ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

無職で「これからどうしよう」と考えている方へ。

f:id:reon5653desu:20171021205403j:plain

 

今回は「無職 これからどうしよう」で検索してくれた方へのアドバイスのような形でブログを書いていこうと思います。

 

無職といっても色々なタイプの無職の方がいると思います。つい最近まで仕事をしていたけど何らかの理由で止めてしまった方、学校を卒業、もしくは中退してなんとなくそのまんま無職で来てしまった方などなど同じ無職でそこに至るまでの境遇というのは十人十色といったところでしょう。

 

ただ「これからどうしよう」というワードで検索をしてきた方なので、多少なりとも将来への不安だったり、今後の自分の進路に迷っているのではないかとと思います。そんな方に僕がアドバイスをできることがあるとすれば非常にシンプルです。

 

何をしてもいいと自分に許可を与えよう

f:id:reon5653desu:20171021214210j:plain

人によると思うんだけど無職になると「何で自分はダメなんだ。」と思いがちです。それは他の人が働いている中、自分は仕事をしていないと比較してしまうということもあるだろうし、世間体として「働いていなければ一人前とは言えない。」みたいな風潮があるからかもしれません。

 

そういった世間体から働いていない人を必要以上に厳しく責めてしまう人もいるし、また働いていない本人も必要以上に自分を責めてしまうことがあります。

 

でも本来仕事をしていない無職の状態って、ただ無職な状態なだけでそれ自体良いも悪いもないんですよね。冷静に考えれば働いていないからというだけで、あなたが責められる理由なんてないわけです。

 

だからもしこれを読んでいるあなたが無職で「これからどうしよう」と考えているのであれば、まずは「無職だからといって自分を責める必要なんてない。」ということを認識してください。

 

そして「自分は何をやってもいいんだ。」と自分に許可を与えちゃってください。無職だからといって、「これやっちゃだめだろうか?」とか「あれやったら世間的にどうだろうか?」とか考える必要はありません。(もちろん犯罪とかはやっちゃだめよ。)

 

興味のある事をガンガンやろう

f:id:reon5653desu:20171021214726j:plain

 

おそらく「これからどうしよう」と考えているのであれば今は「これをしたい。」という明確な目標はないのでしょう。であるならば、少しでも興味を持ったものがあるならガンガンやってみましょう。どんなくだらないことでもいいんです。

 

行きたいイベントがあるんなら行ってみてもいいし、読みたい本があるなら読んでみる。何か勉強したいことがあるなら「どこでなら学べそうか?」を考えてみる。ググってみてもいいし、もし時間があるなら学校や○○教室の説明会に行くのもありでしょう。旅行に行くのもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、僕なんて柄にもなく美術館に行って絵を鑑賞するなんてこともやってみましたが「これは自分にはしっくりこないな。」ということに気づきました(笑)でも、これも実際にやってみなければわからないことです。

 

何もしたいことがないからこそ、あれこれ経験をしてみて「これはなんか違うかも。」とか「これは面白い!!もうちょい深く調べてみよう。」という気づきを得ることもあなたにとってプラスになるはずです。

 

無職であるからといって、それであなたが自分の行動に制限をかけてしまうのは非常にもったいないです。むしろ働いていないあなただからこそ時間もあるし「今後どうしようか。」と考えることもできるはず。

 

何もしていない状態だからこそやれることがある。そういう考え方にシフトしちゃえば、無職であることも悪くないじゃんと思えるはずです。

 

まとめ

というわけで今回は無職の人で「これからどうしよう」と考えている方に僕なりの考えをお伝えしてみました。

 

あなたが無職であろうと、なにかをしちゃいけないなんてことはありませんし、誰かの許可をとる必要もありません。

 

「あなた自身があなたに許可を与えること」

 

それだけで万事オッケーです。ぜひあなた自身の行動を制限せず興味を持ったことに取り組んでみてくださいね♪

 

ちなみに病気で働けない人は、まず病気を治すことに専念してくださいね。

 

それでは今回はこの辺で失礼します!!

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。