ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

不登校、ひきこもり、ニートの人が一歩前進するための考え方をまとめてみた。

僕自身の経験や、興味、そして現在NEET株式会社がという組織に属していることから、不登校やひきこもり、ニートもしくはそれに近い人たちとは親和性が高いと思っているし、実際にお会いしたり、関連する本を読んだりしてきてそれなりに知識はあると思っています。

 

で、多くのそういった人たちのことを知る中で、なかなか一歩踏み出せない人がいて、一方で少しずつでも動いて着々と経験を積んでいる人がいるなぁと思うわけです。

 

僕なんかもどちらかというとなかなか動けないタイプの人なので、やっぱ考えるわけですよ。「不登校やひきこもり、ニートの中でも動ける人と動けない人の違いって何なのだろうか?」ってことをね。

 

まぁ、もちろん動ける人が必ずしも正義ってわけではないけども、全く動けないとなると何も起こらないわけです。ベッドの上でじーっとしていたらある日世界が変わってなんてことはまずないので、今の自分の状況を変えていくためには、ある程度は動けること、まずは最初の一歩踏み出せることっていうのは大事なわけですよね。

 

そういうことを考える中で、今回は「不登校、ひきこもり、ニートの人が一歩前進するためには何をしたらいいのか、どういうことを頭に入れておいたらいいのか」っていうのを僕なりにまとめてにることにしました。

 

これが必ずしも正解というわけではないと思いますが、それなりに人と会い、本を読んできた中で出てきたものなので今なかなか動けない人は参考にしてもらえるといいのかなぁなんて思っています♪

続きを読む

『中高生のためのメンタル系サバイバルガイド』思春期の悩みに寄り添ったいい本だと思った!!

ちょっと前に精神科医の松本俊彦さんの書かれた『自傷・自殺のことがわかる本』を読みました。

 

参考記事:『自傷・自殺のことがわかる本』を読んだので感想を書いてみました! - ニート気質な僕の生きる道

 

この本は図解で自傷や自殺が起こる理由、なぜ人は死にたくなってしまうのか、悩んだ時はどういう機関に相談すればいいのかがわかりやすく書かれていて非常にいい本だったんですね。

 

で、著者の松本先生は精神科医ということもあって、ほかにもメンタルに関する本なんかをけっこう出されているんですよね。僕もメンタル系の内容に興味があるので、ほかの本も読んでみようかなぁと思って、今回手に取ってみたのがこちらの本。

 

 

お前とっくに中高生超えとるやないか―い!!という突っ込みが入りそうですが(心は中二だぞ)、この本は中高生だけじゃなくて、僕のような大人の人が読んでもとても役に立つなと思ったわけです。

 

そんなわけで、今回はこの『中高生のためのメンタル系サバイバルガイド』を読んだ感想について書いていきたいと思います♪

続きを読む

堀江貴文さんの「未来を想像することには意味がない」という考えはめちゃくちゃ大事だと思う!

先日、堀江貴文さんと落合陽一さんの共著『10年後の仕事図鑑』を読んだ感想を書きました。

 

参考記事:堀江貴文さんと落合陽一さんの『10年後の仕事図鑑』を読んだ感想を書いてみました!! - ニート気質な僕の生きる道

 

この本は働き方、仕事、生き方、お金についてなどなど、これからの時代を生きる上でヒントになる考え方が書かれていて、個人的にオススメの一冊です。

 

 

続きを読む

人が嫌いで学校に行きたくない人はどうすればいいのか?

f:id:reon5653desu:20180906111044j:plain

 

今回は僕のブログに検索で来てくれた方へ、アンサーのような形で記事を書いていきたいと思います。

 

キーワードは「人嫌い 学校行かない」です。

続きを読む

『親切は脳に効く』を読んだら、けっこう良かったので紹介してみた!!

先日、ちょこっと面白い本を読んだんですよね。

 

『親切は脳に効く』っていう本で、人に親切をすることでこんないい効果がありますよーっていうのを、科学的な根拠なんかも交えて教えてくれている一冊です。

 

親切は人を幸せにし、心臓によく、老化を遅らせる。親切は人間関係を改善する。そしてどんどん拡散する。親切な行為をすると、この五つが一緒についてくるのだ。

引用元:『親切は脳に効く』p10  著者 ディビッド・ハミルトン サンマーク出版

 

↑の引用文に書かれているように、親切は幸せにしてくれるぜ、体にもいいぜ、人間関係も良くなるし、どんどん親切が広がっていくぜっていうことがひたすらバーッと書いてあるわけです。で、この本を読むと確かに「親切っていいじゃん。自分も人に親切にしよう」って思えるんですよね。なぜなら親切をすることのメリットがとても明確に書かれているからです。

 

で、僕がこの本に書かれている親切のメリットの中で、特にいいなぁと思ったのが「親切は伝染する」っていうことなんです。

続きを読む