ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

思考

ニートの人へ。世間が新生活をスタートしてるからといって慌てなくていいんです。

ニートにとって春、周りが新生活をスタートさせているのを見るのは辛かったりもします。

ニートから脱出しようと考えたときにまずやってみるといいことを二つ書いてみました。

ニートから脱出するためにやってみるといいことを書いてみました。

普通とか、常識とかに縛られずにもっと自由に生きた方がいい。

僕自身は結婚していませんが、僕の周りには夫婦という形をとり生活をしている人たちが沢山います。一番身近な夫婦と言えば僕の両親とかね。 ※写真は僕の両親ではありません。 父は大学卒業してから定年まで一つの会社に勤めた子供が二人の典型的なサラリーマ…

マイノリティな人ほど孤立しないことが大切だと思います。

マイノリティな人は孤立しないことが大切です。

ニートやひきこもりだからこそ自分の考えを出していくことが大事だと思う。

理解してもらうためには考えを出していくことも大切です。

自分の表現方法と出会うって考え方が面白いなと思いました。

自己表現の方法に出会うって考え方が面白いと思いました。

ゆるい生き方ってとても好きなんです。

僕はゆるくて寛容な社会がとても好きです。

半引きこもり時代を振り返って。どうしようもない時は誰かに助けてもらおう。

苦しい時は助けてもらえばいいんじゃないかっていう記事です。

ニートとその家族の現実。家族といえど全てを理解しあっているわけではない。

ニートとその家族の現実について書いてみました。

そうなんだ。僕は文章が下手なんだ。だから文章がうまくなりたいんだ。

僕、文章うまくなりたいんです。

根拠のない自信はどこから生まれてくるのか??

根拠のない自信はどこから生まれてくるのか??を考えてみました。

僕が怠惰な一日を送るパターンは決まっている。

怠惰なパターンにハマる時とその対処法を書いてみました。

逆転満塁ホームランを狙ってはいけないと思ったんだよね。

最近のニュースを見ていて思ったことを書いてみました。

マイノリティな人ほど仲間を作ることを意識した方がいいのかもしれない。

マイノリティな人の生き方について考えてみました。

サポステ11回目 4月入社を目標に

サポステ11回目です。まだまだ就活は停滞しております。

2月10日はニートの日!!という事でニート祭りに参加してきました♪

ニート祭りというイベントに参加してきました。

元ひきこもりニートがリアルに教える!脱ニート完全マニュアルという本を読んでみました。

ニートの方向けの本を読んでみました。オススメです♪

内向型人間こそブログを始めるべきだと思う件

内向型人間こそブログをやるべき。その理由を書いてみました!

ブラックバイトはクソだ!!というだけでは駄目だから実際に本を読むことにしました。

ブラックバイト問題について書きました。長編です。

青野春秋さんがサポステの冊子のインタビューでいいことを言っていたのでシェアしたいと思います。

サポステの冊子で青野春秋さんがいい事を言っていたのでシェアをしておきます(^^

ニートの僕と同じような境遇の方からメールが来て嬉しかった話。

見ず知らずの人からコメントもらえるのって嬉しいことじゃないですか?

ニートブロガーがブログを書く理由について改めて考えてみたところ‥‥‥

ニートブロガーがブログを書く理由を書いてみました。

人生の答えみたいなものは結局自分が見つけるしかないんだなっていう話。

人生の答えに対する考え方です。

運が悪いと思っても自分の状況は好転しないんだよなーって言うお話。

運の子と考えも自分の状況はよくなりませんよ。

ニートで自信ない人はスモールステップじゃなくてベビーステップで自信つけていきましょう。

自信がない人の自身のつけ方、特にニートやひきこもりの人に向けて書いてみました。

好きなアーティストだっていつ死ぬかわからんのだから、行けるときライブ行きましょうって話。

自分の好きなアーティストのライブイケるときに行っといた方がいいですよ。

ニートと長期休暇の関係について書いてみようと思う。

ニートと長期休暇について簡単に書いていみました。

自分のブログを敬語にしようかどうか未だにブレている件。

ブログの文章について敬語がいいのか固めがいいのかアドバイスをいただければ幸いでございます。

戦争なんてしたくないよね。僕が考えるシンプルな理由を挙げてみた。

僕は戦争に反対なので、その理由をシンプルに考えてみました。

藝人春秋で感動した文章を紹介したいと思います。

水堂林博士の藝人春秋はやっぱり素晴らしい本です。