ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

スポンサーリンク

ラッパーじゃない僕でも楽しめた。フリースタイル・ダンジョンが面白い!!

ある日の深夜。ふとテレビをつけてみたところ、こんな番組をやっていた。

www.youtube.com

 

即興ラップバトル。

 

『フリースタイルダンジョン』

 

番組説明

この『フリースタイル・ダンジョン』は、そんな若きラッパーたちが夢をつかむためのチャンスの場!日本全国のフリースタイルラップの猛者が、5人のスゴ腕ラッパー=“5人戦士”たちに挑みかかり、即興ラップのうまさを競っていきます!
引用:フリースタイルダンジョン - YouTube

 

感想

僕自身はラッパーでもないし、普段ヒップホップを聴いたりすることもない。せいぜい韻を踏むといってもダジャレを脳内で再生させる程度だ。ふとんがふっとんだ。

 

ただ、そんな僕でもこの番組を見た時には思わず見入ってしまった。

 

チャレンジャー対モンスターの一対一のラップバトル。

 

即興ラップというのはその場で頭の中から言葉をチョイスして、最適なものを発していく。時に相手を罵倒したり相手のラップに対してアンサーしたりしながら展開されていくのだがチャレンジャーにせよ、モンスターにせよどちらもその言葉の言い回しが凄い!!すんごい瞬発力なのだ。

 

「あの一瞬でよくこんな言葉が出てくるな。」

 

もちろん、この番組に出ているラッパーはモンスターはもちろんのこと、チャレンジャーもラップの大会で実績を残している人ばかりである。レベルは高いからこそ呼ばれるのだろうし、本人たちにも自信があるのだろう。

 

そういう人たちからすれば当たり前のスキルなのかもしれない。

 

でも素人からすると、即興でこれだけの言葉が口から飛び出てくるのはすんごいとしか言いようがない。このブログですら文章を書きだすのに四苦八苦している。しかも僕のブログは即興ブログでも何でもない、まあまあの時間をかけたブログである。それにも関わらず対して面白い言葉が出てこないのに、彼らは即興で観客を興奮させ、相手を罵倒したり自分の心情を語ったりしている。

 

そして、ラッパー個人個人のキャラクターも面白い。

 

ゴリッゴリのいかつい感じのラッパーもいれば、その辺にいそうな兄ちゃんや

「こんな人がラップやるの??」という人もガンガン相手をディスり、エキサイトしたラップバトルを繰り広げている。

 

ちなみに以前、中居の窓という番組のラッパーの回に出ていた『R-指定』

 

彼もこの番組のモンスターとしてラップをしているのだが、素人目からしたら普通の兄ちゃんにしか見えない彼も、ラップをするとほんとにかっこいい。たとえ素人であってもそのギャップにやられちゃう人は多いんじゃないだろうか??

 

正直ここまでラップバトルというものが凄いものだとは思わなかった。こんなにかっこよくて、引き込まれてしまうものだとは‥‥‥。

 

普段ラップなんて全然興味がないような人でもラッパーたちの言い回しなどのスキルの高さには驚かされるし、魅了されること間違いなしだと思うのでぜひ一度見てみるといいと思う。 

 

最後に唐突ではあるがラップ調の文章で締めてみようと思う。

 

「‥‥‥‥。」

 

もう少し番組を見て勉強してみようと思う。

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪