ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

『ニート 30代 親孝行するには』で検索をされた方へ

f:id:reon5653desu:20180714210134j:plain

 

今回は僕のブログに検索で来てくれた方へアンサーのような形で記事を書いていきたいと思います。

 

検索ワードは『ニート 30代 親孝行するには』です。

 

おそらくこのワードで検索をした方というのは、現在30代のニートの方なのでしょう。で、多分親に対してニートでいることを申し訳なく思っていて、「どうしたら親孝行ができるのか?」ってことを考えているのではないかと。

 

親孝行は素晴らしいが‥‥‥

f:id:reon5653desu:20180801202455j:plain

親孝行は確かに素晴らしい。出来ることならすればいいし、僕もそのことを否定する気は全くありません。ただね、「親孝行は自分に余裕がある時でいいんじゃないか」っていうのがぼくの考えなんですよね。

 

例えば、新入社員がよく初任給で親に何かプレゼントを買ったり、食事をおごったりっていうのがあってあれが親孝行だなんて言われたりするじゃないですか。でも、あれって別にそうするために就職したってわけじゃなくて、「就職して今までよりちょいとお金があるから、じゃあ何か美味しいものでも食べてもらおうかな」っていう流れだと思うわけです。

 

なので、もし現在ニートの人で「親孝行しなければ」って焦っている人がいるのだとすれば、そこはそんなに焦んなくてもいいんじゃないかな?だって、あなたの人生は親孝行をするためだけにあるわけじゃないでしょ?まずは自分の人生を幸せにすることが最優先だと思うんですよね。だったら、そこに縛られない方がいい。

 

僕としては今自分ができることをやって、今の状態から少しでも前進してっていう方に意識を向けた方がいいんじゃないかと思います。

 

30代ニートの人って言っても、各々立場は違いますからね。今すぐに就活しちゃいましょうっていう人もいれば、バイトからスタートした方がいいかもっていう人もいるかもしれない。サポステのような場所でまずはカウンセリングからという人もいるでしょう。自分で稼ぐことを考えてみるのもいいはずです。人によって課題は違うわけですから、まずはその課題に対して自分の力を注いで動いてみればいい。

 

そんであれこれ動いてみてちょっと余裕ができたとしたら、「じゃあ、ちょっと今まで苦労かけたから親孝行でもするか」っていう風にすればいいんじゃないかな?

 

僕は親になったことないからわからんけども親御さんだって、子供があれこれあがいてる中で「親孝行しろよ!!」とはいう風には思わないんじゃないか?まぁ、してくれたら嬉しいぐらいだと思う。むしろ、あなたがこれからどう生きるか、自分なりの方向性みたいなものを見つけて動き出してくれた方が嬉しいんじゃないかと。まぁ、これはあくまで僕の想像でしかありませんが。

 

まぁ何にせよ「親孝行しなければならない」という風にあまり考えすぎない方がいいんじゃないかなと思ってます。

 

もちろん、余裕があるならジャンすればいいんですよ。しちゃダメっていうわけじゃないですからね?あくまで、それに縛られないようにしましょうっていうことです。

 

親孝行といってもそんなに大げさに考えなくてもいい

f:id:reon5653desu:20180801202635j:plain

ニートになると「迷惑かけたからなんかちゃんとした親孝行を‥‥‥。」って考えがちだけど、別にそんな大げさに考えなくていいと思います。っていうか、ニート状態でもやろうと思えばいますぐにできることもあります。

 

例えば、これまであんまりやってこなかったのなら家の手伝いをしてみるとかね。ゴミ捨てを自分が担当するとか、親だとちょっとしんどい高いところを掃除するとか、皿洗いは自分が担当するとか、なんだっていいと思うんですよね。ちょっと体調崩してたら、自分が買い物行くとか、軽く料理を作るとか、飲み物を寝床まで持っていくみたいなことだっていいはずです。

 

そういうちょっとしたことを普段からやりつつ、「あっ、ちょっと余裕出てきたな」ってなったら、例えば「食事に連れていく」とか「旅行のお金を出す」みたいなわかりやすい形ですればいいと思います。

 

何にせよ、親孝行することに自分の行動を制限されてしまったり、疲れてしまったら本末転倒ですからね。無理のない範囲でできることをやっていきましょう。

 

まとめ

そんなわけで、今回は「ニート 30代 親孝行するには」で検索された方に、僕なりの考えをお伝えしてみました。今回の内容をまとめると

 

  • 親孝行をするのはいいが、自分の行動を縛られないようにしよう
  • 親孝行を別に大げさに考えることはない。日常の家事の手伝いから、親が困った時にサポートするなど簡単なこともやってみよう

 

という感じです。

 

繰り返しになりますが、親孝行をしようと考えること自体はいいことだと思うし、止めることはありません。ただ、何かこうそれがあなたにとってプレッシャーになっていたり、申し訳ないと自分を責めてしまうのだとしたら、いったん親孝行のことを考えるのはやめた方がいいのかなぁと思います。

 

あまり無理をせず、やれることからやっていきましょう♪

 

それでは今回はこの辺で。