ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

わたしは、なぜただで70日間世界一周できたのか?という本を読んでみました。

どうも、ラッキーマンです。

 

僕は毎朝8時からNHKの朝ドラ『あさが来た』を見て、その後日テレの『スッキリ』をご飯を食べながら見るというのがルーティンとなっています。

 

スッキリってコメンテーターが結構多彩で見ていて面白いなぁなんて思って見ているんですが、その中に『はあちゅう』さんって女性の方がいるんですよ。

 

僕正直はあちゃうさんの事よく知らなかったもので、ぶっちゃけ「誰やこの人!?初めてみたわ(*_*;」っていう感じだったんです。ほんと最近はあんまりテレビも見ていないのもあって、初めて拝見したんですね。

 

このご時世良くも悪くもググれば何かしらの情報が出てきますから、早速『はあちゅう』でググってみたところ、結構有名な方とのこと。経歴見ると結構面白いことされてるんだなーって感じました。

 

今回はそんなはあちゅうさんの本の感想です。その本がこちらです。

 

『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』はあちゅう(伊藤春香)

 筆者紹介

こちらはWikipedia様から引用させていただきます。

伊藤 春香(いとう はるか、1986年1月22日 - )は作家・ブロガー。別名「はあちゅう」

神奈川県川崎市出身。慶応義塾大学法学部政治学科専攻卒業

大学在籍中にブログを立ち上げたことから注目され、以降女子大生カリスマブロガー・プロデューサーとして、講演、執筆、取材、広告出演などに携わる。在学中に香港大学へ留学。卒業旅行の際、企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現した。

2009年に電通に入社し、コピーライターとして勤務したのち、2011年にトレンダーズに転職。催眠術師資格を保有している。2011年より同社にてドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長をしていたが、 2013年12月のサイブリッジ社へのキレナビ事業の売却にてその後動画プロモーションサービス「Tubers Channel」担当ならびに「ウーメディアチャンネル」パートナー・マネージャーを務めた。2014年9月に退職後はフリーとして、執筆活動や講演活動を行っている。

引用元:伊藤春香 (編集者) - Wikipedia

 

本の内容、感想

 はあちゅうさんが大学生の時に、夢だった世界一周を実現するためご自身のブログを広告として協賛企業を集め実際に世界一周を実現させたというのがこの本の内容です。

 

前半は、協賛企業を得るために企画を作成したり、実際に企業の担当者と面談したりするまでの準備期間のこと、そして後半部分では実際に世界一周をした各国でのアクシデントや風景、はあちゅうさんの感じたことなどが中心に書かれています。

 

正直、後半部分の旅行記の内容っていうのはメチャメチャ面白いか?って言われるとそうでもないよねって感じなんですよね。

 

というのも、この旅行世界一周と言っても実際に訪れた国は14か国。これだけの国を70日間で行ったのは確かに凄いと思うんですが、それこそ世の中にはガチで世界一周したような人の旅行記もあるし、もっとディープでデンジャラスでハプニングだらけの旅行記なんていうのもあるわけです。

 

そういう人たちの本から比較すると、少しインパクトが弱いっていうのが正直な感想。まぁ、協賛企業の方からの課題もこなさなければならないし、女子大生という事で時間的な縛りもあったという事でしょうがない部分ではあったと思うんですが‥‥‥

 

逆に僕が面白いなぁというかすげぇなこの人って思うのは前半の部分ですね。

 

圧倒的な行動力

世界一周をしたいっていうのはありがちな夢であったりするんですが、それを実際企画して、企画書を作成し色々な知り合いや、会社に自分の企画を送ってみる。

 

さらに、実際に企業の担当者の前で自分の企画をプレゼンして協力をお願いし、実際に協賛を取り付けて世界一周を実現させてしまうという圧倒的な行動力。この部分に関しては素直に凄いと思えたし、なかなか人にはまねできない部分だよなーって感じました。

 

 はあちゃうさんの行動力の半分でもあったら僕ももっと色々なことを体験できているのかもなんて思います。まぁ、僕の場合インドア派なので何度も旅行するっていうのはしんどい気がするんですが、ヨーロッパの美しい街並みとかアジアの混沌とした感じとか世界遺産とかは人並みに見てみたいなーと思いますね。多分一回行けば満足してしまう気がしますが(>_<)

 

闇雲に行動しても難しいかも

僕はこのブログで『行動力』って大事だよねっていう事を何回か書きました。僕自身もそうですし、ニートの方とかひきこもりの方もこの行動力っていうのは足りていない気がしているので。まぁ、これについては行動するためにまず自信をつける。そのためには成功体験を積み重ねるといった過程が必要なので、いきなり「行動しろ!!」と言っても難しい部分ではあると思います。

 

はあちゃうさんはおそらくこれまでの人生で成功体験を積み重ねているはずです。実際女子大生ブロガーとして1日に47万アクセスという驚異的な数字も出しているし、本も出版されています。その他にも色々と『うまくいった』という経験をされているのでしょう。

 

だからこそ行動できると思うのですが、それについてもただ単に行動したわけではありません。企画書を練り、試行錯誤しながらの行動。つまり闇雲に行動したというわけではないという事です。

 

これがただ単に『世界一周したいんで協力お願いします!!』と企業にメールするだけだとしたらどうだったでしょうか??おそらく、門前払いがほとんど。誰も企画に耳を貸してくれる人はいなかったと思いますね。そこに企画書が加わることで具体的になり説得力が増すわけです。

 

そういう点では行動っていうのはもちろん大事なんですが、事前の準備とかそういうものも大事だと感じました。

 

まとめ

なんやかんやで『タダで世界一周』を実現したはあちゅうさんは凄い人だと思いますね。『やりたいことをやる』っていう事を考えたときに『出来ない理由』っていうのをついつい考えがちですが、はあちゃうさんのように『実現するために何をすべきか』っていうことを考えるのが大事ですね。そういう思考を持てるようになったときに『やりたいことを実現する』って事に近づける。そんな気がしました。

 

はあちゅうさんの行動力、実践力が気になる方はぜひご覧になってみてください(^^

 

それでは今回はこの辺で♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします!