ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

『超孤独死社会』孤独死の現場の過酷さとそこにある課題がよくわかる一冊でした!

「日本では孤立状態1000万人、年間孤独死3万人。」

 

そんな衝撃的な数字が帯を飾るのは菅野久美子さんの『超孤独死社会』という本です。

 

孤独死の問題が叫ばれて久しいですが、孤独は日本社会全体を徐々にむしばんでいるような気がします。ニュースなどで取り上げられることも増えてきました。とはいえまだあまり実感がないという人も多いでしょう。実際僕も自分の身の回りで孤独死をしたという人は知りませんし、どこかこれまで人ごとのように感じていたんですよね。

 

ただこの『超孤独死社会』を読むとそれが決して他人ごとではないということを実感します。孤独死は誰にでも起こりうるし、それがいつ起こってもおかしくないという現実を突きつけられます。

続きを読む

【レンタルオバッチ】はじめてアイドルのライブに行ってきた!!

レンタルを受けていると時々、自分の人生においておそらく自分は生涯関わることのないであろう出来事や場所に意図せずして関わることがあります。つい先日受けたレンタルの依頼もそういった類のものでした。

 

「7/15夕方レンタルオバッチ空いてますか?『くにくに』というアイドルのライブのチケットをおごるので行きませんか?」

 

TwitterのDMからそんな連絡をいただいたのはそのアイドルのライブが開催される前日のこと。

 

利用者さんはアイドル好きの方だそうで、時々アイドルのイベントやライブに参戦しているらしいです。この時はチケットが1枚余ってしまっていたため、急遽僕に依頼をしてくれたそうです。

 

ぶっちゃけると僕はアイドルのイベントにもアイドルのライブにも参戦したことがないし、そこまでアイドルに関心を持ったことがありません。せいぜいメジャーアイドルのグループ名と有名どころの人たちの名字がちょっとわかるぐらい。(アイドル好きの方すんません。)

 

はたしてそんなアイドルとは距離のある僕がそういったガチでアイドルを応援するような現場に足を踏み入れていいものなのかとも思いましたが、そこは無駄にポジティブといいますか人生において自分が未経験なことを経験することは少なくとも損ではないということと、その経験が自分に新たな知見を与えてくれるかもしれないという思いがありますので、依頼を受けさせてもらうことに。

 

そんなわけで、今回はレンタルで人生初のアイドルライブに行った時の様子やその感想について書いていきたいと思います。

 

※くにくにさんは写真、動画撮影OKらしいのですがブログに載せていいかはビミョーなので、ライブの様子を載せたTwitterのURLを貼っておきますので、画像を見たい方はそちらからご覧になってください。

https://twitter.com/neetkishitsu/status/1150740058657263618

続きを読む

大学に居場所がなくても、没頭できるものがあれば大丈夫なのかもしれない。

先日、ツイッターからDMをくれた大学生と食事をしてきました。

 

 

彼の詳しいプロフィールについては省きますが、大学に入学したものの環境の変化などに戸惑い引きこもりになります。そこから短期間でひきこもりから脱し、現在は大学に復学。

 

でね、彼は現在大学で一人で行動することが多いみたいなんだけど、結構充実してるみたいなんですよね。というのも、学校の課題であったり、海外に出るための勉強であったりで毎日とても忙しいらしくて特に一人でいることに問題を感じないと。これさらっと言われたんですけど、個人的には「ああ、これ大事かも」と思ったんですよね。

 

特に大学とかでボッチだったり、居場所がなくて寂しい思いをしてる人なんかには彼の大学生活の過ごし方がすごく参考になるんじゃないかなと。

続きを読む

『自殺予防』自殺について知りたい時に参考にしたい一冊です。

日本の自殺者数はピーク時には年に3万人を超えていました。ただ、そこから徐々に数は減り、2018年の自殺者数は2万598人となっています。(厚生労働省が警察庁の統計を基に公表)

 

ピーク時に比べ自殺者数が減ったとはいえ、いまだに2万人以上の人たちが自ら命を絶っているという現状はけっしてスルーしていい問題とは言えないでしょう。

 

※ちなみに交通事故死は2018年で3532人なので、自殺者数は交通事故によって無くなった人の6倍近くになるということです。

 

参考サイト:https://response.jp/article/2019/01/07/317699.html

 

僕自身、自殺問題に関しては以前から関心が高くて、いくつか関連本も読んだりして「どうすれば自殺を防ぐことができるんだろうか?」ということは常々考えていたり、このブログでもそういった本から学んだ知識を共有させてもらったりしています。

 

参考:『自傷・自殺のことがわかる本』を読んで、やはり複数の繋がりを持ったり、コミュニティに属することが大事だと思った! - ニート気質な僕の生きる道

参考:『もしも、「死にたい」と言われたら』を読んだ感想を書いてみた!! - ニート気質な僕の生きる道

 

で、ここ最近も自殺に関連した本をいくつか読んだのですが、その中でも特に役に立つなと思った本があるので紹介したいと思います。それがこちら。

 

著者の高橋祥友さんは精神科医として活動されており、自殺に関連する著書を多数執筆されている自殺予防や対策のエキスパートです。今回はこの本の感想や、読者の方と共有しておきたい知識について書いていきたいと思います。

続きを読む

薬物依存症って何?超簡単に説明してみました。

前回の記事で『薬物依存症』という本を紹介しました。

 

この本は薬物依存症とは何ぞやといった基本的なことから、回復や治療に何が必要なのかを学べる一冊なのでおすすめです。

 

でね、せっかくこの本を読んだわけですから、僕の復習も兼ねて「そもそも薬物依存症ってどういうものなの?」っていうのを簡単にお伝えしてみようと思います。

続きを読む