ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ブログの読者さんと会っていろいろお話を聞いてみた!!

ブログ界の片隅でくだをまく僕のようなブログにも読んでくれる方はいて、ありがたいことに時々コメントなどをいただくことがあります。

 

つい先日もある方から連絡をいただきました。ただ、いつものコメント下さる方達とは違っていてどうやら僕と会って話をしたいから連絡をしたとのこと。

 

一瞬「何かの勧誘かな?」とも思いました。Twitterとかではセミナーに勧誘されるなんてこともあるし、実際僕も一度あるTwitter経由であった女性からセミナーにお誘いされた経験があります。(もちろん断ったけど)そんなわけで最初は少し警戒をしたわけです。ただメールの文章を読んでみるとその方もなかなか仕事が続かず今後どうやって生きていこうかを悩んでいるとのこと。どうやら勧誘とかではなさそうです。

 

まぁ、僕自身も迷いまくりのブレまくり真っ最中なのでエラそうなことを言えるわけでもありませんが、知っていることを話したり、その方の話を聞くだけならできるかなーと思い、お会いしてみることにしました。

 

ブログの読者さんと実際に会ってみた

f:id:reon5653desu:20171212152922j:plain

そんなわけでこの記事を投稿した少し前に読者さんとお会いしてきました。場所はお互い同じ県に住んでいるということで、どちらからも近い駅で待ち合わせすることに。

 

お会いした読者さんは僕より若い20代半ばの方。暗くもなくむしろ明るい感じでした。かつては引きこもり経験もあったみたいですが、とてもそうは見えませんでしたね。それにしても20代っていいなぁ、若くて‥‥‥。おっと、すいません。思わず心の声が(*_*)

 

待ち合わせ時に軽くお話をしたところ、お互いに昼ご飯を食べていなかったのでゆっくりご飯でも食べながらお話をすることにしました。ただ、話す内容がわりとプライベートなことなので、個室もしくはそれに近い形態のお店の方がいいですよねということになり、その条件に合うお店を探すことに。

 

確かにニートとか無職とかの話は大っぴらなカフェとかではしづらいですからね(笑)リア充の学生とかカップルの横でニート話は気が引けるし、めっちゃ声が小さくなりそうです(*_*)

 

店を探しながらちょこっとお話をしたのですが、聞いた感じでは今は仕事をやめてはいるけど、僕より全然真面目だし仕事も長続きしてるしで「はたして自分の話なんか参考になるんだろうか?」と不安になりました(笑)僕がお会いする人って大体僕よりしっかりしてるんですよねぇ( ;∀;)

 

そんなこんなでしばらくプラプラとしたのですが、なかなか条件に合った店が見つかりません。すると読者さんから「なんなら焼肉チェーン店とかの方が周りとも仕切られてるし、個室あるところもあるので話しやすいかもしれませんね」という提案を受けたため、皆さんもよくご存知のあ〇〇〇ていという焼き肉チェーン店に行くことに。

 

焼肉を食らいながら読者さんの話を聞く

f:id:reon5653desu:20171212153101j:plain

※写真はイメージです

 

店に入った時はお昼時でしたが平日ということもあってか、幸いにも店内は空いてて待つこともなくすんなりと席に着くことが出来ました。お互いランチメニューを頼みしばらくすると肉やごはん、サラダなどが到着。高級肉ではなくても目の前でジュージューと焼いて食べる肉はやっぱりうまいっすね。

 

焼肉を味わいながら日常の話、仕事の話、職歴の話などをしていきます。その方のプライバシーがあるため詳細は避けますが、やはり人の話を聞くのは面白いっすね。100人いれば100通りの生き方があるんだなぁと改めて実感。はじめての人と会うと最低でも一回は「へぇ、そうなんだ。知らなかった。」という発見があるから面白い。僕は人見知り人間だけど、こういう発見があるから時々人と会いたくなるのかもしれません。

 

そんな感じで色々とお話をしていたのですが、ここで「幸せについて」というなかなか深いテーマについてお話をすることに。

 

幸せってなんじゃろな?

f:id:reon5653desu:20171212153653p:plain

というのも、その読者さんはある人の教えから「人から認められることこそが幸せである」という考えを自分の核としてこれまで過ごしてきたそうなんです。「そうだ!人に認められてこそ幸せだ!人に認められるような生き方をしよう!!」そう思って、これまで仕事を選んできたしそういう志で仕事をしてきたと。

 

人から認められるというのは自然なことだと思うし、人に認められようと頑張ることは素晴らしい事だと思います。マズローの欲求5段階説では人には承認欲求がある、つまり「他者から認められたい」欲があると言われています。人に認められたいと思う事は自然なのかもしれません。僕なんて人から認められないような生き方しかしてないからなぁ‥‥‥。

 

ただ、この読者さんはその考えで今まで頑張ってきたんだけどどうにもしっくりこなかったらしいんです。最初は人から認められよう、それが幸せなんだという思いで仕事を始めたりするんだけどどうも長続きしない。

 

それはなぜなんだろうか?もしかしたらこの考えは違うのかな?おばっちさんは幸せについてどう考えているのか?その辺について聞きたいとのことでした。なかなか難しい質問でしたが、僕はこんな風に答えました。(録音してないので一言一句正確ではありません)

 

「人から認められようとすること、認められることが幸せであるからそれに向かって頑張ることは素晴らしいこと出し、それが幸せだと本当に思うのならその考えでいいと思います。ただ、一つ覚えておきたいのはそれが他人基準の幸せになっていないのか?ということです。他人から認められるのが幸せということは他人から認められないと幸せではないとも言えるわけですよね。となると、自分の幸せが他人の手に委ねられてしまうとも言えるんじゃないでしょうか?」

 

「個人的には順番が逆だと思っていて、読者さんが本当にやりたいことや楽しいと思うことなんかに全力で打ち込んで、それが人の役に立ったリして認められる、その結果として他人にも喜んでもらえるし自分も幸せだなと思える。その方が無理がなくていいと思いますよ。」

 

みたいな感じでお伝えしました。(ちょっと前の話なんでもしかしたら盛ってるかもしれません、もうちょい適当だったかも?)

 

まぁ僕のような人間が幸せについて語るなんておこがましいかもしれませんが、読者さんの考えは良くも悪くも他者ありきなんじゃないかな?と。もちろんそれでもいいんだけど、実際にはあまりいい方には進んでいないと。であるならば、ちょっと考え方を変えてみてもう少し自分本位で、自分のやりたいこと学びたいことなんかを大切にしてみた方がいいんじゃないかなと思ったわけです。そのことをお伝えしたところある程度は納得してもらえたんじゃないかなと勝手に思っております。

 

ちなみにこの読者さんは今働いてないんだけど語学を勉強していてそれがとても楽しいらしいんですね。しかも誰に言われるでもなく自分で勉強を始めたと。それってすげぇことじゃないですか。自主的に何かをするってなかなかできることじゃない。

 

だから僕は「いいっすね。それ勉強して結果として誰かの役に立てたとしたらそれが一番いいんじゃないですか?」ということをお伝えしました。自分がやりたいことをやってその結果として人から認められるという形が見えたわけです。

 

さらに勉強の過程をブログでアウトプットしたらいいんじゃないか?ということをもお伝えしてみました。人に教えるようにブログを書けばそれが自分の学びにもなるし、誰かの役にも立てますからね。まぁ、やるかどうかは読者さんしだいですが一つの方向性としてはアリなんじゃないかな?

 

そんなこんなで2時間以上お話をして、この日は終了!!実に色々なお話をさせていただいて僕にとっても有意義な時間になりました。読者さんにとっても有意義になれば嬉しい限りです♪

 

まとめ

幸せって難しいですね(*_*;僕も「人にとって何が幸せなんだろうか?」と考えることがありますが、その答えははっきりとはわかりません。まぁ言ってしまえば「人それぞれなんじゃないか」ということ。

 

ただ今回もお伝えしたようにあんまり他人ありきで幸せを求めてしまうのは、ちょっとしんどいかもなぁとは思います。他人にぶん回されてしまうと自分の幸せというのを見失ってしまうんじゃないかと読者さんと話していて改めて思いました。

 

時々こういう風に人と会うのは楽しいし新しい発見があるので、また今後もいける範囲であれば積極的に人と会っていければなぁなんて思っています♪

 

それでは今回はこの辺で失礼します!

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。