ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

『AI vs教科書が読めない子どもたち』AIの現実と僕たちの社会が抱えている問題とは?

AI(人工知能)に関してよく言われているのが「AIによって仕事が奪われる」といったものです。すでに、僕らの社会には様々な機械が仕事場に入り込み、人のサポートをしたり、あるいはこれまであった仕事がなくなっています。今後もさらに機械化が進んでいければ間違いなくさらに多くの仕事がなくなっていくでしょう。

 

ですが、僕らの社会はテクノロジーの進化の度に新しい仕事も生み出してきました。パソコンができれば、パソコンのメンテナンスや、Webサイトのデザイナー、プログラマーなどなど。必要に応じて人は新しい仕事を生み出し、そこに吸収されていく。だから、一時的に失業者は増えるかもしれないけど大丈夫だ。テクノロジーの進化に人は対応できる。そう楽観的に話す人もいますよね。

 

でも、はたしてそうでしょうか?そんな楽観論に対して警鐘を鳴らす人がいます。数学者の新井紀子さんです。今回はその新井さんの書かれた『AI vs教科書が読めない子どもたち』という本を紹介したいと思います。

 

 

この本を読むと以下のようなことがわかります。

 

  • 僕らがAIに抱いている理想と現場の人の認識している現実とのギャップ
  • AIの何が得意で何が不得意なのかといった能力の部分
  • 人間はAIにできない仕事ができる能力があるのか?

 

AIに過剰な期待を抱くでもなく、かといってAIを過小評価するでもなく、僕たちの社会にAIがどんな影響をもたらし、今間近に迫っている危機について提示してくれている良書だと思います。では、この本には一体どんなことが書かれているのでしょうか?少し、その内容に触れていきたいと思います。

続きを読む

退屈で空虚な日々を埋めるには?

ここ最近、ふと「退屈だ…。何か虚しい」と思うことがあって落ち込んでいた。俺は今後何をすればいいかわからない。人生完全に迷子になってる。

 

そんな時にふと読んでみたのが『退屈の心理学』という本だった。

 

 

サブタイトルにもあるように退屈というものは人生を好転してくれるらしい。今のところ、自分が感じる退屈がどう人生を好転させてくれるのかが僕にはわからなかった。だから、この本を読んだ。この退屈で虚しい日々からどうにか抜け出したいと思ったからだ。

続きを読む

『超プロヒモ理論』ヒモが語る幸せになるための生き方とは?

ちょっと前にたまたま寄った本屋でめっちゃ気になるタイトルの本があって、思わず手に取ってしまったんですよね。そのタイトル名は『超プロヒモ理論』

 

「いいねぇ、攻めてるねぇ。」なんて思いつつ、好奇心を刺激されはしたんですけど、その場では購入しなかったんですね。ただ、後にTwitterで「こんなおもろいタイトルの本があったぞ」とつぶやいたところ、関係者の方から「買ってもらえると嬉しいです」みたいなコメントいただきまして、「じゃあ、買いますかぁ」となりまして(案外そういう直コメとかで動かされたりします)ちょっと前に購入させてもらったわけです。

 

そんで、つい先日ようやくこの本を読み終えまして、これが単なる「ヒモになるための方法」といった内容ではなく、今の自分や、ちょっと生きづらさを抱えているような人の参考になりそうだなぁと思ったので、今回紹介させてもらうことにしました。

続きを読む

最近学んでいることや学びのきっかけについて書いてみる。

毎日というわけにはいかないが、最近はまたボチボチと日記なのかなんなのかよくわからない、曖昧な文章を書いている。

 

今回は僕が最近学んでいることについて書いてみようと思う。

続きを読む

7月がいつの間にか終わっていた

いつの間にか7月が終わり8月に入っていた。このままではあっという間に8月も終わり、「この夏俺は一体何をしてどんなことを考えていたのか‥」と後々振り返っても思い出せない可能性が高いので、ここに備忘録として残しておく。

 

7月に入ってから久々にバイトを始めた。新型コロナウィルスのワクチン接種会場の運営をサポートする仕事だ。週に4日から多くて5日。平日は短くて4時間程度で、日曜や祝日は休憩含めて8時間は拘束される。8時間はやはり長い。まぁ、この仕事についてはまた別で詳細を語ろうと思う。

 

当たり前だがバイトをするとお金がもらえるようになるし、職場まで移動するので運動量と消費カロリーが増え体が引き締まるなどのメリットがあるが、やはり個人的には映画や本に触れる機会が減る、休みの日でも次の日の仕事の時間に予定が左右されるなどデメリットを感じてしまう。

 

あぁ、やはり労働のデメリットの方に目を向けてしまう自分は労働にすこぶる向いていないのだと思うが、頭が悪い自分にとっては労働で自分の体に鞭打って金を発生させるしかないのだろうとも思う。世の中には金を稼ぐ手段が溢れているのはわかるが、それをうまく活用できない自分がもどかしい。やはり自分はバカなのだろうなと思う。少なくとも頭は良くはない。まぁ、薄々わかってはいたことだ。

 

それにしても映画や本に触れる時間がドッと減るのはやはりストレスだ。仕事から終わった後家に帰ると、どうしても疲労感があって映画を一本見ようとか、ちょっと難しい本に挑戦してみようかという気になかなかなれない。とはいえ、それでは進歩がないので、無理矢理自分を動かしてみるけども、途中で睡魔に襲われ内容をほとんど覚えていなかったりする。その度に「もう一回見なくちゃいけないじゃんかぁ」とため息をつく。ハイスペックになりたい。

 

そんな自分の消耗ぶりを日々実感するので、普段バリバリ仕事をして家族サービスをし、その上映画や読書といった趣味を深いところまで突き詰められる人には、素直に尊敬の念しかない。ましてや、メインの仕事を持ちつつ、別の分野でも質の高いアウトプットをし、周りから評価を得られているような人を見ると、どうしても自分と比較して肩を落としてしまうことがある。

 

俺なんか仕事してない時ですら人から評価されるようなもの文章や創作物など生み出せなかったのに。あぁ、イカンイカン。ここで比較して卑屈になってしまってはどんどん沈んでいくばかりだ。無理に前向きになる必要はないが、必要以上に自分を貶める必要もない。卑屈になるのはしょうがないが、卑屈のままでいるのはよそう。自分で自分の首を絞めないようにしないと。


学ぶ意欲、新しいことを知りたい意欲は衰えていないのでそれを大切に育てていく。好奇心は自分の財産だと思っている。

 

こんな感じで上がったり下がったりしながらうだつの上がらない日々を過ごしているが、まぁ、旅をするだとか今後もやりたいことはそれなりにあるので、8月もバイトをしつつ生きていきます。

 

あと、忘れ去られたサービス『レンタル同行人』も引き続きやってるので、興味がある方は依頼してみてください。30半ばのおっさんがあなたとご一緒してお話聞いたりします。

 

『レンタル同行人』のルールや利用方法についてまとめてみた。 - ニート気質な僕の生きる道

 

ではまた!!