ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

スタジオ設立30周年記念。ピクサー展をのんびり楽しんできました。

f:id:reon5653desu:20160319231237j:plain

 

東京都江東区にある『東京都現代美術館』で開催中のピクサー展に行ってきました♪

PIXAR: 30 YEARS OF ANIMATION

 

実は、ちょっと前にISSEYMIYAKE展を見に、六本木の国立新美術館に行ったっていう記事を書いたのですが、おんなじ日にハシゴしました。どうせ東京行くならまとめてこっちもいっちゃおうって事でね。普段あんまり東京行くことないのでせっかくの機会ですからね。

 

1日に美術館を2つも行くなんて、まぁ滅多にない事でまるで僕が芸術にガッツリ興味がある感じですが、僕に芸術センスは全くありませんので悪しからず(*^^)v単にピクサーの作品が好きだっていうだけの男なんです。

 

ちなみに東京都現代美術館の外観はこんな感じです。なんかうまく撮れる場所がなくてわかりにくいですね(>_<)

f:id:reon5653desu:20160319232900j:plain

 

ピクサー展という事もあって中ではモンスターズインクのサリーとマイクが展示されてました。

f:id:reon5653desu:20160319232953j:plain

 

ピクサー展はどんな感じ??

f:id:reon5653desu:20160319235039j:plain

僕が行ったのは平日だったのですが、結構お客さんは沢山若い女性同士やカップル、親子、小さい子供の団体多分遠足とかかな。

 

展覧会っていうのは基本写真がNGなので中の様子を画像でお伝え出来ずそれが残念なのですが、僕のつたない文章でいくつかみどころをお伝えできればと思っております。

 

膨大な数の作品

実際にピクサーの作品でアニメーターが作成したアートワークから約500点が展示されてました。トイストーリーから最新作アーロと少年まで全作品が作られる過程を見る事が出来ますからね。当然、かなりのボリュームなので見るのにも結構時間がかかります。僕も1時間半ぐらいはかかったかな?終わったころには結構足の裏がつかれてました(笑)

 

また作品だけでなく、実際にピクサーで働いているアニメーターなど作品作りに関わった人たちのインタビュー映像なんかも流れてます。制作者たちの制作秘話みたいなものも見れるし、どんな思いで作品を作っているのかなんていうのも知ることが出来ますからね。展覧会終わるころにはよりピクサー作品に対してより愛着がわくことでしょう。

 

過去の短編作品も見れる

今回の展覧会ではピクサーがこれまでに発表した短編の映像作品も上映されています。ただ、期間ごとに流す作品が決まっているらしく僕が見れた短編作品は確か6つだったかな??全作品を見る事が出来なかったのでそれはちょいと残念でしたね。どの作品が見れるかはホームページなどで確認してみるといいでしょう。

 

僕が見た作品の中にはトイストーリー以前の作品なんかもあったんですが、素人目からしても今と昔のCGの質は全然違いましたね。当時の技術からしたら凄いんだろうけど今の作品と比べると映像の綺麗さや滑らかさなんかは今の方が断然すごいんだなーと思いました。すんごい進歩。

 

それでも当時はほんの数分の作品でも大変だったそうで、ましてや長編の映像作品なんて未知の世界だったわけです。それにチャレンジして見事成功させたピクサーはやっぱりすごいです。

 

トイストーリーが発表された20年前なんかまだ、スマホどころか携帯すらほとんど普及してない時代ですもん。あの時代にあんな美しいCGやストーリーも含めてとんでもなくレベルの高い作品を作り上げたわけですから。アニメーターや技術者を始め相当な努力と情熱を費やした末に今のピクサーがあるんだなーなんて思うとなんだか感動してしまいました。

 

ピクサー好きはやっぱ行くべき

言わずもがなですが、アニメ好きディズニーピクサー好きな方は行くべきですね。

僕は「好きすぎてどうしようもない位好き!!」っていうレベルではないですが、それでも十分楽しむことが出来ました。なのでピクサー大好きな方なら僕より楽しめる事は間違いないでしょう♪

 

夏以降、長崎でもやるみたいですが東京都現代美術館では5月29日までしか開催されていないみたいなので、お時間ある方はお早めに。家族、友人、恋人などどなたでもゆったりと楽しめる空間になってると思いますよ♪

 

また、会場限定のオリジナルグッズも発売していました。かなり人気で皆さん結構お買い上げしてましたね。僕は買いませんでしたが、そういうグッズとか欲しい人なんかも行ってみるといいんじゃないでしょうか♪ああ。デートで行きたかった(泣)

 

ついでにご飯も食べました。

ピクサー展を見終えたのが15時過ぎだったのですが、お昼を食べていなかったので美術館内のレストランで食事をする事に。

 

僕が行ったのは美術館2Fにある『カフェ・ハイ』ってお店です。アジアンテイストな料理とか飲み物を出してくれるお店で雰囲気良かったです♪

 

肉団子入りのフォー

f:id:reon5653desu:20160320002057j:plain

 

やや辛めのエビせんが意外とクセになる。

f:id:reon5653desu:20160320002209j:plain

 

ベトナムコーヒー(ブラック)

f:id:reon5653desu:20160320002124j:plain

 

フォーのランチプレートは野菜とえびせん付きでとてもボリュームがあって満足でした。フォーの味は薬味が多くて肉団子も大きいのがゴロゴロしていてとても食べ応えがあったのですが、強いて言うならもう少しクセがあっても良かったかなーなんて思いましたね。結構あっさりした味付けだったように僕は感じました。

 

ベトナムコーヒーは初めてだったのですが、写真のようにその場でフィルターから抽出して飲むんだそうです。僕はブラックを頼みましたがコンデンスミルクを加えて飲むというのが割と一般的とのこと。

 

味自体はそこまで癖がなくて飲みやすかったですし、香りも好きでした。ちょっと量は少なく感じましたけどね(>_<)本場のベトナムだとまた違う感じなんだろうか??いずれ本場のものも飲んでみたいですねー♪

 

こんな感じで僕の東京都現代美術館での半日は終了しました。色々歩き回ったので家に帰ったら足がとんでもなく疲れましたが充実した1日だったと思います。

 

最後に美術館の情報をのせておきますので参考にしてみてください!

東京都現代美術館の情報

東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

 

住所 

135-0022 東京都江東区三好4-1-1

 

電話

03-5245-4111(代表)

03-5777-8600(ハローダイヤル)

 

開館時間

10:00~18:00

※入場は閉館の30分前まで

 

休館日 各企画観覧料

以下のページからご確認ください。

開館時間・休館日/観覧料|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

 

それでは今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします♪