ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

男のヒキニートで養ってもらいたい人へアドバイスを書いてみた。

f:id:reon5653desu:20171026224018j:plain

性格にはちょっと違うんだけど、↑のようなワードで検索して僕のブログにたどり着いてくれた人がいるようです。

 

たぶん、以前にいくつか「ニートと恋愛」とか「ニートの男の人が養われるには?」といった記事を書いたからじゃないかなと思っています。

 

参考記事:ニートと付き合ってくれる女子なんているのだろうか??という素朴な疑問 - ニート気質な僕の生きる道

ニートの男の人が養ってもらうための方法とは?? - ニート気質な僕の生きる道

 

まぁ、検索してくれた方も分かってはいると思うんだけど、これって結構ハードルが高いと思います。

 

実の家族ならまだしも、赤の他人を養うってまぁまずいないですよね。一応↑の記事でもニートの男性が養ってもらう方法を書いてはみたけど、実際に女性に養ってもらえる人ってあんまりいないんじゃないかな?

 

そんなわけで僕自身は「よっぽど魅力があるか、女性の求めに応じられるニートの人じゃないと養ってもらうのは難しいよなぁ」なんて思っていたわけです。

 

だけどここ最近ちょっと参考になる事例があったんですよね。それがホリエモン公認ニート千葉コウジさんという方の生き方。

 

ホリエモン公認ニート、千葉コウジ氏を見習え!!

僕のブログでも以前紹介したのですが、千葉コウジさんはホリエモンこと堀江貴文さんに公認されたニートの方です。

 

参考記事: ホリエモン公認ニートが登場!!そのおもしろすぎる生活とは? - ニート気質な僕の生きる道

 

千葉さんはその面白すぎる生活から『田村淳の訊きたい放題!』という番組で密着もされた方で、友達の家を転々としたり、クラウドファンディングでお金を集めたりしながら、あまり働かない生活を送っています。

 

ここで重要なのは、

 

「別に女性に養われなくてもいいんじゃね?」

 

っていうこと。僕が以前書いた記事もニート男性が女性に養われることを前提にしていたわけですよ。男が養われるっていうと女性に養われること、つまりヒモみたいな生活をついついイメージしちゃってたんだけど、別にそうである必要はないわけですよね。

 

千葉さんのように、友達や知り合いにおごってもらったり色々なところに連れてってもらうこと、つまり「友人や知り合いに養ってもらう」っていうのも一つの方法なんじゃないかなと。


女性に養ってもらうってなるとね、やっぱ恋愛の要素とかかかわってくるわけですよね。男女の仲を成立させようってなるとハードルが高くなるっていうのは何となく想像できる。

 

でも、それが友達や知り合いだったら?しかも千葉さんのように一人に依存するわけでなく複数の人たちに養ってもらうって形ならもうちょいハードル下がるんじゃないかなと思ったわけです。

 

引きこもってると養ってくれる相手を見つけるのは厳しいかも

多少ハードルが下がるとはいえ、仮にあなたが友達や知り合いに「誰か俺を養ってください!!」といったところで、おそらく養ってくれる可能性は相当低いことは想像できるでしょう。

 

まず養ってもらうとすれば、ある程度経済的、精神的に余裕がある人と繋がらなければなりません。家に引きこもっているとすると、やっぱり人との出会いって少ないですからね。

 

今回はヒキニートの方、つまり普段あまり家から出ない方に対しての記事です。そういう方の場合たぶん、上記の条件を満たす人と出会う可能性って相当低いと思うんですよね。

 

まぁ今はアリがいことにネットがありますから、もしかしたらネット上で、そういうヒモ的な人を求めている人と出会うことも可能かもしれません。

 

ただ面と向かって話したこともなく、その人の性格もよく分からないような相手に対して「いいぜ、養ってあげるよ。」と言ってくれる人はなかなかいないんじゃないかな。よっぽどぶっ飛んでる人でもない限りは。

 

養う側だってぶっちゃけ変な人を養いたくはないでしょうからね。何か一緒にいたいと思わせてくれる人や、この人を養ってもいいなと思わせる必要があるわけです。

 

となると養ってもらうためには直接会って自分という人間を知ってもらうっていうのが第一歩になる気がします。そのためには、引きこもるのをやめて色々な人に会うことが必要になるんじゃないかな?

 

ちなみに先述した千葉さんの場合、堀江貴文さんのHIUというサロン内で千葉さんのことを面白いと思ってくれる人たちと出会ったみたいなので、もし養ってもらいたいというのであれば、養われたいあなたを受け入れてくれるような人がいる集まりに顔を出すのがいいでしょうね。

 

養われるにしても相手のニーズを満たすことは必要。

養われるっていうと受け身な考え方ですが、ただゴロゴロしているような人を養ってくれることってなかなかないと思います。

 

養われるなら養われるなりに相手に何かを与えることが必要になってくるはず。とはいえ与えると言ってもそんな大げさに考えることはないでしょう。

 

堀江貴文さんは「お金持ってる社長は遊び相手がいないから暇なニートを重宝する」みたいなことを言っていたわけです。つまりただ「一緒に遊んでくれる人」だって求めている人からすれば価値がある存在なわけです。

 

他にも例を挙げてみると

 

  • 忙しい自分の代わりに掃除や洗濯など簡単な家事をしてほしい
  • 免許があるなら自分の運転手をしてほしい
  • 一人で旅行に行くのはつまらないから旅に同行してほしい
  • 疲れて帰ってきたときにストレッチやマッサージをしてほしい
  • メッチャ話してて楽しいから、養ってでも一緒にいてほしい

 

こんな感じで人によって求めるものは違うわけですから、そういうニーズを満たすことが出来ればもしかしたら養ってもらえるかもしれませんね。

 

ちなみに、先述した千葉さんの場合は家に泊まらせてくれる人や知り合いの人は千葉さんの人柄を褒めていました。映像で見る限りでは愛嬌のある感じの方だったので「千葉さんと話すことが楽しい。」という理由でご飯をおごったり家に泊めてくれる人もいるのでしょう。

 

また千葉さん自身は得意な料理を振る舞うなど、単におごってもらうだけでなくお返しのようなこともしていました。そういうお返しのようなこともしていくのもいいかもしれません。

 

仮にあなたが「本気で養ってもらいたい」と考えるのならば「相手に何をしてあげられるのか?」「相手に何を与えてあげられるのか?」を考えてみるといいと思います。もらうだけじゃダメだってことですね。

 

まとめ

そんなわけで今回は男のヒキニートで養ってもらいたい人に向けて、アドバイスを書いてみました。今回お伝えしたことをまとめると

 

  • 養ってもらうのは必ずしも女性である必要はない(友達や知り合いなど)
  • 経済的、精神的にもある程度余裕がある人と出会おう
  • 養ってもらいたいなら、養ってくれそうな人と直接会って自分を知ってもらおう
  • 養ってもらうなら、そのぶん相手に何を与えられるか、何をしてあげられるか考えよう

 

という感じになります。やっぱ結構ハードル高いっすね(笑)

 

そもそも養ってくれる人の絶対数は少ないとは思うので、根気よく養ってくれる人を探し続ける必要がありますね。

 

「ヒモへの道は一日にしてならず!!」

 

あーあ、だれか僕を養ってくれねぇかなぁ‥‥‥。

 

そんな心の声が出たところで今回は失礼いたします(笑)

 

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。