ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

秋葉原と上野で北海道のYouTuberと大阪のお酒好きと会う

11月は少し活動的だった。

 

つい、先日福岡に行ってきたと思いきや、その翌週は知人2人と上野アメ横で酒を酌み交わした。さらに、その3日後にはたまたまタイミングが重なり、同じ日に秋葉原で北海道に住む知人と会い、その後上野で大阪に住む知人と会うことになった。

秋葉原でYouTuberの話を聞く

f:id:reon5653desu:20211123210403j:plain

まずは、北海道の知人であるひかるさんと午後13時に秋葉原のカフェで待ち合わせをした。ひかるさんは仕事をしながら北海道の地でYouTuberとしても活動している。動画の内容は、新作のカメラやガジェットの機能の紹介や使い方の説明、北海道の広大な自然などを実際に撮影した様子などだ。登録者数は1万人越え。(スゴイ!!)

 

少し前には格闘ゲームのプロで生きるレジェンドでもある梅原大吾さんが、彼のジンバル解説動画を参考にしたりもしていた。

 

僕とひかるさんは以前からツイキャスやTwitterなどでコメントのやり取りをするなどして、オンライン上での交流があったのだが、今回彼が観光兼仕事で東京に来るということで、オフラインでの対面となった。

 

待ち合わせのカフェの入り口で待っていると、エレベーターの中からひかるさんが姿を現した。普段YouTubeで見せる物腰柔らかい雰囲気そのままだ。初対面の挨拶もそこそこに、僕らは店内に入ることにした。

 

席についてからはYouTube活動や北海道での生活や東京に来た感想など色々なお話を聞くことができた。動画撮影の話や、企業から来る広告案件の話など、どれも普段は聞けない話で聞いていて「なるほどぉ〜!」と思うことばかり。

 

ひかるさんは元々カメラとかガジェット系に詳しいのかと思いきや、聞いてみるとそんなことはなかったとのこと。必要に迫られてカメラなど購入していくうちに、だんだんと詳しくなっていき、周りからの反応も増えてきたので続けられているそうだ。はたしてこれが本当に自分の得意なことなのかどうかはなんとも言えないみたいなことも言っていたと思う。

 

ひかるさんのように、とりあえず試してみるといったスタンスでいることは大事なのだなと改めて思った。特に今の自分のようにあまり動けていないような人は、少しの興味を手掛かりに手や足を動かしてみるといいかもしれない。ホントに小さな一歩でいいと思う。

 

あと、お話をしていて印象的だったのは、北海道に住む人間から見える東京についてだ。僕なんかは埼玉の人間だし、わりと東京の近くに住んでいたりするのでこっち当たり前が染み付いてしまっているのだけど、北海道に住むひかるさんからすると、満員電車や食事、人々のちょっとした様子など色々なものに違和感を覚えたようだ。

 

例えば食べ物。これは特に魚介類が豊富に取れる土地に住む人たちが共通して口にすることだけど、東京に来るととにかく魚が…らしい。ひかるさんも寿司屋に行ったが、どうも口に合わずカッパ巻きなどでごまかしていたとのこと(笑)

 

というか、根本的な問題としてまず水からして違うと言っていた。東京の水はプールっぽい味がすると。そうか、水かぁ。そもそも根本の水の質が違うのだから、北海道の食べ物の方が美味く感じるのは当然っちゃ当然なのかもしれない。これは、こちらにずーっと住んでいる人間には気づかないことだ。やはり内側にいるだけでなく、一度外の世界に出てみることは大切なのかもしれない。

 

またとにかく都会は金がかかるというのも改めて実感したそうだ。飲食店に入ってもまず量が少ない。北海道なら同じ値段でかなりの量を食べることができる。いくつか料理の写真を見せてもらったけど、確かにこちらだと値段が2〜3倍するような料理がかなりお安く食べられる。いいなぁ。

 

また、家にかかる費用も大きく違う。ひかるさんの住む地方だと、家賃1万円も払えばかなり広い家に住むことができるそうだ。というか、場合によっては移住してほしい自治体から家をもらえることもあるそう。翻って東京はというと中心部ではないところもでワンルームで数万円はする。その家賃を払うためにハードな仕事をこなすという人も中にはいるだろう。

 

ひかるさんと話していたのだが、確かに東京には物も豊富にあるし、交通の便もいいし、何もかもが揃ってはいる。東京でしかできない仕事もあるだろうし、会えない人もいるのは間違いない。何かやりたいことがあって東京に住むならフリーターとして頑張るのもいいかもしれない。色々な人が集まるから、何かを始めたい時に仲間を募りやすくもあるだろうし。

 

でも、そうじゃなくて特にやりたいこともなく、生活を維持するだけというならわざわざ東京に住む必要もないのかもしれない。むしろ、あらゆる面でお金がかかり、そのお金を賄うためにストレスフルな日々から抜け出せなくなってしまう。

 

もちろん、じゃあさっさと地方に行けというのも乱暴な話だし、縁もゆかりもないある地域にいきなり飛び込めというのはハードルがめちゃめちゃ高いというのもわかる。人間関係や、交通の不便さなど決していいところばかりではないのも確かだ。ひかるさんの住む北海道なら、雪や寒さへの対策も考えなければならないだろう。

 

大事なのは東京だけが全てではないことを頭にいれておくことだと思う。東京以外にも都市はいくつもある。大阪や札幌、福岡など、家賃など色々な面で安くつくことが多い。買い物だってある程度大きい都市であれば、よっぽどこだわりでもない限り東京と同じものが買える。オンライン通販だっていいだろう。仕事だってよっぽど特殊なものでなければ、同じような仕事はあるはずだ。

 

それに、都市にいないとクリエイティブな仕事ができないかというと、必ずしもそうではない。ひかるさんなんかはまさにそうだが、今は何かものを作ったり発表したりするにしても、YouTubeを始め様々ツールを使うことができる。田舎の安い家賃の家で、生活のために最低限の仕事をして、余力を残しながらクリエイティブなことに力を注ぐなんてことも十分可能だ。もし芽が出て「これなら十分行ける!」となったなら、大きな都市に進出してもいい。

 

こういう話は普段あまりしないし、やはり外の世界から見た人の意見はとても参考になるものだった。やはり時々人と会って話をするのは楽しいし、その人目線の話からは気付かされるものも多い。

 

カフェをでた後は秋葉原を少しぶらぶらしてヨドバシカメラに行ったり、僕がアキバに来たら時々お世話になるメイドカフェに行ったりして時間を過ごした。

 

f:id:reon5653desu:20211123210713j:plain

GoProを使いながらアキバの歩行者天国で撮影するひかるさん

 

ひかるさんはヨドバシのカメラコーナーで店員顔負けの知識で、僕にカメラ本体やパーツのスペックと値段の違いや用途の説明などしてくれた。普段カメラコーナーなんか見向きもしないので、そもそもこんなにカメラやレンズ周辺機器があるなんて知らなかったし、とてもタメになった。何かのジャンルに詳しい人と一緒にいると、こちらが聞かずとも色々と教えてくれるので楽しい。ひかるさんの場合、もちろん仕事で扱っているというのもあるのだろうけど、カメラやその周辺機器に対しての愛着や熱量を感じた。何か僕自身もそういう自分のエネルギーを注ぎこめるものが欲しいなぁと改めて思う。エネルギーの行き場がないのが悩みどころだ。

 

ヨドバシの後はメイドカフェでダラダラ過ごした。次の予定が入っていたのでひかるさんとは秋葉原駅でお別れ。僕はそのまま次の約束場所である上野へと向かった。

 

賑わう上野で酒を飲む!

f:id:reon5653desu:20211123210841j:plain

上野駅の様子。昼に撮影

 

秋葉原から上野までは二駅で徒歩で行ける距離なので歩いて向かった。途中、強烈な尿意に襲われ、トイレを貸りるために入ったコンビニ全てでトイレを使えない(トイレがないor貸さない)プチトラブルにあいつつ、どうにか約束の上野駅までたどり着いた。

 

お会いするYOSHIさんは大阪にお住まいの方で、僕は何度かお会いしたことがある。お酒好きな方で、以前大阪の西成に行った時には、個性的なお店を幾つか紹介してもらったりしているし、こちらに来た時には渋谷の安い居酒屋で酒を酌み交わしたりもしている。

 

西成に行くなら詳しい人に案内してもらった方がより楽しめると思った!! - ニート気質な僕の生きる道

 

それに、旅も好きらしく以前はけっこう色々なところに行っていたらしい。ここ最近はコロナもあってなかなか遠出ができなかったみたいだけど、コロナがちょっと落ち着いてくれた今の時期を狙って東京に来たそうだ。

 

YOSHIさんといえばとにもかくにもお酒。僕もお酒を飲むのは決して嫌いではないので、今回は上野アメ横にある居酒屋をいくつか回ることにした。

 

f:id:reon5653desu:20211123210949j:plain

アメ横。17時過ぎ

 

この日のアメ横は人がすごかった。この日は日曜にもかかわらず夕方から多くの人でアメ横近辺の居酒屋は大いに賑わっていた。まるでコロナ前のような盛り上がりだ。酒飲みに明日はないのか…?と一瞬戸惑ったが、冷静になって考えると明後日の火曜は祝日ということもあって、もしかしたら月曜も休みにした人たちが「明日休みだから今日は飲み明かそう!」というノリになっていたのかもしれない。まぁ、後はコロナによる行動制限が緩んだ解放感もあるとは思う。なんにせよ連休は正義だ。

 

そんな街の盛り上がりから少し距離を置きながらプラプラ歩いているとシャッターが閉まっている建物も目立つ。以前は店がひしめいていたアメ横エリアも、コロナによるダメージの蓄積はあちこちで見られる。

 

それにしてもこの日は本当に人が多かった。僕はこの日のためにせんべろ(1000円でお酒と食べ物が結構楽しめる)できる店を2つほどピックアップしていたのだけど、店に行ってみると、これはとても入れそうもないということで2軒とも断念。アメ横を彷徨う2人は、中心部から少し外れた地下にある店にどうにか腰を落ち着けることができた。

 

ハイボールなど適当に酒を頼み、いくつか料理を注文しながらお話をする。YOSHIさんは色々な場所に行っているのでどこかオススメの場所はないか聞いてみた。宮崎とか鹿児島あたりの飲み屋が面白いとのこと。(酒飲んでたため記憶が曖昧)

 

西成の様子も聞いたが、あの街は相変わらずのようだ。何もかもが均質化した街は正直つまらない。もちろん、治安や衛生面である程度考えなければならない部分はあるにせよ、あのカオスな世界は無くなってほしくない。次に西成を訪れたときはまたYOSHIさんに店を案内してもらいたいものだ。

 

そんな話をベラベラして店を出たあと、さっき入れなかった店に行ってみることにした。

 

f:id:reon5653desu:20211123211020j:plain

もつ焼きおとんば 明るい時間にあらかじめ撮影

 

『もつ焼き おとんば』アメ横からちょっと外れた場所に店を構えている。昭和通りという大きな通りのすぐ近く。調べてみると北千住に本店があり、上野店は2店目。高田馬場にも3店目があるようだ。ネットでの評判も上々だ。

 

先ほどからちょっと時間が経って人出が落ち着いたのかどうやら入れそうだ。この店が久々に「ここ当たりですね!!」という店だったので紹介しておきたい。

 

f:id:reon5653desu:20211123211048j:plain

かに出汁赤おでん

 

まず、この冬限定のかに出汁赤おでんが素晴らしかった。3種盛り合わせと5種盛り合わ背を選べるのだが僕らは3種を頼んだ。名前の通り、かにの出汁が具のちくわ、大根、こんにゃくにもうグイグイと染み込んでいる。濃さもちょうどいい。酒がすすむほどよい濃さ!具の上に乗っている唐辛子のチップ?もいい辛さで食欲が刺激される。

 

値段も安く税込で418円と実にコスパがいい。僕もYOSHIさんもすっかり気に入ってしまい2回も注文してしまった。今回注文したのはいずれも3種盛り合わせで5種の方は頼んでいないので次回のお楽しみだ。

 

このお店はもつ焼きの店なので、当たり前っちゃ当たり前だけどもつを使った料理が充実している。串焼きは1本税込99円とこちらも非常に安い。れば(肝臓)やはつ(心臓)、たん(舌)のような定番のものも楽しめるし、しろ(直腸〜大腸)、きく(小腸付近脂)のような、普段はあまり目にしないような部位も食べることができる。

 

f:id:reon5653desu:20211123211122j:plain

もつ焼きおとんばのメニュー表

 

この日、すでにしろは売り切れてしまっていたらしく、僕らはかしら(こめかみ)ときくを注文したのだけどこれまたうまかった。

 

f:id:reon5653desu:20211123211225j:plain 

串焼き。どこの部位か酔ってて忘れました…多分かしらだと思う。

 

かしらのとてもいい歯応えにほど噛むと肉の味が広がる。きくは口の中に入れると脂の旨みが溶けだす。いやぁ、コイツらも酒との相性バッチリだ。「ここ来てよかったですねぇ!!」と僕とYOSHIさんが何度繰り返したことか。値段も安く、僕らが注文した料理は全てハズレがなかった。まだまだ、頼んでいない料理がたくさんあるので、これはまた次回のお楽しみということにしておこう。

 

結局、僕とYOSHIさんが上野にいたのは3時間ちょっとといったところだろうか。YOSHIさんは東京に来たばかりで疲れもあるし、次の日も考えるとあまり飲みすぎるのも良くない。何よりこの店を出て次の店が微妙だったらなんか残念な気持ちで帰ることになるので、「終わりよければすべてよし」精神で、今日はここで解散しましょうということになった。

 

こうして、ほんのちょっと慌ただしい僕の1日は幕を閉じた。人と会い話を聞き、美味しい食べ物と酒を飲み食いして1日を終える。僕にしては珍しく充実した1日だった。

 

ただ、基本お金がない貧乏人なので、そう何度もできることではない。11月は金ないくせに旅行やらなんやらで使いすぎた。あぁ、働かなきゃなぁ。でも、嫌だなぁ。totoビッグ当たらないかなぁ。誰か奢ってくれないかなぁ(笑)

 

レンタルもしてますので、無のおじさんでよければ食事やお散歩などお誘いお待ちしてます!

 

『レンタル同行人』のルールや利用方法についてまとめてみた。 - ニート気質な僕の生きる道

 

※今回掲載した写真はお店の人に許可を取ってます。

 

〔ひかるさん〕

https://youtube.com/user/Tmoko08

ひかる@ノースランドCHANNEL (@hikaru_nrdf) | Twitter

 

〔YOSHIさん〕

YOSHI🍀 (@yoshicv) | Twitter

 

上野の居酒屋『もつ焼き おとんば』

もつ焼き おとんば 上野店 - 京成上野/居酒屋 | 食べログ