ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

しょうがないという言葉をおススメしていきたい。

最近はよく「しょうがない」という言葉を使っている気がします。このしょうがないって言葉の意味は、簡単に言えば「他に方法がない」といった意味で、どっちかというと諦めているというか、ネガティブに感じる人も多いと思うんですよね。

 

でも、僕は最近この「しょうがない」という言葉を使っている。それはなぜかというと、自分ではどうしようもないことを切り離すことができる気がするからなんです。

 

自分ではどうしようもないことってどういうものかというと、「過去と他人」ですね。僕らって、終わった過去のことを思い返して落ち込んだり自分を責めてしまったり、「他人が自分のことを嫌ってるんじゃないか」と気にしてしまったりするじゃないですか。

 

でもね、過去も他人もはっきりって自分がどうこうしても変えられるものじゃないですよね。タイムマシンで過去に戻ってやり直せるわけでもない、他人の心を操ったり自分の思いどおりにできるはずもない。変えられないものにいつまでも引きずられてあーだこーだと悩む。その結果、今の自分の人生やこれからの未来をおざなりにしてしまう。これってすげーもったいないことじゃありませんか。

 

とはいえ、僕自身もまぁ、過去にも他人にも引きずられまくりでしたよ。えらそーに「過去とか他人とか気にしてんじゃねーよ」なんて言えたもんじゃない。ツイッターとか見たら過去とか他人に振り回されまくりです(笑)ただ、そんな僕の頭の中にある日ふと思い浮かんだのが「しょうがない」って言葉だったんです。

 

しょうがないという言葉を使うことで、変えられないものへの執着を断ち切ることができる。今に集中することができる。自分の行動にだけ集中することができる。「ああ、あの人はたぶん俺のことよく思ってないかもしれない。でも、それはしょうがないよな」って思える。すると、驚くほどに気持ちが楽になったし、精神的に落ち着くようになったんですよね。こうなんて言うか、胸の苦しみというかつっかえてたものが取れてスッと楽になるというかね。そういう感覚を得られたわけです。

 

なので、もしあなたが過去とか他人とかにどうも引っ張られて、感情が乱されるとか落ち着かないなぁと思ったら「しょうがない」って言葉を使ってみてほしい。しょうがないという言葉で変えられないものと自分を切り離す。変えられないものに執着している自分の心を解き放つ。それだけでもきっと心が楽になるんじゃないかな?

 

開き直るための言葉ではない

こう書くと「なんか全て諦めてるように見える」とか「開き直りじゃね?」って思う人もいると思うんだけど、そうではありません。あくまで、過去や他人のような「変えられないものを変えようとすることを諦める」ためのものです。逆に言えば「自分で変えられるものは諦めないようにしよう」ということでもあります。

 

自分で変えられるものって何でしょうか?シンプルに言えば自分の行動であり、自分の能力であり、自分の人生だと思うんですよね。もちろん、劇的によくなったりアレコレ頑張ってみてもみんなから称賛されるぐらいになれるかどうかなんてわかりません。いやっ、むしろなれない可能性が高いでしょう。僕も含めた多くの人は普通の人のままで終わります。

 

だからといって、「どうせ自分は何者にもなれないしな」とすべてを諦めるのではなく、自分の能力が1ならそれを2に伸ばすとか、過去の失敗を活かして「より良い自分を目指していく」ことはできるんじゃないでしょうか?

 

まぁ、でもきっと頑張ってもまたつまづくこともあるでしょう。努力したけど思った通りに能力が伸びなくて落ち込むこともあるでしょう。そんな時にまたしょうがないって言葉を思い出してほしい。

 

「今までのことはしょうがない。これからまたやっていけばいいじゃないか。」

 

あなたが変えられないものに振り回されず、変えられるものに目を向け、少しでも充実した日々を送れることを願っています。