ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

【レンタル同行人】どういう時に利用したらいいかわからない方へ

僕はちょっと前から自分を貸し出す『レンタル同行人』というサービスをやっています。そのサービスの利用方法なんかはこちらに書いてあるのですけど、中には「気になってはいるんだけど、どういう時に使ったらいいのかわからない」っていう方もいると思うんですよね。なので、今回はそういう方のために「こういうレンタルの仕方がありますよ」という利用例を紹介していきます。

 

①一人だと行きづらい店や場所へのお供として

世の中に行きづらい店とか場所ってあると思うんですよね。例えば以前のレンタルで「新宿二丁目の店を開拓したいけど一人じゃ行きづらいのでお供してください」みたいな依頼があったんだけど、まさにそういう感じです。興味もあるしいつか行きたいなと思ってはいるんだけど、どうにも一人だと行きづらい。そこが自分にとって未知の場所だったりすると、人ってやっぱり一歩踏み出しにくいものなんですよ。それはもう、人の本能みたいなものだからしかたがないわけです。

 

そんな時に「ああ、誰か一緒に行ってくれる人がいれば」と思うじゃないですか。それでサラっと友達呼べちゃう人とか恋人いるからその人と行きますっていう人は問題ないと思うんですよね。でも、世の中には誘える友達がいなかったり、友達はいるんだけど誘いづらい場所とかもあったりするわけですよね。近しい人の場合、人間関係が壊れてしまうことも怖いのでどうしても「この人をここに連れて行っても大丈夫だろうか?」みたいなことを考えなきゃいけない。

 

そんな時に僕みたいなレンタルサービスをやっている人間を利用してもらえたらと。僕らの関係はあくまでレンタルサービスを提供する人と利用する人というドライな関係なので、「この人ここに連れて行っても大丈夫か?」みたいなことを考える必要はありません。(もちろん犯罪に関わる場所や危険性の高い場所はお断りするときもありますが)そういうサービスをうまく活用して、自分の興味のあるところに行って、自分の世界を広げる時のお供として使ってもらえたらなと思っています。

 

②何かを試したい時の相手として

学んだ知識とかスキルってやっぱり使わないと身につかないですよね。マッサージ師ならマッサージしなければ下手くそなまんまだし、教師なら勉強を教えなければ教えるスキルも向上しません。もちろん、職場なり学校なりでそういう練習の場があるっていう人はいいんです。

 

でも、例えば独学で何かを練習していて、いざ「これを試してみたい」となったときに、それを試せる相手がいない。友達や家族は近くにいないし職場の人には頼みづらい・・・。そんな時に「じゃあレンタル利用してお試し相手になってもらっちゃおう」って風に利用するっていうのもいいのかなと。

 

人に何かのサービスを提供するなら、その前に練習台として利用する。人に教えることを試してみたいなら教える相手として利用する。

 

世の中試してみないとわからないことってたくさんあるのでね。そのお試しの際にうまく活用してみる。これが2つ目の主な利用方法です。

 

もちろん人体実験的なものはお断りします。(ボクシング習ったから試しに殴らせてとかね)練習相手としてと捉えてもらえればありがたいです。

 

③ストレス発散の相手として

人によって色々なストレス発散の仕方ってあると思うんですよね。ひたすらしゃべるとか、運動するとか、カラオケ行くとか、食べ放題いくとか。そういうのにもお付き合いしたいなと。

 

さすがにカウンセリングみたいなことはできないし、サンドバッグになってひたすら殴られてストレス発散みたいなこともできないけど、しゃべり相手としてとか、カラオケで一緒にシャウトするとか、スイーツを爆食するとかそういうことのお供ならできるかなと。

 

意外と人に話すことで気持ちがスッと楽になったなんてこともあるし、ただ自分が熱唱しているのを聞いてもらったらポジティブになれたなんてこともあるわけです。その時の相手候補としてレンタルのサービスを使ってもらうといいのではないでしょうか。

 

ここまで主にこんなレンタルのしかたがありますよというのを紹介してきました。もちろん、ここに挙げた以外にも「こんな利用の仕方はどうかな?」とか「こういう依頼は受けてくれるの?」みたいな疑問を持っている方もいると思います。

 

そういう方はぜひこのブログのお問い合わせフォームか、僕のTwitterのDMから直接お問い合わせいただければと思います。日程の都合や依頼内容によっては依頼を受けれないこともありますが、可能な限り対応させていただくつもりですのでよろしくお願いします。

 

僕のTwitter

https://twitter.com/neetkishitsu

 

レンタルの利用方

『レンタル同行人』のルールや利用方法についてまとめてみた。 - ニート気質な僕の生きる道