ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

実験的にpolca(ポルカ)を始めてあれこれ考えたことを書いてみた。

f:id:reon5653desu:20180509225009j:plain

 

ここ最近というかけっこう前からだと思うんだけど、いわゆる投げ銭がけっこうはやってますよね。

 

特に動画配信サービスは投げ銭と相性がいいみたいで、配信者によっては投げ銭だけで月に数十万稼いでいる人もいるようです。確か海外だと月ウン百万稼ぐみたいな人もいるんじゃないかな?す、すげぇ‥‥‥。

 

まぁ、これまでとは違って、ネットやらSNSの発達によってお金が個人に回りやすくなった。お金が巡りやすくなった社会と言えるでしょう。

 

そんなわけでぶっちゃけ投げ銭サービスが気になっている私。でも、そもそも動画の配信もやってないし、今から動画配信してファンを集めるのも難しい‥‥‥。

 

「そうだ、polcaがあるじゃないか!!」

 

というわけで、ネットの世界の片隅でひっそりとではありますが、polcaを使って投げ銭が集まるかどうかを試してみることにしました。企画は↓のページから飛ぶことができます。

 

自分が思う面白い人に会ったり、面白い場所に行くための資金にしたい! - polca(ポルカ)

 

そもそもなぜpolcaを始めたのか?

先述したように、お試しの要素が強いです。他の人が投げ銭をもらっているのをみて「はたして自分がpolcaを始めて投げ銭が集まるのかどうか?」っていうのを試してみたかった。これが一番でかいですね。実際にやってみてはじめてわかることもあると思ったので。

 

そんで、企画をはじめる時は色々考えたんですよ。タイトルどうしようとか、ターゲットどうしようとか、お返しはどーするべ?みたいなことを結構細かくね。というのも、polcaのようなサービスもブログと同じく、「いかに人の興味を惹きつけるか?」っていうのが大事なので。そのためにはターゲットだったり、相手にどんなメリットがあるかといったことを明確にする必要があるわけですね。

 

んで、まぁ結局色々考えたんだけど、途中でめんどくさくなってしまいましてね(笑)っていうか、これじゃあ、いつまで経っても始められないじゃないかということで、とりあえず企画を立てちゃおうと。そんなわけで、さらっとたてた企画が

 

「自分が思う面白い人に会ったり、面白い場所に行くための資金にしたい!」 

 

というふわっとしたものになったわけです。まぁ、企画を立てた本人が言うのもなんだけど、これじゃあお金集まらんですよね。あまりにも抽象的すぎるもの。抽象的すぎる文言だと、人は自分事として捉えないので、反応してくれないわけです。つまりこれは良くない例です。これからpolcaを始める人は覚えておきましょう(>_<)

 

そんで案の定今のところ集まったのは600円。いやっ、むしろこれでよく600円もらえたよなとビックリしてます。支援してくだった方には改めてありがとうございますとお礼を言わせてください。

 

そもそも面白い人とか、面白い場所って?

そんなわけで、抽象的すぎたなぁと思ったので、この記事でもうちょい具体的な説明を。

 

面白い人とか面白い場所って何なのよ?って話なんだけど、まぁこれは完全な僕の主観なんですよね(^^;テレビとかネットとかSNS見て僕が「面白そう♪」って思ったらそれはもう面白いということで理解していただければ。

 

それはもしかしたら僕にSNSでお会いしましょうって言ってくれた人が面白そうなのかもしれないし、ネット上で何か話題になっている人に対して面白いと思うのかもしれない。まぁ、結局のところ「具体的にこれが面白い」っていうのが説明できないってことです。ああ、これじゃあ結局ふわっとした感じになっちゃってますね(^^;

 

ただ、一個だけ自分の中で具体的に行ってみたい場所があります。それは広島の大久野島、通称『うさぎ島』です。僕は無類のうさぎ好きなので、ここはもう面白そうというか、完全に面白いとおもってるので行ってみたい。そしてどす黒く荒み切った心を癒したい‥‥‥。

 

支援者の人のここに行ってきてほしいという声に応えるのもいいかも

あと、僕はなるべく支援した方が楽しんでもらえるようなことをしたいなぁっていうのがあって、だったら支援者を巻き込む企画もありなんじゃないかと。具体的には支援者の方からの「ここ気になるんで行ってきてみてください」という声に応えてそこに行くのもありかなと。その行ってきてほしいという場所の中から、僕が面白そうだと思ったところを選んでそこに行ってきた時のことをTwitterなり、ブログにレポートとしてまとめたら、支援してくれた人も楽しんでもらえるし、自分も楽しめるしで一石二鳥なんじゃないかな?と思うわけです。

 

というわけで、もしこれから僕にpolcaで投げ銭したいなと思う人は、コメント欄に「ここ気になるんで行ってきてください!」っていうのを書いておいてもらえると嬉しいです♪もしかしたらあなたがコメントした中から、行く場所を決めるかもしれません♪

 

※資金の問題などもあるので、必ずしも行けるかどうかは分からないということだけはご了承ください。

 

お返しにめっちゃ悩んだ

あと、企画を立てる上で悩んだのがお返しですね。

 

僕は絵が描けるわけでもないし、モノを作ったりもできないです。なので何か創作物をお礼の品として贈るってわけにもいかない。まぁ、筋トレの指導とかぐらいはできるかもしれないけど、必ずしも僕が住んでいるところに近い人だけが支援してくれてるってわけじゃないだろうし、そもそも筋トレなんかしたくないわっていう人もいるわけで。

 

そう考えると「支援した人みんなが満足してくれるようなお返しってなかなか難しいよな」っていうのが正直なところですよね。これけっこう悩む人多いんじゃないだろうか?まぁ、支援額がクラファンとかに比べて少ないので、そんなにガチガチにお返しについては考えなくていいのかもしれないですけどね。

 

そんで僕なりに考えて出した結論が「支援してもらったお金でどんな活動をしたのかをTwitterやブログで報告する」っていうのがいいのかなと。まぁ、ふだんからブログやTwitterで色々と活動報告したりしてるので、「そんなもんお返しでも何でもないやろ!」と突っ込まれてしまえばそれまでなんだけど、実際僕にはそれぐらいしかお返しが出来ません(^^;

 

まぁ、しいて言えば僕のブログやTwitterで楽しんでもらうことや「何かここ面白そうだね、ちょっと行ってみたいかも♪」と思ってもらえるような記事を書くってことが僕のお返しになるのかなぁなんて思ってます。

 

お金の使い道を明確にします!!

あとは支援していただいたお金は、逐一何に使ったのかを報告していきます。支援してくれた人たちが「おおっ、こんなことに使ったんだ」っていうのを把握してもらえるといいんじゃないかと。支援していただいたお金は基本的に交通費、食費ぐらいにしか使うつもりがないので、必要のないものにお金を使わないよう監視にもなっていいんじゃないかと。

 

あとは使ったお金を何に使ったのかを逐一つぶやいていくことで、「おっ、残り○○円か?」「あとは何に使うんだ?」「もしかして足りないんじゃないの?」みたいなタイムリーな感じも出て楽しめるんじゃないかな?と思っております。

 

例、仮に1万円の支援金が集まったら。

○○駅に着きましたー♪ここまでかかった交通費は500円です。

残りの支援金は9500円です♪

 

みたいな感じです。僕がpolcaで集めたお金はこんな感じで、使ったお金を明確にしていきます。これで「わけわかんねぇことに金使ってないだろうなぁ?」という不安感は解消されるはずです。

 

あっ、ちなみに支援金の目安は一応100,000円にはなってるけど、そこは適当です(笑)まぁ、多く集まればうれしいなぁぐらいな感じで設定させてもらいました♪

 

まとめ

そんなわけで、今回は初めてpolcaをするにあたり、僕がアレコレ考えたことをお伝えしてみました。正直、お試しの感が強くて勢いで始めたため穴だらけの企画であることは否めません。

 

なので、もうちょい企画について説明させてもらいたいなぁと思って、今回この記事を書かせてもらいました。

 

もし、「ちょっとでも支援したい」と思った方がいれば、↓のリンクから支援していただけると嬉しいです♪よろしくお願いします♪

 

自分が思う面白い人に会ったり、面白い場所に行くための資金にしたい! - polca(ポルカ)

 

それでは今回はこの辺で。

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。