ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

人が嫌いで学校に行きたくない人はどうすればいいのか?

f:id:reon5653desu:20180906111044j:plain

 

今回は僕のブログに検索で来てくれた方へ、アンサーのような形で記事を書いていきたいと思います。

 

キーワードは「人嫌い 学校行かない」です。

 

 

人が嫌いなのはしょうがないので、まずは人とのうまい距離の取り方を学ぶのはいかが?

f:id:reon5653desu:20180906233048j:plain

人が嫌いという場合色々なパターンがあると思います。ほんとに人間が全て嫌いなのか、あるいはそれぞれ嫌いなタイプが分かれていて「なれなれしい人が嫌い」とか「調子に乗ってる奴が嫌い」とかいった具合にね。

 

僕としてはまぁ、食わず嫌いはよくはないと思っているので、とりあえず何回かは接してみることをおすすめします。そうやって接していくうちに「あれ、意外と大丈夫かも」と思う事もあるからです。また何度か接することで、その人のいい面が見えて来たり、実は自分が誤解をしていたなんてこともあるかもしれません。

 

まぁ、要はお試しであったり、「自分はこういうタイプの人が苦手もしくは嫌いなんだ」というのを確認する場として学校を利用すればいいと思うわけです。

 

ただ、何度か接してみて「やっぱり、無理だ。どうしても嫌いだわ」という人がいるのであれば、僕としてはそういう人に近づかない、あるいは極力接しないという形をとるのもアリです。

 

ぶっちゃけみんなを好きになることなんて無理ですからね。自分もクラスメイトも嫌いな人、どうしても無理な人とはいるでしょうし、そういう場合距離をとるというのが賢い選択です。

 

いじめやどうしてもしんどい状況にある場合、学校を辞めることも選択肢として考える

f:id:reon5653desu:20180906233339j:plain

もちろん、いじめられているとか人間関係が険悪な人ばかりが周りにいてしんどくて仕方がないといったケースはまた別ですよ。その場合、無理に接する必要なんてないし逃げること、学校をやめることや転校なんかも選択肢として考えるべきです。

 

あるいはクラスに行かないで保健室登校をするのも一つの手でしょうし、本当に学校に行きたくないのであれば、行かずに自宅で勉強をすることだってできるでしょう。

 

高校生であれば、高校を中退したとしても高卒認定試験を受けて大学や専門学校を受験することだって可能です。

 

ほんとね、学校辞めたぐらいで人生終わりだとか思わなくていいですよ。そんなんどこかの誰かが勝手に刷り込んできた考え方だし、マジでそれだけで人生終わりません。学校辞めても普通に続いていきます。

 

辞めたら「じゃあ、次どうしよっか」って考えて動いてみればいいんです。学校辞めたからといって終わりじゃないんですよ。しつこいぐらい言うけども。

 

であとは辞めたからといって自分を必要以上に責めない、追いつめないってことが重要ですね。そんなことはしなくていいんです。

 

学校をやめたりしても人生は終わりじゃないし、選択肢は色々ある。

 

そのことを認識しておけば、「学校に行かない」という選択をすることだって問題ないのではないかと思っています。

 

ガチで人間が嫌いな人は、自分だけでやっていけるスキルを磨くといいのでは?

f:id:reon5653desu:20180906233806j:plain

先述したようにタイプによって人の好き嫌いがわかれる人であるならば、まだ学校生活もそれなりにうまくやっていけそうな気はします。

 

ただ、もし仮にあなたが「いやいや、タイプとかじゃなくて人間そのものがダメで人と接したくないんだよ!!」という人の場合、話はまた別なのかなと。そういう人の場合学校生活はかなり苦痛に感じるかもしれません。

 

まぁ、ただね。ちょこっとアドバイスをしておくと、学校で出会うだけの人間がこの世で出会うすべての人間ではないってことは言っておきたいところです。ちょっと視野を広げて学校の外に目を向けるとあなたと親和性の高い人や、「何だこの人は!?」って思ってしまう面白い人っていうのは結構いたりします。なので、あまりすぐに「人間全部が嫌いなんだ」と決めつける必要もないのかもしれません

 

また、人間が嫌いでも特に自分に実害がないとしたら必ずしも学校をやめる必要もないのかもと思います。

 

その場合淡々と授業をこなし、休み時間は別にクラスメイトとワイワイすることなんてする必要はないので、自分の好きな本を読んだり、興味のある分野の知識を深めたりするといいでしょう。で、学校が終わったらソッコーで帰ってバイトするなり、自分がやりたいことをバーッとやるという生活をしてもいいわけです。まぁ、これはあくまで人が嫌いだけど、別に実害がないってパターンの話。

 

そうじゃなくて「いやっ、今すぐにでも学校をやめたい!ほんとにもう人が嫌すぎてしんどくて無理なんだ!」という人の場合どうすればいいのでしょうか?

 

では、そういう人がどうすればいいのかを考えた時に、

 

「なるべく人と接しなくても生きていけるようなスキルを身につける」

 

というのが大事になってくるのかなと思います。

 

これはかなりざっくりですが、例えば自給自足のスキルを身につけるとかね。農業をやって自分が食べる分はすべて自分だけでまかなえて、自分で料理などの家事もすべてできる。さらに、家も今は小屋暮らしを実践している人がいるわけですから、そういう人のやり方をまねて自分だけで暮らせる小屋を作ってしまうようにするとかもいいでしょう。

 

世の中には少数派かもしれないけど、そういう生き方を選択する人だっているわけです。完全に自分だけで完結するのは難しいかもしれませんが・・・。

 

まぁ、ここまで極端でなくても、例えば基本的に一人で完結できることを仕事にしたり、そのためのスキルを身につけることだって考えられます。

 

プログラミング、イラスト、アート、漫画、作曲、作家などなど色々あるでしょう。もちろん、どれも仕事を依頼者してくれる人とのやり取りや、最低限の打ち合わせなどは必要かもしれませんが、基本的には自分一人だけで学べるし作業をすすめられるものです。

 

人が嫌いだからなるべく人と接したくないという人の場合、早めに「自分が何に興味があるか?何が得意なのか?」を見極めて、一人でもやっていけるスキルを高めていくことで、最低限人と接するだけで生きていけるような状態にしてしまえばいい。

 

それこそ学歴とか関係ない、人から認められるスキルを持っていれば学校に行こうがやめようが関係ありませんからね。 そういう考えの元、少しずつ動き出してみるのがいいのではないでしょうか?

 

まとめ

そんなわけで、今回は「人が嫌いで学校に行きたくない人はどうすればいいのか?」という内容で記事を書いてみました。まとめると以下のような感じです。

 

  • 人が嫌いなのはしょうがない、その中でもお試しに人との接し方や、距離の取り方を学んでみてはどうか?(何度か接することで苦手な人や嫌いな人がそうじゃなかったことに気づけることも)
  • いじめなどある場合、逃げることや転校することも選択肢として考える
  • 学校をやめたからといって人生終わりじゃないし、選択肢は色々あることを頭に入れておく。
  • 人が嫌いな人の場合、学校で出会うだけがこの世にいるすべての人間じゃないってことを認識する。学校の外に視野を広げるともしかしたら気の合う人もいるかも
  • 人間が嫌いでも、別に学校に通うことが苦痛じゃなければ学校に通って、休み時間や学校が終わった後に自分のやりたいことをやるのもいい
  • なるべく人と接したくないのであれば、人と接しなくても生きていけるスキルを身につけるといい

 

こんな感じです。

 

人が嫌いなら人が嫌いなりの生き方って絶対にあると思うんですよね。で、今はテクノロジーも発展してきているので、人とあまり接しなくても仕事が成り立つなんてこともあるわけで、人嫌いの人にとっては生きやすいのかなぁって思います。人よりも機械と仕事してる方が向いてるなんて人もいるでしょうし。

 

なので、人が苦手、人が嫌いな自分はどう生きるのか?どういう選択をしていったら生きやすいのか?っていうのを考えて行動していけばいいんじゃないかな。

 

あなたの生きる道はきっとある。僕はそんな風に思います。

 

それでは今回はこの辺で。