ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

池袋カレー部に参加してきた!!

先日、レンタルオバッチを利用してくださったつっちーさんのお誘いで『池袋カレー部』というカレーを食べながら色々とお話をするオフ会に参加してきました♪

 

つっちーさんと会った時の記事はコチラ!

 

この池袋カレー部は、じゅんさん方が主催しているオフ会なんだけど、これが非常に楽しいイベントだったんです。カレーを食べながら初対面の人と色々話すというのも新鮮な時間だったし、じゅんさんご自身の存在も非常に興味深かったんですよね。色々とお話をする中で参考になる部分も多かったんです。 

 

そこで今回はこの『池袋カレー部』に参加した感想や、じゅんさんとはいったいどんな方なのか、その辺りのことを書いていきたいと思います♪

 

そもそも池袋カレー部とは?

先述したように、池袋カレー部はじゅんさんが主催されているオフ会です。「池袋にあるカレー屋さんでカレーを食べたり色々とお話をしましょう」という会になっています。

 

じゅんさんは、『池袋カレー大全』というサイトを運営されているほど池袋のカレー屋さんには詳しい方で、例えば「美味しいカレーが食べたい」とか「珍しいカレーの食べられるお店に行ってみたい」といったリクエストにも応えてくれるわけです。(美味しさとかはじゅんさんの主観)

 

今回僕らが行ったのは火星カレー!!

で、僕は今回「珍しいカレーが食べられるお店に行きたいです!」というリクエストしまして、じゅんさんが紹介してくれたのが『火星カレー』というお店です。

 

 

 

看板を見てもらうとわかりますが、火星カレーでは鶏や豚などの定番カレーと共に、『鹿カレー』や『鴨カレー』、『カンガルーカレー』といった、普段なかなか食べる機会がないカレーを食べることができます♪

 

まぁ、ぶっちゃけ、ふだんのぼくならこの看板見てもおそらくスルーしちゃいますね(>_<)僕食べ物に関してはあんまり冒険しないので。そういう点でも今回のオフ会で、「こういうカレー屋さんがあるんだ」ということを知れたことはまた一つ世界を広げるきっかけになって良かったなぁと思います♪

  

で、僕が今回頼んだのは馬カレーです。馬肉を食べること自体そうそうないし、ましてやカレーと組み合わせて食べるなんて初めてということで、いったいどんな味なのか気になって注文してみることに。注文時にご飯の量とスパイスの辛さを選べるとのことなので、僕は中盛、中辛でお願いしました。

 

これが意外と馬肉にクセがなくて、スパイスもピリリときいてうまかったんですよね♪ちょうどいい辛さでバクバクイケる♪

 

僕が頼んだのは馬カレーです。盛り付けもおもしろいんですよね。円盤のように丸いお皿にご飯とルーが盛られれて真ん中に馬肉が乗っかってます。肉の量も結構多かったです♪

 

じゅんさんとつっちーさんとカレーを食べながら語り合う!!

つっちーさんとは以前にもお会いしていて、ある程度どんな方かは知ってはいます。一方じゅんさんに関しては今回初対面だったので、経歴など含め色々とお話を聞くことに。

 

まずはじゅんさんの簡単な経歴から。じゅんさんは、もともと人と接するのがあまり得意じゃなかったんだそうです。で、27歳の時に一念発起してそれを克服するためにナンパを始めたんだそうです。

 

聞いて驚いたのですが、その数なんと2年半で1万人!!1万人ですよ!?みなさん。もちろん、すべて成功というはずもありませんが、それだけの人数に声をかけ続けただけでもすごいですよね。中には成功して、親しくなった人もいるそうです。

 

っていうか、人が苦手だからってナンパしようって発想がすごいっすよね。しかも1万人‥‥‥。僕なら最初の数人に声をかけただけで心が折れそうです(笑)

 

で、そのナンパ経験を通じて、確かに人にたくさん言葉をかけることには成功したと。ただ、それでも人は怖かったし、後にはメンタルの調子を崩して精神役に頼ったりすることもあったとのこと。

 

でもどうにか仕事をしなきゃならないとのことで、出会ったのがウェブデザインの仕事。じゅんさんは、ウェブデザインを学んだ技術を活かして『池袋カレー大全』のサイトも作ったそうです。

 

ただ、そういった仕事をしてはいたものの、幼少期から抱えていた「人と関わりたい」という思いは消えず、今では話し方の学校に通ったりもしていて、その一環で『池袋カレー部』も開催するようになったとのこと。ちなみに、僕が参加した時はまだカレー部の活動を始めて2か月ぐらいだそうです。

 

結構長期間やってるのかなぁと思ったらまだ2か月ということでこれまたビックリでしたね。もっとベテラン参加と思うぐらいに慣れてるオーラが全快だったので。

 

こんな感じでじゅんさんのオフ会主催者としての板につく感じに、感心していたわけですが、僕がふと気になったのは「数ある料理の中からなんでカレーなのかな?」ってこと。じゅんさんに聞いたところ、「カレーだと人が集まりやすいから」と答えてくれました。

 

確かにカレーって嫌いな人あんまり聞いたことないし、種類も豊富だから○○カレーは苦手な人でも別のカレーは食べれたりするので、参加しやすいんですよね。じゅんさんは、池袋にあるカレー屋さんにかなり詳しいから、個別のリクエストにも対応できる。

 

それに、食事をしながら話すと、お互いにリラックスしながら会話ができるし、心理学的にもいい印象を持ってもらいやすかったりするんですよね。そういう点でも「カレーを食べながらお話をする」この『池袋カレー部』はとてもよく考えられたオフ会だなぁと思いました♪カレーもうまかったしね(^^)

 

で、今後じゅんさんはどんなことがしたいのかというと、ご自身のこれまでの経験をもとに、対人恐怖を克服するためのコミュニティやオンラインサロンなんかをつくりたいんだそうです。

 

この辺はじゅんさんの強みですよね。じゅんさんは元々人と接するのが苦手だったから、そういう人の気持ちもわかる。そして、それを克服してきたからアドバイスもできる。さらに、今でも話し方教室に通うことで、より「うまくコミュニケーションをとるにはどうすればいいのか?」のスキルを学び、オフ会を開催することで着々と学んだことを実践したりもしているわけですね。

 

世の中には、おそらくじゅんさんと同じように、「人と接するのが苦手なんだけど人とは関わりたい、その方法を知りたい」っていう人は一定数いるだろうから、需要はあるんじゃないかな。

 

いいっすねぇ。そういうやりたいことが明確な人っていうのはやっぱり強いよなって思います。僕も、「これやりたいんだ」ってことを明確にしてそれに打ち込みたいものです。

 

こんな感じで、いろいろとお話をしているうちにあっという間に2時間以上が経ってました。いい時間になったので、お店を出て池袋の駅まで雑談。途中、店でカレーを飲み過ぎた僕の膀胱が破裂寸前になるというちょっとした?トラブルがありましたが、無事事なきを得て、オフ会は終了となりました!!

 

まとめ

そんなわけで、今回は『池袋カレー部』に参加した感想を書いてみました。

 

カレーも美味かったし、じゅんさんという面白い経歴を持つ人とも話せたので、とても楽しいオフ会でした。

 

じゅんさんの中にはまだまだ様々なカレー屋の情報があるみたいなので、次にご一緒するときはまた別のカレー屋さんで色々とお話が出来たらなんて思ってます♪

 

それでは今回はこの辺で!!

 

【じゅんさんの情報】

じゅん@池袋カレー部 (@jungroundhogday) | Twitter

【池袋カレー大全】池袋カレーのすべてがここに!!

 

【火星カレーの情報】

火星カレー - ホーム - 東京都 豊島区 - メニュー、価格、レストランレビュー | Facebook