ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

孤立、孤独やそれに関連する本

『超孤独死社会』孤独死の現場の過酷さとそこにある課題がよくわかる一冊でした!

孤独死の現実がよーくわかる一冊でした。

『孤立不安社会』を読みながら、どうすれば人は孤立せずにすむのかを考えてみた。

孤立しがちな現代社会において、どうすれば僕らは孤立しないですむのかをあれこれ考えてみました。

『孤立不安社会』から人はなぜ孤立してしまうのかを学んでみた!

なぜ僕たちは孤立してしまうのか?を本を読んで学んでみました。

『孤独死大国』を読んで、孤独死の現実と防ぐための方法を学んでみました。

『孤独死大国』という本を読んだ感想です。年間3万人が孤独死する、孤独死大国日本。その日本の孤独死の現実や、孤独死対策に取り組む人たちの奮闘、孤独死を防ぐ方法などがわかりやすく書かれた一冊です。

孤独死を恐れる人はどうすればいいか?

孤独死が恐いって人向けに「こうしたらいいんじゃない?」って考えを書いてみました。

ガイアの夜明けを見て、孤独死を防ぐにはどうすればいいのか?を考えてみました。

孤独死の問題について、あれこれ考えてみました。

元受刑者の男性の人生から。孤立しない、させないことの大切さを改めて学んだ。

元受刑者の更生から色々考えてみました。

社会から孤立し絶望状態にあるときにどうすればいいのかを考えてみた。

社会からの孤立はしんどいものです。

マイノリティな人ほど孤立しないことが大切だと思います。

マイノリティな人は孤立しないことが大切です。