ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

【悲報】お兄ちゃんみたいな人は恋愛対象じゃないってよ。

 どうも、おばっちです。

 

クリスマスやらリア充やら、合コンやら恋愛ネタに執着しつつ、全く報われることがない僕ですが、今回は『男女の関係』に関連する記事で、驚きの記事を発見したので、こちらでご紹介しておきます。

sirabee.com

 

多分、優しい人だったり、面倒見のいい人で年下の女の人から「お兄ちゃんみたいだ」って言われる人もいるはずなんですよ。それを親しみを込めてそう呼ばれている、あるいはその子と距離が近いからそう呼ばれていると浮かれている方がいるとしたら、もしかすると残念なニュースかもしれません。

 

この記事では女性たちに『男性をお兄ちゃんみたいって呼ぶ意味は?』みたいなことを聴いています。その回答が基本的にあまりいいものではない。あまり喜べない。そんなものばかりだったんですよね。

 

⇩の欄にその質問に対する女性の回答をいかにまとめておきます。

 

女性の回答

  • 好きじゃないよ。勘違いしないでね。誰にでもいうわけじゃないから、一応他の男たちよりは一段上よ。
  • 自分の存在や弱みをさらけ出せる存在よ。でも今は女を求めないで。もしかしたらその後関係変わることあるかもね。
  • 人として好きだけど、男としては見れないわ
  • 尊敬はしてるけど、男女の関係にはなりたくないわ

f:id:reon5653desu:20151216220918j:plain

ふーむ、なるほどね。人として親しみを込めて「お兄ちゃんみたい」と呼んではいるけれど、それは男性としてみているわけではない。オスとしては見れない。あなたとチョメチョメはNG。

 

あくまで人間としていい人ねあなたは、っていうことを言いたいみたい。

 

はたしてこれは男からしたら喜ばしい事なのだろうか??まぁ、その女の人に恋愛感情持ってなければ別にいいけど。むしろお兄ちゃんみたいなんて呼ばれて頼られるのって嬉しい。親近感を持ってもらっているってことですからね。

 

でもさ、もしその女の人に恋愛感情を持っていて、その子からお兄ちゃんみたいって言われたら最悪だよね。めっちゃ付き合いたいのに男側からしたら間接的にフラれちゃってるわけですから。

 

いやっ、むしろ女性からしたら男からのアプローチを察知して『お兄ちゃん』って呼ぶことでけん制してるのかな??間接的に「あなたは恋愛対象じゃないのよ、オホホ」って言ってるんじゃないだろうか?

 

だから近づかないでね。そういう雰囲気出さないでね。っていう分厚めのメッセージ発してるのか?うーん、我ながら疑り深いというか性格悪い。現代社会の歪み。そんな自分の行く末が恐ろしい(笑)

 

何でここまで僕が食い付いたのか?

僕こういう恋愛ネタとか男女ネタとかって結構食いついて、はてなブログのはしっこで愚痴を叫んでいたりするんですが、今回は特にショックだったんですよね。っていうのもね‥‥‥

 

「僕もよく年下の女の子からお兄ちゃんみたいって言われるんですよー!!残念!!」

 

だからこの記事見た時、思わず「はうあ!!」ってなっちゃいましたよ。そうか、僕に対して過去に「お兄ちゃんみたい」って言ってたあの子たち。それは間接的に圧力かけてたんですね。あなたとは男女の関係になれませんよって言ってたんだ!!これで納得。どうりでもてないわけだ!

 

そうかー、自分って恋愛対象としてみられないんだな。そう考えるとなんか複雑っすよね。慕われてはいるけど、男としてみられないってこうなんか

 

「生き物として否定された気がするよね?そうだよね?」(被害妄想レベル100)

 

男の魅力ほしい。オンナゴコロワカラナイ‥‥‥

f:id:reon5653desu:20151216224009j:plain

まとめ

最近こういう恋愛物の記事とか、リア充批判の記事とか書くと最終的に自分が大ダメージ受けるんですよね(笑)いいネタ見つけたー!!って勢いよく書き始めれば書き始めるほどそうなる気がするです。

 

そうすると自分のみじめさが非リア充さがクッキリハッキリ浮彫りになってくるという悲劇。いやっ、もはや喜劇。笑うしかないのが現実。現実から目を背けてはいけない。夢を見るな。夢はかなわない。僕は女にはモテれない(>_<)

 

 

ということで、これからも非モテネタに需要がある限りこれからも自分が先陣を切って泣きながら笑いながら記事を書いていくつもりです。ただある日突然、恋愛ネタやリア充批判のネタを書かなくなった時には‥‥‥「おばっちは、討ち死にした!!」とご理解下さい。その時は軽く合掌して頂き空を見上げ祈っていただけるとありがたい。

 

さぁ、まだまだ非リア充の戦いは続きますよ!いずれくるであろう終わりの時まで。妥当リア充!!いざ出陣!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!

 

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。