ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

キャンピングカーで移動生活なんていうのも楽しそうだと思った話。

先日、テレビを見ていたら芸能人が『キャンピングカーを買う』という企画を行っていた。

 

僕自身、実は密かにキャンピングカー生活というものにあこがれている。

f:id:reon5653desu:20160203124013j:plain

日本中を旅しつつ、疲れたら後部座席にある居住スペースで休憩する。テレビをのんびり見る。ゲームをする。好きな本を読み、好きな音楽を聴くのもいいだろう。

狭い空間で寝る事も全然苦ではないし、乗り物酔いもしないタイプなので体調を崩す心配もないだろう。 

 

今は冷暖房機器も充実しているだろうし、ナビがついているものがほとんどだ。キッチンもあるだろうし、料理がめんどくさければ電子レンジを持ち込んでしまえばその辺の問題も解決できる。

 

お風呂はどうだろうか??シャワー位ならついてるものもありそうだし、なければ車で移動して銭湯のある施設まで行けばいい。いやっ、その土地その土地の温泉施設なんかにキャンピングカーでいくのもいいかもしれない。

 

車の運転は結構疲れるし、それを癒すという点でも温泉を回るというのはありかもしれない。想像しただけでも楽しそうだ。

 

また、今は日本中にある『道の駅』を回ってみるのもいいかもしれない。

道の駅は、その地域の特産品だったりとかが安く買えたりする場所だ。

 

日本だけでも僕が食べたことがないものはまだまだたくさんあるだろう。もしかしたらとんでもなく美味しいものがあるかもしれない。有名なお店に行くのも楽しそうだ。

 

あるいは絶景スポットを回るのもいいだろう。

 

その道中無名だけども美しい風景にもたくさん出会えるはずだ。のんびりその風景を楽しみながら途中休憩をしてボーっと美しい風景を眺めていたい。大あくびをしながら季節ごとの風景を楽しみたい。

 

こんな感じで妄想してみると、キャンピングカーを使って次々とやりたいことが出てくる。時間はかなりかかるだろうが、おそらく充実した旅になるはずだろう。

 

まあ、唯一不安があるとすれば『冬の運転が怖い』ことぐらいだろうか。バリバリの関東人である僕にとって雪国での運転というのは未知の世界だ。

 

毎年のようにスリップ事故は起こるし、スタッドレスタイヤにしていても事故が起きてしまったりもする。まぁ、それに関しては冬の間は旅を休止するという選択をすればよい。

 

「じゃあ、実際キャンピングカーはいくらなのだろうか??」

 

いくら妄想してみても、キャンピングカーを手に入れないことには何も始まらない。

 

番組で芸能人が購入しようとしていたのは大体500万~600万程度のワゴンタイプであった。正直高い。もう少し安いものはないものか??一応調べてみるとどうやら中古のキャンピングカーというものもあるようだ。

 

www.carsensor.net

 

ここでの相場も大体

 

『200万~600万』

程度といったところだろうか。

 

なるほど、ニートの僕には厳しい買い物だが、ある程度お金がある人であればかえなくもなさそうだ。

 

「ああ、宝くじで10億当たらないだろうか‥‥‥」

 

そう思ってる限り一生買えないと思うので、まずはお金稼ぐ術を身につけなければとしみじみ思ったそんなある日の午後であった。