ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

サポステに行ったら働けるのか??

f:id:reon5653desu:20160914182045j:plain

 

今回は僕も時々お世話になっているサポステについて。結論から言うと

 

 

「サポステに行っただけでは働けない」

 

 

何故ならサポステはあくまで就労支援機関であり、職業を紹介してもらえる場所ではないからだ。厚労省のサイトにもサポステはこのように説明されている。

 

 

地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)では、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っています。

引用元:地域若者サポートステーションって何? |厚生労働省

 

 

 

あくまで、その業務は相談やセミナーなどの訓練によって就職をサポートするという感じになっている。あくまで仕事探しや実際に求人の応募するのは自分の役目である(当たり前っちゃ当たり前だが)

 

 

なので「仕事を紹介してほしい」という人の場合はまた別の所に行く方がいいと思う。じゃあ、サポステってどんな人が行くべきなのか?というと

 

 

  • 自信がなくて働くことに対して不安である
  • そもそも就職活動の仕方が分からない
  • ニートやひきこもり経験があってブランクが気になるので相談したい

 

 

といった人だろう。厚労省のサイトにも大体こんな人が対象と書いてある。働くことに対しての悩みというのはなかなか周りに相談できなかったりする。友達にもそういった類の相談はしにくいだろう。親との関係がよくなければ親に相談するのも難しい。そもそも親御さんの時代とは就活の流れなども違っているためあまりいいアドバイスを受けられない可能性もあるのだ。

 

 

その場合サポステのような機関にいる相談員さんをうまく利用してみるというのも一つの手だ。

 

 

相談員の方は経歴も様々だがキャリアカウンセリングの資格を持ち、企業などで長年勤めた経験を持っている方が多い。僕を担当していた方なんかは人事担当として企業の採用担当も務めたりしているような方だ。

 

 

100%保証は出来ないが、「どういう人が採用されやすいのか?」「どういう風に就活をすすめていけばいいのか?」といったあなたの悩みに対してきっと親身になって相談に乗ってくれるだろう。

 

 

不安や悩みというのはひとりで解決できればそれに越したことはない。しかし、ニートやひきこもりの人の中には自信を失い「自分ではどうしたらいいのかわからない」という人もいるはずだ。(僕もそういう時期があった)

 

 

だったら、まずはやり方を知っている人に聞けばいい。相談に乗ってもらえる人に相談すればいい。僕はそう思う。たぶんやり方とか方向性が決まれば動き出せる人は結構いるはずだ。きっかけとかほんのちょっとの自信の積み重ねで人は動き出せる。その第一歩としてサポステをうまく活用してみてもいいのではないだろうか?

 

 

ちなみに僕は別にサポステの回し者ではない(笑)自分で相談させてもらった実感として不安な気持ちが軽くなったという経験をしているし、相談する中で少しずつ方向性が固まってきたということを経験したからだ。

 

 

家でじーっとしてPCの前で求人情報を見て不安な気持ちになるのは凄く分かる。「自分は働けないんじゃないか」と思ってしまう気持ちもよく分かる。そう思う人こそまずは相談してみるといいと思う。大丈夫だ。少しずつでも行動を積み重ねていけば、何かが動き始める。いきなり正社員を目指すとかじゃなくてもいい。まずは行動のハードルを下げて「相談してみる」ことから始めてみよう。少しずつでいい。

 

 

人が動き出すきっかけなんてほんと人それぞれなのだ。ただじーっとしているだけではなかなか動き出しにくいのもまた事実。大きな一歩を踏み出そうなんて言わない。そんなのはほとんどの人が難しいから。だったらまずは小さく数ミリでもいいから前進してみよう。

 

 

あとは毎回ブログで言っているんだけど人と比べないことだ。同級生がバリバリ働いていようが起業してようが結婚して充実した生活送っていようが関係ない。そんなことをしても意味はないし、無駄に自信を失うだけだ。まずは自分自身が前進することだけ考えよう。そこからすべてが始まると思う。

 

 

それでは今回はこの辺で!!

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いします!!