ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

新サービス『タイムバンク』について思ったことを書いてみた。

普段はあまり新しいサービスとかに言及することもないんだけど、ブログがネタ切れちょっとした騒ぎになっているみたいなので、たまにはブログに書いてみよかなーと思いました。

 

jp.techcrunch.com

 

タイムバンクについては↑の記事を見てもらうとざっとどんなサービスか?っていうのがわかるので参考にしてみてください♪

このサービス超簡単に言うと、

 

「専門家から時間を買って、その時間で相談したり問題を解決してもらう。そんで使わない時間は他の人にも売れちゃうよ。」 

 

っていうもの。この始まったばっかのタイムバンクに登録された何人かの専門家の方が1秒○○円とかで自分の時間を売っててこれを見た人たちが「高すぎじゃね?」とか「そもそも相談して問題解決するのか?」とかまぁ色々な意見を言っていてちょっと騒ぎになっているようです。

何に価値を感じるかなんて人それぞれ

僕がこのタイムバンクについて思うのは

 

「別に何に価値を感じるかなんて人それぞれなんだから、値段自体はどうでもいいかな。」

 

ってところです。タイムバンクに登録している専門家の人に相談すると人によっては1時間で20万円以上するみたいなんだけど「この人と1時間話すことにそれだけの価値がある。」って判断したのならば出す人は出すよねって話。

 

AKBのCD(正確にいえば握手券)に100万円出す人がいるように、こういうサービスに1時間数十万円出す人がいたって不思議ではないはず。世の中にはありとあらゆるもの価値があるけど、人によって何に価値を感じるかはまったく違うということです。(僕はAKBのCDは買わんけども)

 

でも、本当にそれに価値があるかどうかは考えるべきだと思う

先述したように、僕はこういうサービスで1時間数十万円を出す人がいようがもっとお金を出す人がいようがそれはそれでアリだと思うし、そこに価値を感じているのであれば何の問題はないと思います。何度も言うように「何に価値を感じるのかはその人次第」だと思っているので。でも、それには前提条件があって、

 

「本当にこの金額を払う価値はあるのかどうか?」

 

っていうのを考えたかどうかが大事だと思うんですよね。特にこのタイムバンクってサービスは使い方は色々あるみたいじゃないですか?専門家って言っても、アイドルとかアスリートとか経営者とかジャンルが全然違うみたいだし。(アイドルは何の専門家?あっ、アイドルの専門家か。)

 

まぁ、アイドルの時間を買うんだったらお話しできるだけでも価値を感じるかもしれないですよね。「大ファンのあの子と直接話せた、悩みを聞いてもらえた」ってことだけでもメチャメチャ嬉しくてお金払ってよかったって思えるかもしれない。

 

でも場合によっては色々なジャンルの専門家の人の時間を買って自分の悩みごとの相談やら問題解決をしてもらったりするわけじゃないですか?その場合自分にとっていかにコスパがいいかどうかっていうのを考えなきゃならない。

 

悩みや問題解決であれば「あの人とお話できた。キャー、うれぴい。」っていう自己満足が目的じゃないですよね。実際にその悩みや問題が解決に向かわないと意味ないわけです。であるならばシビアに

 

「この人に1時間数十万円払ってこの悩みや問題は解決するのか?」ってことをしっかり考えた方がいいんじゃないかな?

 

もしかしたら相談したものの性質が「1回相談しただけじゃ解決に向かわないもの」だって多々あるわけですよ。仮に会社の経営相談とかになれば1回こっきりで、「はい、解決しましたー」なんてわけにはいきませんよね?何度か話を聞いたり実際に現場に来てもらわなければいけないことだってあるでしょう。

 

じゃあ、仮にその料金が1回1時間で数十万円だとしてそれを○○回相談するとしたら合計○○万円か‥‥‥。だったら別の人や企業に相談した方がコスパがいいかなぁとか、いや、あの人のアドバイスを一時間にたった数十万円で受けれるなんてこれはスゴイ!!めっちゃ価値あるじゃんって思うかもしれません。

 

あと考えるのは「直接相談しなくてもいいんじゃないか?」っていうこともありますよね。

 

例えば何かの専門家の方であれば自分の考えやその専門領域について書いている本だったり、webなどの記事もあるわけですよ。

 

本なら一冊せいぜい数千円じゃないですか?webの記事に関しては無料でみれるものも多いです。しかも時間制限とかなくて、何度もその人の考えに触れることができるわけですよね。場合によっては自分が悩んでいることについて、本の中で「こうするといい。」なんてことが書いてあるかもしれない。

 

だとすると、その人の本を何度も読むだけでOKな場合も十分あり得るじゃないですか?だって、本にその人の考えが載ってるわけですから。別に直接話さなくても文章を通じてその人の考えを学べばいい。一回じゃ身につかなくても何度も読めばある程度頭に入るはず。まぁ、多少時間が経って考えが変わることもあるかもしれないけどね。

 

後は別に「その人じゃなきゃダメな理由ってある?」ってことを考えてもいいかもしれない。別にあるジャンルの専門家ってその人だけじゃないわけですよね?世の中には専門家なんて沢山いるわけです。もしかしたら別の人がもっと安く相談にのってくれるかもしれないし、別の人が書いた書籍にあなたの悩みをズバリ解決してくれちゃってるものもあるかもしれない。

 

そういうことを深く考えずにポンと飛びついちゃうと、結果として自分の悩みや問題も解決しないしお金だけ消えていっちゃうってことになるんじゃないでしょうか?

 

こんな感じでまぁいきなり飛びつく前に「本当にこの金額を払うだけの価値があるのか?」ってよーく吟味したうえで「それでもやっぱり払う価値がある!!」と感じるならばそれはその人にとって本当にお金を払う価値があるわけですよね。

 

であればそこに関してはとやかく言うこともないんじゃないかな。その人が「この金額なら払ってもいい」と判断して支払った。ただ、それだけです。

 

最後に

そんなわけで、今回は新しくできたタイムバンクというサービスについてちょこっと書いてみました。

 

  • 価値なんて人それぞれだから値段が高い安い自体はどーでもいい。
  • でも、本当に自分にとってその価値があるかどうかは考えようぜ。

 

というシンプルな考えです。

 

タイムバンクに登場する専門家の人たちの時間は一般人が買うとすると「お試しでちょっとやってみるかぁ。」というほどお安くはないと思います。であるならば自分にとって必要かどうか、同じぐらい効果が出る代替案はないか?メリットデメリットはどうか?といったところを考慮してみるといいんじゃないかな?

 

しつこいぐらいに何度も言うけど

 

「自分にとって本当に価値があるものなのかどうか?」

 

これを考えることがすんごい大事です。周りがどーとか人が言ってるからとかみんながやってるからとかどーとかは関係ありません。あくまで自分自身がどう思うか。これをしっかりと考えた上で判断するのが大事なんじゃないかな?

 

なんかタイムバンクとはあんま関係なくなった感があるけど、言いたいことは言えました。

 

それにしても色々なサービスがバシバシ出てくるのが面白いっすね。タイムバンクもいろいろ言われてるのかもしれないけど、個人的には面白そうなサービスでもあると思うので、今後どうなっていくのか注目していきたいなぁと思っています♪

 

それでは今回はこの辺で失礼します!