ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ニートに出来ることを考える。

f:id:reon5653desu:20180208155506j:plain

 

今回も僕のブログに検索で来てくれた方へのアンサー記事を書いていきたいと思います。

 

キーワードは「ニートに出来ること」です。

まず大前提として、「ニートといっても人それぞれである」ということ。ニートの人の中には、中学から不登校でそのまんま大人になったような人もいれば、社畜ばりに働いてきて燃えつきてニートっていう人だっているかもしれません。

 

僕自身はNEET株式会社という、ニートもしくはそれに近い人たちの巣窟みたいな組織に所属してて、みんなと会ったことがあるわけじゃないけど、経歴とか多種多様すぎて、「ニートになった原因はこうである!」と断言することってできないです。まぁ、言えることがあるとすればみんな何かしら抱えてますよね(笑)ぐらいかな。

 

そんなわけで、一言でニートといっても、人それぞれ違うし、出来ること出来ないことも人それぞれである。そこはまず頭に入れておくといいでしょう。

 

出来ないことはもう諦める

そんなわけで、「出来ること、出来ないことは人それぞれじゃね?」というのが僕の答えなのです。ただそれでは議論が終わってしまうので、ここからはもう少し深掘りしていきましょう。

 

個人的には「何が出来るか?」を考えるのもいいけど、「自分は何が出来ないか?」を考える方が手っ取り早いのではないかと思います。

 

人によっては、組織に属して働くのがどうしても厳しいという人もいるかもしれない。満員電車に揺られて通勤するのが嫌じゃーという人もいるでしょう。他人と協調しながら仕事をするのは難しいとか、集団行動はどうしてもできないという人だっているかもしれません。もちろん、逆に個人で何かをやるということが難しいという方もいるはずです。

 

そうやって、自分が「どーしても出来ないこと」を明確にしてみる。そんでここからが大事です。出来ないことは潔くあきらめましょう。

 

集団行動がどーしてもできない人が、集団に適応しようとしてもしんどいだけです。もしかすると無理をすればできないこともないかもしれないけど、無理というのは長くは続きません。ちょっとの無理ならまだしも、ずーっと無理をし続ければいずれどこかで疲れきってしまうでしょう。

 

それに出来ないことに力を入れても、しょせんは出来ないことです。当たり前のようにそれが出来ている人と比べたら雲泥の差。そこに力を注ぐのはすんごくもったいない。時間は有限ですからね。僕らは出来ないことにいつまでも足を引っ張られていてはいけないのです。

 

だからあなたが出来ないことはもうスパッとあきらめちゃう。他にそれが出来る人に任せちゃう。出来ないことに目を向けて「自分はダメだ‥‥‥」と消耗するんじゃなく、出来ることに目を向けてそっちに力を注ぐ。その方が精神的にも楽だし、前向きに動き出せるのではないでしょうか?

 

出来ないことをあきらめた人たち

ちなみに、ニート的な人で言えば元日本一のニートであるPhaさんはまさに「出来ないことをあきらめた」という方ですね。

 

 

phaさんは大学を卒業後、一度は雇われる生活を選んだけど「どうしても無理だ」と思い職場を退職。それ以降は組織に雇われるような働き方はせず(時々バイトとかはあるみたい)、シェアハウスを運営したり、文章を書いたりしながら生きている方です。

 

phaさんも自分が出来ないことに執着するのではなく、自分が出来そうなこと、楽しく生きれそうなことに目を向けてそっちに力を注いだと思うんですよね。だから今の生活があるんじゃないかなと。

 

もう一人、僕が読んでいる「外で稼げないなら家で稼ぐしかナイ!」というブログを書かれているおんきちさんをご紹介します。

 

おんきちさんとは、ブログを通じてコメントいただいたり逆にコメントをしあったりという関係です。ブログを見てもらうとわかるように、おんきちさんはニートで、しかも10年戦士というベテランの方です。

 

そんで、ブログタイトルにもあるようにおんきちさんは外で稼ぐことは出来ないんですね。(詳しい事情はわかりません。)

 

そのため、外で稼ぐことは諦めて「家で稼げること」に注力するようになったんです。具体的にはアフィリエイトでお金を稼ごうと考えたわけです。結果として月に10万円台はコンスタントに稼げているようです。普通にすげぇ。

 

どちらの方も自分に出来ないことは諦めて出来ることに注力したからこそ、今の自分というものがあるのではないでしょうか?

 

まとめ

そんなわけで今回は「ニートに出来ることを考える」という内容でお伝えしてみました。

 

ニートの人がまずするべきことは

 

  • 何が出来ないのかを明確にすること
  • どーしても出来ないことは諦めて、出来ることに注力をする

 

の2つだと思います。出来ないことはもうしかたがありません。バランスよく生きることが出来なかったから、ニートになったわけです。だったらもう「自分はバランスよく生きることは出来ない」と決めて、アンバランスでもいいので、自分が出来ること、得意なことに注力する方向にシフトしましょう。

 

大丈夫。もしかしたらできないことが多いかもしれないけど、その一方で出来ることも必ずあります。

 

ぜひあなたの出来ることに注力してみてください。少しずつでも前に進むことができるはずです(^^)

 

それでは今回はこの辺で失礼します!