をしている時は夜遅くに自宅に帰る事も多くて、「もっと自由な時間がほしい。毎日家に帰って飯を食って寝るだけなんてヤダ。」と思っていました。休みも週1日でしたので遠出をすることもできず、基本は家で過ごすか近場で買い物をするくらいしか休日にすることはありませんでした。

 

そんな生活を毎週のように繰り返しているとふと思うんですよね。「何?この生活??なんか全然楽しくねぇ。」

 

僕は仕事だけの人生というのはどうにもつまらないと思ってしまう人間です。それなのに自分が過ごすほとんどの日々が仕事に占められてしまっている。

 

そういう違和感とかの積み重ねのせいでしょうか、徐々に体調を崩していってしまい仕事を辞めることになったわけです。眠れなくなってしまったり仕事中ボーっとすることが多くなってしまったりとかね。

 

そして仕事をやめて数か月は体調を回復することに費やし、その後徐々に体調も良くなってきたのでブログをしたり、自分が面白そうだなーと思うイベントに参加したりもしてみました。

 

親しい友達とワイワイやるのも好きなのですが、基本的には一人で行動するのが好きな僕にとってこの時間はとても充実した時間で、楽しい日々を送ることできていたように思います。

 

凄く穏やかな日々。ストレスもないし、自由に時間も使えて拘束されることもなかったからですね。このままのんびり過ごして生きるのも悪くないよなーなんて事も思っていました。まぁ、現実には難しいのかもしれませんが。

 

しかし、ここ数か月はその自由なニートライフに対してもある違和感が生まれてきてしまっています。

 

「正直最近、あんまり楽しくないんだよなー。」

f:id:reon5653desu:20160315000105j:plain

ブログも書いているし、本を読んだりとかもしてはいるのですが、ここ最近の日々は以前にも増して淡々とした変化のない毎日なのです。忙しい時は望んでいたはずののんびりとした日々。

 

ですが、最近はこののんびりとした日々が何か物足りなく感じてきてしまっているのです。何だかわかりませんが仕事をやめた当初に感じた充実感とかよりも今では寂しさとか虚しさみたいなものがこみ上げてくることが多くなってきてしまっています。

 

 

人によってはずーっと家にこもっていて僕と同じようにブログを書いたり読書をするだけの日々で満たされる人もいるはずです。ですが、僕の場合どうやらそうではないようです。あんまり閉じこもりすぎて刺激が不足している状態、退屈な日常が長く続きすぎるのも自分にとってはよくないんだなーということに最近気づきました。

 

そう考えるとニートの日々というのも僕に新たな気づきを与えてくれましたね。どんな事からでも学ぶことはあると誰かが言っていましたが、僕はニートとして過ごした日々から自分にはそれなりに刺激が必要なんだという事を知ったというわけです。

 

刺激を得るということを考えたときに一番手っ取り早いのは外部からの刺激です。仕事をするとか人に会うとか、新しい事を始めてみるみたいな変化がそろそろ僕には必要なのかもしれません。ちょうど季節も春。新生活をスタートさせるにはぴったりです。

 

仕事でほどよく刺激を受けつつかといって以前の仕事のように消耗してエネルギー不足にならないようにバランスがとれた生活がいいんでしょうね。仕事に時間を取られ過ぎず、かといって退屈になりすぎない生活。

 

果たしてそんなにうまくバランスがとれる仕事があるのかどうかわかりませんが、今のこの状態だとますます寂しさや虚しさが募るので、そろそろ新たな変化を求めてちょびっとずつでも行動に移していければなんて考えています。

 

基本は仕事探しでしょうね。この春で何か動きを起こしていきたい。出来れば仕事なりなんなりで「○○やること決まりましたー!」何てご報告を出来ればいいなーなんて思ってます。

 

そんなわけで今回はこれまで。

 

最近、自分の心情やらを公開するまさに日記のような記事ばっかですがご了承ください(>_<)今はこういう気分なんです(^^;

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪