ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

「引きこもりを里山へ」の記事を読んで考えたこと

思想家の内田樹さんが「引きこもりの人に過疎の里山に住んでもらったらいいのでは?」ということをおっしゃられていて、それを読んだ方々から様々な意見が出ているそうです。内田さんの発言は下の記事から読めます。

 

日本列島をどう守るか 過疎化に“100万人の引きこもり”が役立つワケ(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

続きを読む

レンタル同行人終了のお知らせ。

2018年の6月からスタートしたレンタル同行人という僕を貸し出すサービスですが、今日を持って終了といたします。

 

その理由は単純でここ半年以上依頼がない、つまり僕を貸し出すサービスに需要がないという結論に至ったからです。すでに似たようなサービスをしている人がたくさんいるし、「レンタルなんもしない人」のようなレンタル界の大成功者もいる。その中で特別なスキルや経験があるわけでもない僕が突き抜けるのは難しい。実際、それは現状の依頼がないという結果として現れているわけです。需要がないものをダラダラといつまでも続けていてもしょうがない。ここで一旦このサービスは終了して、自分も次のステップに進むというか、新しいことにチャレンジしていくのがいいのかなと思ったんですね。(まだ何をやりたいとか全くないのですが)

 

なので、レンタル同行人のサービスは今日をもって終了とさせていただきます。

 

最後にこれまで僕のことをレンタルしてくれた方々にはお礼を言わせてください。皆さんとお話しさせていただく中で、お仕事のこぼれ話やプライベートの面白話、僕が知らない世界の話などを聞けて、実に楽しいひと時を過ごさせてもらいました。僕が皆さんの期待にどれだけ応えられたかわかりません。ただ、僕をレンタルしたことで、少しでも良かったと思ってもらえたら幸いです。もし、思ってもらえなかったとしたら力不足でした。ごめんなさい。

 

とにもかくにもこのレンタルを始めたおかげで色々な方と会う事ができ、僕としては様々な発見があり充実した時間を過ごさせてもらいました。本当にありがとうございます。また、縁があればどこかでお会いできればと思っております。

 

ではまた。

 

これまでのレンタルの様子は↓のリンクからご覧いただけます。

 

レンタル同行人 カテゴリーの記事一覧 - ニート気質な僕の生きる道

何かを作ると気持ちが落ち着くのかもしれない。

シェアハウスでメンタルの調子を崩してからは、病院で処方された薬を飲みながら、朝起きてすぐの深呼吸やストレッチ、ひたすら散歩をしながら体調を整えていた。

 

それらに加えて自分の精神を落ち着かせてくれていたのが料理である。普段ほとんど料理をしない生活を送っていたのだけど、シェアハウス生活では自炊をしなければ財布からあっという間にお金が消えてしまうため、ほぼ毎日料理をした。まぁ、料理といっても料理名がつくようなものではなく、食材を刻み、醤油や塩、めんつゆなどで適当に味付けをし、煮る、焼く、レンジでチンするぐらいのものだ。

 

f:id:reon5653desu:20201106201212j:plain

シェアハウスで作った豚キムチ丼。肉や野菜を雑に切りキムチと混ぜて炒めただけ。味は可もなく不可もなく

 

僕は料理が好きなわけでもないし、得意なわけでもない。ただ、料理をしていてふと気付いたのが「料理してるとなんか落ちつくんだよな」ということだった。

 

朝起きてなんとなく気分が悪い時も、飯だけは食おうと思って台所に入る。冷蔵庫にある買い置きしておいた野菜の皮を剥いて、食べられる大きさにザクザクと慣れない包丁さばきでカットする。大量に買い置きしておいた鶏肉と共に、水の入った鍋に投入しそのまま火にかける。なんて事のない作業だ。だが、この間僕の気持ちは落ち着いていた。余計な雑念が消えていたのだ。

 

そんなこともあって、シェアハウスではよっぽど体調が悪くなければ基本的に台所で何かしらの作業をしていた。それはシェアハウスを出る当日まで続いたのだった。

 

残念ながらシェアハウス生活は挫折に終わってしまったが、自分の気持ちが落ち着くという料理をするメリットを感じていたので、実家に帰ってからも料理をなるべく続けようと思って料理本を買ってみた。

 

あらゆる人類の中でも、トップ10%に入るであろう不器用な僕はいきなり凝った料理に挑戦したら確実に挫折することは目に見えている。だから、最初は僕のような不器用な人間でも続けられるよう、レンジでチンすれば作ることができる簡単な料理から始めることにした。物事を始める時にはなるべくハードルを下げることをオススメしたい。

  

f:id:reon5653desu:20201106211146j:plain

玉ねぎと鳥もも肉を皿に乗せコンソメと料理酒、バターを入れてラップしてレンジでチンした。玉ねぎが柔らかく肉にもしっかり味がついてて美味かった

 

正直、凝った料理を作る人からすれば手間もかかってないし大したことはないだろう。だけど、僕にとってはこれぐらいからのスタートがちょうどいいし、野菜をざっくり切ったり、肉にササッと下味をつけるような作業をしている間も気持ちは落ち着いている。

 

作ることは精神的にいいのかもしれない 

では、なぜ料理を作ると気持ちが落ち着くのだろうか?これは僕の想像でしかないので、参考程度に聞いて欲しいのだけど、まずパッと思いつくのは達成感と自信を得られるからだと思う。

 

肉や野菜と入った食材に手を入れ、煮たり焼いたり味付けをして皿に盛り付けると、それまでバラバラだったパーツがくっついて一つの作品が出来上がる。例えそれが不恰好な料理だとしても、目の前には確実に完成したものがあるわけだ。そうすると「自分はこれを作ったんだ」という達成感を得ることができる。

 

もちろんこれは料理だけに限らない。これまでの人生を思い返してほしい。きっとあなたにも何か作った経験があるだろう。それはキャンパスに描いた絵かもしれないし、あるいは音楽のような音の集合体かもしれない。何にせよ何かを作りあげると達成感につながるし、「自分にも作れた」という感覚は自信にも繋がりそれが精神にいいのではないだろうか。

 

もう一つ思いつくのは、作ることで物事に集中できるからというのがある。物事に集中するとなぜいいのか?それは、集中することで漠然とした不安や悩みから一時的にでも気をすらす事ができるからだ。

 

僕のようにメンタルに不調を抱えていたり、不安になりやすい人間の場合、「この先どうしよう」とか漠然とした不安が頭の中でグルグルと回り続け、それゆえさらに不安が増幅されていき不調に陥ってしまうことがある。

 

ところが何かを作るために物事に集中すると、そうした不安から意識をそらすことができるのだ。ちょっと想像してみてほしい。包丁で玉ねぎを細かく刻みながら「将来どうしよう」などと考えられるだろうか?おそらく無理なはずだ。きっと、多くの人が目の前にある玉ねぎを刻むことに集中するはずだし、その間、他のことを考えたりはしないだろう。そうやって、何らかの作業に集中している間は、余計な考えや雑念から気を逸らすことでき精神に余計な負荷をかけずに済むというわけだ。

 

まぁ、これらの考えはあくまで僕の推測でしかないわけだけど、今悩んでいたり、ちょっと不安を抱えている人は、ぜひ何かを作ってみて欲しい。作るものは何でもいい。僕のように簡単な料理でもいいだろうし、絵でも、プラモでも、文章でも、音楽でも、俳句でも。

 

初心者だからとか下手くそだからとか気にしないでいい。僕の料理もなかなか残念なレベルだけど、それでも作る事のメリットを享受できている。

 

何かを作る人になれば自分をちょっと助けられるかもしれない。そんな風に思っている。

肌のトラブルが気になっていたので皮膚科に行ってきた。

実はシェアハウスに入る前にちょっとした皮膚の病気になっていた。その病気自体は薬を飲んでよくなっていたんだけど、今度は体に塗っていた薬が合わなかったのか、お腹と背中にびっしりと赤いニキビのようなものが沢山できちゃったので、今度はそれを治すための薬を飲んでいた。

 

1ヶ月分の薬をもらったのが10月に入る少し前。そこから10月にシェアハウスに入り、幸いなことに薬が効いたのか赤いニキビはだいぶなくなってホッとしていた。だけどその代わりにお腹と背中にニキビ跡のようなものが大量に残ってしまった。特に背中は酷くて、多分他人が見たら「大丈夫?」と心配されるレベルだと思う。かなり目立つし正直人前で裸になりたくない。家では風呂に入る前に鏡で治り具合をチェックしているのだけど、毎回ため息が出るレベル。正直これはこれでストレスになっていたのかもしれない。

 

そんなこんなで自分の体にできたニキビ跡も気にはしていたのだけど、シェアハウスではメンタルの調子を崩してしまい、そちらの回復を優先していた。眠れなくなり吐き気や不安、動悸で肌のトラブルどころの話ではなかった。それが実家に戻ってきて少しメンタル的にも上向いてきた気がしたので、1ヶ月ぶりに病院に行くことにした。

 

病院ではニキビの薬と肌荒れや色素沈着などにも用いられる薬も処方してもらった。とりあえず28日分。飲み続けて少しでも良くなればいいのだけどこればかりはわからない。

続きを読む

シェアハウスに向いているかいないかを判断するポイントとは?

ここ最近では実家から出る際の選択肢として、シェアハウスを選択肢として考える方も増えて来ているように思います。やはり圧倒的に初期費用が安さや、家具家電が揃っていて引っ越しの際に荷物が少なくて済むなどメリットがあるからでしょう。

 

かといって、じゃあみんなシェアハウスに入ればいいのではというとそうではないと思います。やはり何事においても人には向き不向きがあるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は短期間とはいえシェアハウスに住んだことがある僕なりに、「シェアハウスに向いているか、向いていないか」を判断するためのポイントについて書いてみました。これから実家を出る人や、一人暮らしだけどシェアハウスに住んでみたい人はぜひ参考にしてみてもらえればなと思います。

続きを読む