ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

過労死なんて言葉が恥ずかしいと思われる社会にならなきゃいかんと思う。

過労死って言葉があるじゃないですか。あの言葉って僕すげぇ恥ずかしい言葉だと思うんですよね。なぜかっていうと、仕事によって貴重な人の命を失わせてしまっているから。

 

僕ね、命より大事な仕事なんてないと思ってるんですよ。比重としては完全に命>仕事なんです。いやっ、「俺仕事に命を懸けてます」っていう人を馬鹿にするわけじゃない。その人はその人で情熱をささげるものがあってすげぇと思うんです。その人はそれでいい。ただこの社会、特に日本という国では「本当は死にたくなかったのに仕事のために命を落としてしまった」っていう例がメチャメチャあるじゃないですか。これってすげぇ恥ずかしいよなと。

 

その代表的なのが過労死でさ、上からの無茶な命令だとか明らかにキャパオーバーのノルマとかパワハラだとか、もうほんとに「ふざけんな!!」って言いたくなる理由で人が追い詰められて死んでいくという現実があるわけです。

 

なんですかね。これでいいのかと。人一人が死ぬって相当な衝撃だと思うんですよ。ましてやそれが「働いたことによって命を失うことになってしまった」なんて本末転倒じゃないですか。働くことは金銭を得るだとかやりがいを得るだとか、本来は自分の生活を充実させるためであるはずですよね?それが充実どころかその人の命を脅かしてしまっている。にもかかわらずこの日本という国では、それが当たり前のように受け入れられてしまっているような気がしてね、そこに違和感とか気持ち悪さみたいなもんを感じるわけです。

 

続きを読む

『日本の大課題 子どもの貧困』児童養護施設って何?そんな基本的なことから学べる一冊です。

突然ですがあなたは児童養護施設に対してどのようなイメージを抱いてますか?

 

おそらく親御さんがいないとか、虐待から逃れてきた子供たちが過ごす場所といった「大変な境遇の子供たちが過ごす場所」というイメージが浮かぶかと思います。でも、具体的にどういう制度の下でどういうことをして子供たちをサポートしているのかって曖昧じゃないですか?

 

まぁ、僕もいい年だしそういうところの知識も知っておかないとなーなんて思って、今回読んでみたのがこちらの本です。

 

 

続きを読む

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げることについて考えていることを書いてみた。

逃げてもいいんだよ。いやっ、逃げたら一生逃げ続けるぞ。

 

あなたは逃げるという言葉に対してどのようなイメージを持っていますか?ポジティブ?ネガティブ?必要?不必要?おそらく人によって意見は異なるでしょう。

 

ちなみに僕はと言えば「ほんとにしんどかったら逃げてもいい」という考えでして、なにがなんでも逃げてはいけない、逃げたらもうおしまいだなんてことはなくて逃げたら逃げたで逃げた先でまたやっていけばいいじゃんと思うわけですね。

 

でね、なんでまた急にこんなことを話し出したのかというと、たまたま逃げることに対して前向きな考え方をしている本を読んだからなんです。

 

この本は、タイトルにもあるように生きづらさを抱えている人たち、とくに若い10代とか20代の方向けに書かれた内容になっています。現在様々な業界で活躍している「逃げた過去がある人」の考えに触れることで、苦境からの逃げ方、逃げることをどうやって人生に活かしていくかを教えてくれています。

 

文章は非常に簡易なので、活字を読む人が苦手な人でも十分理解できるし、わりと若い人の言葉も掲載されているため、若者にも届きやすい内容なのかなと思います。ちょろっとしんどいな、追い込まれているなという時にここに書かれている書き手の人たちの考えに触れてみると、気持ちがちょっと楽になったり何か気付きがあるかもしれません。

続きを読む

引きこもりを隠すのではなくオープンにすること。偏見をなくすことで外に出やすくしていく。

たまたまニュースサイトを見ていたら、引きこもりの子供を持つ親御さんが不登校や引きこもりに関するラジオ番組をやっているというのを目にしたんですよね。

 

 

この親御さんの目的は引きこもりに対する「周りの人たちの考え方や偏見を変えたい」からなんだけど、これってすごい大事なことだよなぁと。

続きを読む

『アルコールとうつ・自殺』に書かれていた多くの人に知っておいてほしいことが大事なので共有してみた。

先日、紹介した『アルコールとうつ・自殺』という本。これ、アルコールとうつと自殺の関連性について、しっかり認識できるいい本だと思うんですよね。

 

まぁ、ただどうしても取り扱うテーマがテーマだけにエビデンスだとか事例だとかお堅い内容になりがちではあるんですけどね。もちろん、個人的にはすげぇ参考になる一冊だしぜひ多くの人に読んでもらって「アルコールって場合によっては危険なんだよ」っていうのを認識してもらえたならなぁと思います。

 

でね、今回はこの本に書かれている「多くの人に知っておいてほしいこと」という部分が、非常にシンプルではあるんだけど、文字通り多くの人に知っておいてほしい内容だなと思ったんですよね。なのここでシェアさせてもらうかなと思います。

続きを読む