ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

レイトショーが好きだ

ここ最近は以前に比べて映画への興味が高まっていて、月に1本ぐらい映画館で映画を観ている。(それでも多くはないが)

 

映画館と言えばやはりあの大きなスクリーンに目いっぱいに映る迫力のある映像や音楽、そして見知らぬ観客同士で同じ作品を共有するという独特の体験こそが映画館の醍醐味だという人もいるだろう。おそらく映画館は見知らぬ他人と同じ場所で感情を共有する希少な場で、そこに魅力を感じわざわざ映画館まで足を運ぶのかもしれないし、僕もそこが楽しくて映画館に行っているところもある。

 

だけど、それ以上に好きなのが誰もいないレイトショーの映画館だ。もちろん映画館の場所や上映されている作品にもよるのかもしれないが、僕が普段通っている映画館はレイトショーともなるとほんとに客が少ない。最低でも100席はあろうキャパのところに人が5人とかザラにあるのだ。一番少ない時は僕ともう1人という時もあった。

 

このレイトショーの何が魅力かというと、とにもかくにもリラックスできるというのがある。僕はどちらかというと人混みが苦手だし両隣に人がいるような状況だと、知らず知らずのうちに緊張してしまっていたり、隣の人にぶつからないように縮こまり体に力が入ってしまったりして映画が終わるころには肩がガチガチに凝ってしまったりする。血流も悪くなるせいか、イマイチ映画に集中できていないときもあるのだ。

 

だが、レイトショーは違う!!基本両隣にはだれもいない!!それどころか同じ列にすら誰もいないこともざらだ!これがもう僕にはとてつもなくありがたい。たとえ肩が凝っても、少し首を回したりストレッチをしたりしても誰にも迷惑をかけない。隣にぶつからないだろうかとか、後ろの人の妨げになっていないだろうかとか一切気にしなくていい。俺は自由だ!!そんなことを叫びたくなる開放感がレイトショーの映画館にはあるのだ。

 

そして、もう一つレイトショーの魅力をあげるとやはり「あの大画面をたった数人で占有している」という贅沢感を味わえるところにある。言うまでもないが映画館のあのバカでかいスクリーンはたった数人に映像を見せるための大きさではない。百人単位の観客に同時に作品を見せるための大きさなのだ。それを少人数で占有している時の謎の贅沢感、「おぉ、こんだけでっかい画面をこんな少ない人数で見ているぜぇ」という謎の高揚感。映画を観るために払った金額は変わらないが、この感じはガラガラのレイトショーでしか味わえないのかもしれない。(あるいは早朝や人気のない作品でも体験できるかもしれないが、朝早くは正直しんどい。)

 

そんなわけで僕はこれからもレイトショーに行く。開放感、贅沢感、高揚感を味わうために。