オバログ

自分の考え、日記、作品などを発表するブログです。オススメの本や記事なども紹介しています。

何も思いつかない時に試してみてほしいこと

先日、『アメトーーク!』を見ていた時のこと。この日は「大喜利苦手芸人」の回で、芸人さんの中でも大喜利が苦手と自覚している人たちが、大喜利の失敗談を話したり、大喜利の番組などで優勝経験のある、笑い飯の西田さんやバカリズムさんからレクチャーを受けるという内容でした。

 

この回を見ていて、僕が「おっ!」と思ったのはバカリズムさんのある発言でした。バカリズムさんは大喜利の際に「手を動かしているとアイディアが出てくることもある」(うろ覚えだけど)とおっしゃっていて、これ最近どこかで関連性のあることを見聞きした気がするなと。で、しばらくして「あっ、そう言えばこの前読んだ『模倣と創造』って本にそんなこと書いてあったわ」というのを思い出したんです。

続きを読む

『模倣と創造』自分には創造性なんてないって人ほど読んでほしい

何年も前から機械が人の仕事を奪うと言われてきました。幸か不幸か今のところ多くの人に仕事はありますが、今も人手を減らすために社会の機械化は進んでおり、AI(人工知能)の研究などがさらに進んでいけば、今よりも人ができる仕事は少なくなるかもしれません。

 

機械の特徴をパッと思い浮かべてみると、人のように疲れたりせず長時間の稼働が可能で、決められたパターンを決められた通りに動くのが得意だったりします。一方で人はというと、機械よりも疲れやすい。パターン通りに動くのが得意な人もいますが、その正確性は機械には敵いません。では、人が機械に勝るのは何でしょうか。それは創造性です。

 

機械は新しく何かを創造するのは不得意です。むろん、もしAIが高度に発達し汎用性を兼ね備えたとしたらそれすら克服するかもしれませんが、現状はまだそこまでの域には達してはいません。一方、人はというと古今東西、歴史を振り返っても様々なものを創り出してきました。僕らの身近にあるあれもこれも全て人の創造の賜物。それを大量に生産したのは、機械の力によるところが大きいかもしれませんが、最初の第一歩は紛れもなく人の創造性が生み出したものだと言えるでしょう。

 

今後僕らは、機械にとって代わられないためにも創造性を養わなければならない。

 

「えっ、ちょっと待ってくれよ。創造性って言われてもそんな能力そもそも持ってないよ」

 

こう考える人もいるかもしれません。創造性というものは一部のアーティストやクリエイターが備えているものであって、自分には関係のないものだと決め込んでいる人もいるでしょう。ですが、創造性というものは誰もが持っているものです。それを使わなくなってしまっただけ。

 

では、使わなくなった創造性を再び自分の中で目覚めさせたり、今よりもより創造性を発揮していくにはどうしたらいいのでしょうか。今回は、そんな疑問に答えてくれるであろう一冊を紹介したいと思います。

 

 

 

著者は佐宗邦威さん。佐宗さんは多摩美術大学の特別准教授や、多くの有名企業や組織の支援、教育現場において創造力をワークショップを行なっています。本書はそうした活動の中で、佐宗さんが見出してきた創造の本質を学べる内容となっています。本質と言っても難しい内容ではなく、入門書として様々な年代の方がとっつきやすいものとなっています。

続きを読む

『武器としてのヒップホップ』ラッパー視点で見る社会とは?

突然ですが『ヒルカラナンデス』という番組をご存知でしょうか?ラッパーのダースレイダーさん(以下、ダースさん)と、お笑い芸人のプチ鹿島(以下、鹿島さん)さんが時事問題について語るYouTube番組です。

 

ダースレイダーxプチ鹿島 #ヒルカラナンデス 第1回 - YouTube

 

ダースさんは東大に入学し(中退)、社会学者である宮台真司さんのゼミで学んだり、他にも社会問題をはじめ様々なテーマを扱う深掘りtvにも参加。一方鹿島さんは、なんと新聞14紙を買って購読し、時事芸人として活動中。

 

そんな経歴もあってかお二人とも博学であり知識量も豊富。さらにラッパーとお笑い芸人という言葉を武器としている人たちならではの語り口で、時事問題を時に真面目に時におかしく語っています。『ヒルカラナンデス』僕はとても好きなので、まだ見たことない人は是非みてほしいです。

 

で、今回紹介するのはそのダースさんが書かれた『武器としてのヒップホップ』という本なんですが、これが個人的にすごく良かったのでここで紹介しようと思います!

 

 

続きを読む

作詞したものをnoteに移すことにしました。

これまでこのブログに作詞したものを載せていたのですが、ブログのゴチャゴチャ感が凄まじくなってしまったのと、作詞したものを1つのプラットフォームにまとめた方が、自分も他の人も見やすいかなと思うようになりました。そのため、今後は作詞したものをnoteに投稿することにします。

 

オバッチ|note

 

もし、僕の作品に興味があるという人は、時々noteの方も覗いてもらえるとありがたいです!ではまた!

 

 

あの吉原を散歩した結果‥

先日、知人と会うため東京に行ってきました。で、その用事も終わり、ふと「このまま帰るのもなんか勿体無いよなぁ。どっか寄ってから帰ろうかな」と思ったんです。ただ、あんまり遠出もできないしどうせなら都内から自宅のある埼玉に帰る途中で寄れるところがいいだろうと。で、パッと頭に思い浮かんだのが吉原だったんです。

 

ご存知の方も多いでしょうが、吉原とは江戸時代からあった遊廓のことです。元々は、日本橋にあったものの明暦の大火によって焼失し、東京都台東区千束4丁目のあたりに移転したそうです。(吉原という地名は今はない)現在はいわゆる大人のお風呂屋さんが多く立ち並ぶ街として知られています。

 

最寄駅は日比谷線の入谷駅か三ノ輪駅ですかね。ただ、駅からはおそらく10分ほどは歩くためあまりアクセスはよくありません。調べてみると、お店を利用する人たちにはタクシーの送迎サービスなんかもあるそうなので、おそらく駅からタクシーで店の前まで乗り付けるという感じなんでしょうね。

 

なぜ、僕が今回吉原という街に向かったのか?それはもう、「単なる好奇心」です。このブログにちょこちょこ書いてたりするのですが、僕はちょっと怪しい雰囲気や独特の空気をまとう街を歩くのが好きです。わかりやすい例でいえば新宿歌舞伎町であったり、大阪西成の釜ヶ崎の辺りだったりといった場所でしょうか。人によっては「そこ歩くと危ないんじゃない?」なんて思ってしまうようなところですね。そのちょっとアウトロー的な感じが僕の好奇心を掻き立てるわけです。

 

吉原(だった場所)を歩いてみた

f:id:reon5653desu:20220412213524j:plain

※写真これしか撮れませんでした。

 

そんなこんなで、僕は好奇心の赴くままにかつて吉原と呼ばれた現在の台東区千束の辺りに向かいました。上野から散歩しながら行ったので、着いたのは外が夕方17時ごろだったかな。千束4丁目の江戸町通りに着くと、独特の看板や外に立っている客引きの人たちの姿で「あぁ、この辺だな」というのがすぐにわかります。

 

で、僕はとりあえずこの通りを中心にウロチョロしようと思っていたのですが、飲み物を飲みながらきたせいかなんだかトイレに行きたくなってきてしまいました。で、ふと左手を見るとなんとも都合のいいことに公園とトイレがあるじゃありませんか。まぁ、正直「こんな大人の街のど真ん中に公園かーい!」と思いましたが、尿意を催しているこちらからしたらありがたい。ちなみに、後ほど調べたところここは『台東区立吉原公園』というところでした。ここは吉原という名前残してあるんだなぁと思いつつ。

 

で、ここの公園のトイレがまぁ、言っちゃなんですが汚くてね。ちょっと苦手な方には申し訳ないのですが、小便器の周りがどうもびっしょり濡れてたりして「こういうところ掃除とかこないんかな」と思ったり。まぁ、でも用を足せれば万々歳だったので、そそくさと済ませてトイレから出ました。

 

で、先ほどの江戸町通りに戻っていよいよ散歩スタートです。通りの右手には大人のお店がポツポツと軒を連ねています。想像してたのはもっとビッシリそういう系のお店ばかりかと思っていたのですが、案外そうでもなかったり。たまにある路地をチラッと目にするとそちらにもちょこちょこそういう感じのお店の看板があったのですが。とりあえず今はその路地はスルーして江戸町通りを歩きます。

 

で、こういうところを歩いていると必ず「お兄さんいかがですか?」という客引きの人の声があるので、そちらを見てやや申し訳なさそうにペコっと頭を下げて断りの合図を示すのが僕のマイルールです(笑)

 

そんなこんなでいくつかのお店を通り過ぎた頃でしょうか。僕の真後ろから「お兄さん!」と声をかけられました。「また、客引きの人かな?でも、真後ろから声かけるかな?っていうかやけに近くないか?もしかしたらついてきてる?」そんなことを考えながら後ろを振り返ると、そこにいたのは自転車に乗った2人の警察官でした。

 

人生初、路上で職務質問にあう

思わぬ展開だったのでちょっとたじろいでいると、警官2人は僕のすぐ近くに自転車を止めて声をかけてきます。1人は若手で1人はちょっと先輩って感じだったかな?マスクしてるのではっきりとはわかりませんでした。いつの間にか前後挟まれてて、今振り返るとですけど、これ逃げた時にすぐ対応できるような位置なんでしょうね。で、僕の背中側に位置した先輩っぽい警察官が僕に話しかけてきました。

 

※内容はうろ覚えですが、だいたいこんな感じ

 

け「お兄さん。さっきあの公園から出てきましたよね?最近ちょっと事件が多くこの辺巡回してるんですが、今日はどういったご用事で?」

僕「あぁ、ちょっと今日都内で用事があったので、ついでにちょっと散歩しようと思って来たんですよ」

 

け「上野からですか?結構遠いですよね?」

僕「そうですね。まぁ、ちょっと時間あったので散歩がてら来ました。」

け「お住まいは?」

僕「埼玉ですね」

け「埼玉ですか?埼玉からだと結構遠いですよね。」

僕「今日は都内で知人と会う用事があって、そのついでで散歩がてら上野から来た感じです。」

 

こんな感じで、まぁ世間話のような感じでやり取りが続きます。

 

け「お仕事はお休みですか?」

僕「普段派遣のバイトをしてるんですけど、今日は休みにして知人と会ったという感じです。(派遣バイトしててよかった〜無職だったら心象悪いだろうなぁ)」

け「もしよろしければなんですが、身分証とか荷物を見せていただくことってできますか?」

僕「ええ、いいですよ。(来たこれ。時々テレビで見るやつや)」

 

これは任意の取り調べなので、本来荷物を見せる義務はないとは思いますが、特にやましいものは入ってない(はず)ので、背負っていたリュックを先輩の警察官に渡しました。で、警察官がガサゴソとリュックを探ると中から出てきたのは黒い小物入れみたいなやつ。その取り出し方が、なんつーか怪しいものを取り出したみたいな感じ(笑)

 

け「この中には何入れてるんですか?」

僕「えっと、洗顔料とかかな。」

け「普段からこういうの持ち歩いてるんですか?」

僕「ええ、出かける時こういうの持ってると安心なので」

 

この小物入れのようなものの中には、洗顔料や日焼け止め、マスク、アルコールシート、歯ブラシといったものが入れてあります。まぁ、もし仮にネットカフェとか泊まるってことになってもとりあえず汚れとか落とせますしね。このご時世なんでマスクは新しいのにしたいし。

 

警官は一応中身を確認し、怪しいものはなさそうだということで小物入れを元に戻します。その間僕は、もう1人の若手警官に質問してみました。

 

僕「この辺りって事件とか多いんですか?」

け「ええ、けっこうありますよ。前も殺人ありましたし大◯の取引とかもね。」

僕「ええ、怖いですね…。」

け「前なんか街歩いてたらいきなり殴られた人もいますからね」

僕「そうなんですか。それは危ないですね(治安わる!)」

 

そうこうしているうちに、リュックの中は調べ終わり、最後にポケットのチェックもされました。僕はなぜか両手を上げて検査を受けたのですが、若い警官から「両手は上げなくて大丈夫ですよ(笑)」と言われました。テレビで見た海外の警察の取り調べの影響かもね。この辺はちょっとだけテンパってたかもしれない。で、最後にスマホのケースを見せてカード類など怪しいものが入ってないかチェック。特に何も入ってないことを確認して、職務質問は終わりました。

 

け「ご協力ありがとうございました。この辺り危ないのでお気をつけて」

僕「ありがとうございました。失礼します。」

 

深々と頭を下げて警察官から離れました。これで人生初の職務質問終わり。さぁ、このあとどうしようかと思ったのですが、さすがにこの辺りをさらにウロチョロしてまた警察官に遭遇したら、怪しまれるだろうなぁと思って今回は去ることに。歩いてていきなり殴られるのも嫌ですしね(汗)

 

なぜ、職務質問を受けたのか?

そんなこんなで、こうやってブログに書けるようなネタができたぜぇなんて思っていたわけですけど、家に着いてからふと思いました。「なぜ、僕は急に職務質問を受けたのだろうか?」と。で、僕なりに考えてみたところ、2つのの理由が思い浮かびました。

 

①格好が怪しい

②公園のトイレを使った

 

一個ずつ見ていきます。

 

①格好が怪しい

まず、僕のこの日の格好です。この日の僕はマウンテンパーカーに黒のパンツとまぁ、その辺の一般人と変わらない格好をしていました。ただ、顔から上の部分ですよね。コロナ禍なのでマスクは当然してますが、メガネをかけさらにキャップもかぶっていました。顔の部分で肌の露出がめっちゃ少ない状態です。これは怪しいですねぇ(笑)多分、普段僕を知っている人でも遠目からでは僕とは気づかないでしょう。

 

顔を隠すのは何かやましいことがあるに違いない。警察官がそう思うのも無理はないかもしれません。

 

②公園のトイレを使った

僕としては、この②が有力かなぁと。警官との会話で「大◯の取引あった」みたいなことを書いたじゃないですか。で、これは僕の想像なんですけど、もしかしたらあの公園だったりトイレって過去にそういう取引があったりした場所なんじゃないかと。

 

で、あの警察官たちは日頃からあの辺りを特に警戒して巡回していたと。そこに帽子やメガネ、マスクで顔を隠した普段この辺りでは目にしない人間がトイレを使った。なんか物を持ち運びできそうなリュックも背負ってるし怪しいぞと。しかも、こんな大人の街のど真ん中を歩いてるのに、そういったお店に入る気配もない。客じゃないのにこんなところを歩くのは住人かもしくは…。

 

つまり、僕はば◯◯ん、もしくは怪しいおク◯リを買いに来た人間に思われたのではないでしょうか。繰り返すけどあくまで想像ですよ。

 

仮に僕があの公園のトイレを使っていなかったらどうだったのか。果たして職務質問をされていたのか。それは確かめようもありません。

 

最後に

それにしても、初めての職務質問はやっぱりドキドキしましたね。解放された後も、やっぱりちょっと心臓の鼓動が早まった気がします。まぁ、やましいものは何も持ってなかった(太宰治の『人間失格』ぐらい(笑))ので、ことなきを得ましたが、例えばサプリの錠剤とか入れてて「これは何ですか?」って聞かれたらヒェェェって感じでもっと慌ててたかもしれません。

 

まぁ、これに懲りずこれからも色々なところに散歩しようとは思いますが、職務質問はしばらくはごめん被りたいところです。

 

ではまた!


参考サイト

http://www.tokyoseikatsu.com/town_tokyo/shopping/sannya/post-134.php

https://ameblo.jp/retro-nostalgy-kenta/entry-12403093445.html