ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

スポンサーリンク

動画投稿のこれからのあり方を考える。YouTubeで食べていくという本を読んだ感想を書いてみました。

どうも、ラッキーマンです。

 

このブログを書いている日は、あいにくの雨模様。だいぶ気温も下がっていて家の中で震えながらこうしてブログを書いております。ほんともう雨とかテンションだだ下がりだわー。まぁ、元々低いテンションの低さに拍車がかかる中どうにかこうにか日々を過ごしております。

 そんな僕が、今回読んでみた本はこちら!!

 

著者の愛場大介さんはご自身でもYouTubeチャンネルを運営している方で、ジェットダイスケという名前で活動しております。ジェットダイスケさんのチャンネルはこちら

www.youtube.com

 

まず言いたいのは、本書は『YouTubeで稼ぐためには?』 というノウハウ本のようなものではありません。もちろん、YouTubeで金銭が発生する仕組み等について簡単に触れられていますが、視聴者や動画再生回数を増やすためのテクニック、ノウハウといったものを学ぶための本ではないというのをご理解ください! そういった知識がほしい方は別の書籍などを購入した方がいいと思います。

 

では、この本はどういったものなのかと言いますと、『YouTubeを含めた動画投稿サービスは今後どこに向かうのか?』 というのを、著者が分析し最新の動画サービスについても言及しつつ未来を想像していくというものです。

 

 

実際、著者の愛場大介さんは動画投稿サービスが今みたいに普及する前から、動画投稿をされておりかなり精通されている方なので、非常に説得力があります僕は読んでいて、YouTubeやニコニコ動画以外にも色々なサービスがあることを知ったし、動画投稿サービスって色々な可能性を秘めているジャンルだなーと改めて認識をしました。

 

 

ただ、僕がこの本を読んでいて一番面白いなーと思った部分が 『現在YouTubeで実際に動画投稿をしている人気YouTuberへのインタビューのコーナー』です。一言でYouTuberといってもその動画の目的は様々です。

 

 

『企業とタイアップして商品紹介を中心にするもの』『別に本業があってそちらへの集客を目的にするもの』『自分たちの作品を発表する媒体として使うもの』などなどみんながみんな、商品紹介ばかりじゃないんですよね。

 

 

あと『○○してみた』とかそんなものばかりでもない。結構色々な目的があってYouTubeを活用しているんだなというのが分かるのがこのインタビューですね。このインタビューではそんな彼らが、YouTubeを始めたきっかけや、どうやって視聴者数や動画再生数を増やしていったのか?そこに至るまでの試行錯誤の様子なども本人の言葉で語られており、非常に興味深い内容でありました。

 

彼らへのインタビューから『動画投稿のあり方』というものを考えると、単に『動画投稿で稼ぐ!!』っていうのもありだとは思うんだけど、それ以上に『YouTubeを含めた動画投稿で何をしたいかが大事じゃない??』っていうのが筆者の言いたいところなのかなと思います。 僕は⇩の記事で『世界のYouTuber』の凄い稼ぎ方を見て、いい時代が来たもんだなと思いました。

 

reon5653desu.hatenablog.com

 

ただ 正直、この記事で紹介した方々のように動画投稿だけで稼げるのなんてほんの一握りだと思うし、それはこれから先もそんなに変わらないんじゃないかなと思います。でも、動画投稿を利用して別の目的を達成しやすくなるのがこれからの世界なんじゃないかと。

 

 

それはお客さんに自分のサービスを知ってもらう広告だったり、集客だったり、あるいは自分自身のブランディングだったりとかですね。他にも使い方はいろいろあると思います。

 

 

そういったダイレクトに『稼ぐ』だけじゃない活用の仕方。もちろん、単純に自分が楽しみたいから動画をアップするというのもありだと思うし、そういう多様な使われ方をするのがこれからの動画投稿サービスなんだろうな、なんて事をこの本を読みながら考えておりました。

 

 

非常に内容もわかりやすいし、興味が持てる内容でしたので、僕はあっという間に読んでしまいました。動画投稿についてあんまり知らないという方であっても楽しんで読める一冊になっていると思います!興味がある方はぜひご覧になってみてください(^^