ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

サッポロ一番から揚げ風という謎の味を食べてみた。

f:id:reon5653desu:20160703182734j:plain

 

「は、はじめて見た!!」

 

f:id:reon5653desu:20160703182932j:plain

 

母親の買い物袋の中にこいつはまぎれていた。

 

「サッポロ一番から揚げ風しょうゆ味」

 

サッポロ一番と言えば、僕が生まれる前から存在するインスタントラーメンの大御所でである。パッケージにも書いてあるんだけどサッポロ一番は今年で50周年。昭和41年、1966年にサッポロ一番しょうゆ味が発売されたとのこと。歴史あるねー。

 

今まで僕の中でサッポロ一番と言えばしょうゆ味かみそ味、塩味だった。お馴染みのCMで洗脳頭に刷り込まれている人も多いだろう。そんな中初めてみたのがこのから揚げ風しょうゆ味。僕ならまず買わないだろう。かぁちゃんのナイスチョイス。

 

実際に食べてみた

f:id:reon5653desu:20160703211941j:plain

 

長ネギ、もやし、豚肉をぶち込んで早速食べてみることにした。盛り付けやや雑め。テーブルややきたなめ。

 

まずは、香りをかいでみることに。

 

「うーん、から揚げっぽいっちゃあから揚げっぽい気もするが‥‥‥。」

 

ぶっちゃけから揚げっぽさは香りからは伝わらない。いい香りではあるけどもね。っていうか香りどうこうよりもどんな味なのかっていうのかが一番気になるところだ。そこが一番大事だ。

 

そんなわけで実食!!

 

「ズルズルズルズル!!!!」

 

スープも飲む。

 

「ゴクゴクゴクゴク!!!!」

 

「うーん、よく分からん!!!!!」

 

僕の味覚、嗅覚を始めとした感覚がおかしいのかどうかわからんのだけど食べた感じもそこまでから揚げっていう感じはしなかった。まぁ、あくまでから揚げ風味っていうだけで味自体はしょうゆ味ではあるのだけどね。パッケージのから揚げ風っていうのがインパクト強くて先入観が強すぎたのかもしれない。

 

ただ確かに普通のサッポロ一番しょうゆ味よりは旨みはあった。鶏っぽい旨みはあった。つまりは‥‥‥。

 

「普通にうまかった♪」

 

そこはさすがにサッポロ一番!!安定のクオリティ。外さない。歴史が違う。50周年おめでとう!!これからもお世話になります。

 

そんな感じで僕はサッポロ一番の50年に感謝をしつつしっかりと平らげた。うそだ。感謝とかそんな大それたものではないけどイチ消費者として普通に美味しくいただいた。こういうのって味ひねりすぎて「あちゃー」ってなることも多いんだけどさすがですな。サッポロ一番の伝統の底力をしっかりと味あわせていただきました。

 

そんなわけで、「ほっぺがとろけるほどうまい!!!」っていうわけではないけど僕は好き。人によって好き嫌いはあると思うけど全然イケると思います♪

 

「サッポロ一番から揚げ風しょうゆ味」

 

たまに違った味が食べたいという方はぜひ試してみてください♪

 

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。