ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

福岡旅行3日目。さよなら福岡。また来る日まで!

福岡滞在3日目。7時ごろ起床。

 

今日の昼の便で福岡を離れる。ここで現実逃避の旅ともお別れだ。

 

この日は特に何をしようとは決めていなかった。滞在できるのは午前中のみだし、店があくまでまだ時間がある。フライトまでの時間を考えるとせいぜいホテルのある博多近辺を回るぐらいになるかなと思っていた。だが、朝起きて、外の天気を確認した瞬間、その考えは吹き飛ばされてしまった。

 

「今日も雨かよ。三日連続じゃねぇか…」

 

僕の福岡旅行は雨と共にあった。福岡は今日も雨だった…。

 

連日それなりに動き回っていたせいもあり、疲労が溜まっていたのもあると思う。降りしきる雨は僕から体温とやる気を奪っていった。

 

「今日はもう空港で過ごそう。」

 

この日の滞在場所は決まった。時間まで空港で過ごす。調べてみると福岡空港にはお土産屋もあるし、飲食店も結構充実しているようだ。おそらく数時間程度なら余裕で時間を潰せるはずだ。

福岡空港でぶらぶらと過ごす。

3日滞在した博多を離れ福岡空港へと向かう。1日目にも書いたが、博多駅と福岡空港は電車で一本で行けるし、15分あれば着くのでめちゃめちゃ便利だ。旅行最終日で疲れが溜まっている中、このアクセスの良さはありがたさしかない。次回福岡に来た時も博多を拠点にしようと思う。

 

f:id:reon5653desu:20211119125132j:plain

 

福岡空港には午前10時前に到着した。飛行機は12時55分出発。事前に搭乗手続きなどするので、1時間ほど余裕が欲しい。そう考えると12時前ぐらいまでが自由行動の時間というところか。福岡空港はそれほど大きくはないので、2時間弱ほどの時間でも十分楽しめるだろう。

 

まずは、何の目的もなしに空港内を散策。旅行初日は、すぐ博多に向かってしまったので気がつかなかったのだが、福岡空港内はラーメン、すし、うどん、ステーキなどジャンルを問わず様々な飲食店があり、チェーン店を中心に少しのんびりしたい人向けのカフェも充実しているように思えた。グルメな人は空港内だけの飲食店巡りをしてみても楽しいかもしれない。(店の写真は撮れてないです)

 

福岡最後の日ということもあったので、もう一度豚骨ラーメンを食べることにした。空港内には「ラーメン滑走路」という、ラーメン屋ばかり集まったエリアがあるので、「最後にもう一回ラーメン食べたい!」という人はこのエリアを訪れてみるといいだろう。

 

f:id:reon5653desu:20211119125211j:plain

 

ラーメンを食べた後、まだ時間に余裕があったのでお土産屋もいくつかみて回った。福岡や九州のご当地グルメやお菓子がたくさんあって楽しかったが、やはり圧倒的にどの店も推しは明太子だったと思う。右を見ても明太子、左を見ても明太子。やはり人気のお土産なのか取り扱っている会社もけっこうあるし、値段も低〜高まで幅広いため、おそらく初めてお土産として選ぶ人は「どれを選べばいいんだろうか?」と迷ってしまうのではないだろうか。

 

僕もあっちの店に行ったり、こっちの店に行ったりしながら、なかなか決めきれずにいたのだが、結局はたまたま声をかけてくれた店員さんのススメで冷凍されていないタイプの明太子をチョイスした。保冷パックに入れてくれて12時間は持ち運びOKらしい。たくさんお土産を買う人なら、どの店も郵送のサービスをやっているはずなので、そういうのも利用するといい。実際、疲れてる中でお土産をたくさん抱えて帰るのは大変だろうし。

 

土産も買って、いよいよフライトの時間が迫ってきたため、搭乗手続きへと進む。あぁ、寂しい。素晴らしきかな福岡。まだまだ、食べられていない料理も、訪れていない場所もたくさんある。さらに言えば、九州の他の地域だってまだ未到の地である。僕は生涯で後何回、この地を踏むことができるのだろうか。そんなことを考えたら、寂しさが胸に広がっていくように感じた。

 

行きと同じく空の旅は特にトラブルもなく、2時間も経たずに成田空港へと到着した。

 

「あぁ、現実に帰ってきてしまったな…。」

 

現実逃避の旅は終わり、また僕はどうしようもない現実に目を向けなければならない。雨降りしきる中、煌々と輝く屋台の灯りや、活気のある小倉エリア、レトロな門司港、個性的な食べ物を思い出す。福岡への未練はつのるが、いつまでも心をあちらに置き去りにするわけにもいかない。そうした気持ちに区切りをつけるために、こうやって旅行記を書いてみた。ただ、むしろこれを書いたことで福岡への思いが再燃してしまった感はあるが(笑)

 

旅のまとめ

最後にこの旅のまとめを書いておきたい。

 

  • 格安旅行会社を使い宿にこだわらなければ、2泊3日で3万円ぐらいで十分楽しめる
  • 福岡での拠点は博多エリア一択。空港までのアクセス、鉄道、バスなどの交通網が充実していて、とにかくどこ行くにも圧倒的に便利。
  • 福岡市のコンパクトさはずば抜けている。市内にいれば飲食、買い物、お出かけまで困ることはまずない。

 

まぁ、実際に住んでみたらネガティブな部分も見えてくるのだろうが、今回旅行で行った限りではポジティブな部分しかなかった気がする。

 

まだ福岡行ったことないって人は是非一度足を運んでみてください。オススメです!! 

 

旅行記

福岡旅行1日目。おじさんの現実逃避の旅が始まる。 - ニート気質な僕の生きる道

福岡旅行2日目。おじさんがまわる小倉〜門司港〜下関。 - ニート気質な僕の生きる道

 

参考サイト

福岡空港 FUKUOKA AIRPORT