ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

シェアハウス生活28日目。散歩を続ける仕組みを取り入れてみた。

今日の起床は6時半ごろ。睡眠時間は6時間程度。なぜだか早めに起きちゃったので、目を瞑って二度寝を試みたが寝られるおもいきって起きることにした。目覚めはそれほど悪くはない。

 

動悸と不安感はまだ続く。ふとした時の気持ちの落ち込みもまだある感じ。今は欲張らず悪化しないことを第一に考える。

散歩に行く目的を増やしてみ

f:id:reon5653desu:20201028122955j:plain

ここ最近は気持ちが落ち込んだりなんかもやもやしたら散歩に行くようにしています。散歩している間はあれこれ考えないで済むし、歩いていると血流も良くなって何だか頭もスッキリする感じがするからです。自分のメンタルをいい方向に持っていく上で散歩はすごくいいことだと実感しています。

 

で、どうせなら散歩を習慣づけたいなと思ったのですが、目的が「健康維持」だけだと、この先メンタルが回復したら歩くのやめちゃうんじゃないかなぁと思ったわけです。それはもったいないなと。そこで単純な僕は思いました。「目的を増やせばいいんじゃないか?」と。

 

「健康維持」という目的に何か別の目的を付与する。健康維持+〇〇という目的があれば、散歩に対するモチベーションが上がるのでは?と思ったわけです。でも、あんまりハードル高いとそれはそれで続かないだろうと。できるだけハードルは低く続けやすいものはないか?と探してみたところ見つけたのが、歩きながらできるスマホのアプリです。

 

歩いているだけで目的を達成できるアプリを入れてみた

f:id:reon5653desu:20201028123027j:plain

今回僕がスマホに入れたのは二つのアプリ。一つは「トリマ」というアプリでこちらは歩いているだけでポイントを貯めることができるアプリです。まぁ、貯まるポイントは微々たるものではあるけど、ある程度貯められればamazonギフト券などにも交換できます。なので、このアプリでは「散歩しながらポイントを貯める」ことを目的として活用しています。

 

で、もう一個は「ドラクエウォーク」というアプリ。これは有名なロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」の世界観をスマホで楽しめるゲームです。スマホの画面に実際にいる場所の地図が映し出され、スマホを持って歩くと操るキャラクターも移動します。プレイヤーはマップ上にいるモンスターを倒してレベルを上げたり、マップ上にあるスポットに行ってアイテムをゲットしたり、様々なクエストをクリアしながら物語を進めていくというゲーム。

 

こういう現実の地図とリンクしたゲームで懸念されるのが、歩きスマホだと思うんですよ。ついつい、ゲーム画面に集中して人にぶつかりそうになったり、道路に飛び出しそうになっちゃうみたいな。ただ、このゲームの素晴らしいのは画面を見なくてもある程度ゲームができちゃうところにあるんです。ゲーム内に「WALKモード」というものがありまして、このモードにすると勝手にマップ上にいる敵と戦ってレベル上げしてくれるし、アイテムもゲットしてくれます。つまり、プレイヤーはスマホの画面を見ることなくゲームも楽しむことができてしまうんですね。つまり散歩しながらゲームを楽しめてしまうと。いやぁ、これは素晴らしいと思いました。

 

こうして僕は散歩の目的を「健康維持」だけでなく「ポイントをもらう」「ゲームを楽しむ」という三つに増やすことに成功しました。もちろん一つの目的だけでも続ける動機にはなると思うんですが、三つあればそれがもっと強固なものになると思います。

目的が多いから行動を起こすし続けやすいのかもしれない

f:id:reon5653desu:20201028123204j:plain

この文章を書きながらこうやって目的を増やして行動に結びつけるのって、色々なところで活用されてるのかもしれないなと思いました。お店に行くとか何かを買うとかもそうじゃないですか。僕らが何か買ったりどこかのお店に行く時って、一つの目的だけじゃなくて複数の目的があったりしません?たとえばスタバに行くなら「美味しいコーヒーが飲みたい」という目的もあるけど、それに加えて「ゆったりとした空間を楽しみたい」とか「スタバで作業している人たちから刺激をもらいたい」みたいな。いくつか目的があるから、そのお店に通うものだと思うんですよね。一個だとちょっと弱いのかなと。

 

ちょっと前に流行ったタピオカなら単に珍しいものを味わいだけじゃなくて、インスタとかで映える写真をアップしたいというのもあったはず。

 

ダイエットも健康維持だけじゃなくて、「異性にモテたい」みたいな目的や「お気に入りのブランドの服を着たい」という複数の目的があれば続けやすそう。

 

僕が語るのはどうかと思うけど、仕事とかを続けるかどうかも目的がいくつあるかで変わってくるんじゃないかな?自分が食うためだけの仕事なら、パッとやめちゃうけど、それが自分の成長のためとか旅行に行く資金稼ぎのためとか、家族を食わせるためだとかいくつも目的があると続けやすいのかもなぁと思ったり。(やめられなくなるとも言えるかも)

 

そんな感じで自分で何かを始めて続けたり、あるいは人に何かを始めて続けて欲しいのであれば一つの目的だけじゃなくて、いくつか目的を作っちゃうといいのかもしれませんね。

 

まぁ、偉そうなこと言いながら、僕もまだ散歩を習慣化できているわけではないので、まずは自分が続けて目的が複数あった方が続けやすいっていうことを実証していければと思ってます。

 

それではまた明日!