ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

【レンタルオバッチ】バックレの達人とレンタルニートの仲さんと秋葉原で語ってきた!!

「ダブルレンタルをしたいので、今週レンタルニートとオバッチさんがアキバに来れる日はないですか?」

 

以前から何度もお会いしている、バックレの達人コケシさんからこんなお誘いがあったのは7月のとある日のことでした。

 

僕も基本的にプラプラしている人間なので、「今週は土曜日以外に予定がないので事前に言ってもらえれば大丈夫です!」と了承。すると仲さんとも連絡が取れたらしく急遽お誘いをしてもらった翌日に、僕と仲さんとコケシさんの3人で秋葉原で会うことに。

 

秋葉原にてレンタルニート×レンタルオバッチ

f:id:reon5653desu:20180725152039j:plain

 

というわけで、夏真っ盛り。コケシさんのお誘いをしてもらって秋葉原へとやってきました。コケシさんがガンダムカフェに行ってみたいとのことだったので、その付近での待ち合わせです。

 

僕は10分ぐらい前に到着。約束の時間の少し前にコケシさんとレンタルニートの仲さんも到着。仲さんは前日にキャンプに行っていたそうで、戻ってきてからの秋葉原とのこと。うーん、アクティブ。

 

ちなみに、仲さんは僕も所属しているNEET株式会社(ニー株)のメンバーで、1期から活動をされている方です。(僕は2期から)特に彼が提供しているレンタルニートはメディアでも取り上げられたことがあり、「ニー株と言えばレンタルニート」という認識を持っている人も多いんじゃないでしょうか?

 

実は僕と仲さんって同じニー株のメンバーではあるんだけど、それほど絡みはないんですよね‥‥‥。ニー株には色々な事業部がありますが、全体で何かをやるっていうことはほぼないですし、集まるのも月一の会議ぐらいなものなんです。同じメンバーでもまったく顔を合わせたことがないっていう人もいたりします。

 

まぁ、とはいえ僕は仲さんと全く面識がないというわけではなくて、何度か喋ったことはあるけども、今回のように少人数で話をするっていうことはなかったのでけっこう楽しみにしてたんですよね。僕が知らないニー株のことやレンタルニートのことなど聞けるんじゃないかと。なんせ仲さんはニー株設立当初から様々な修羅場を潜り抜けてきた生き証人ですからね。

 

ガンダムカフェにて雑談

集まった僕らはすぐ近くにあるガンダムカフェへ。ここは名前の通りガンダムの世界観を踏襲していて、メニューもガンダムをモチーフにしたものや、有名なシーンを再現したものなどがあって個性的です。

 

僕が頼んだのは『ラストシューティング・パフェ』ってやつです。ガンダムカフェのサイトによると、誰もが思い浮かべるあの名シーンを再現しているそうなのですが、僕は残念ながら思い浮かべることができませんでした(笑)すまん、ガンダムファンの人。

 

ただ、個人的に味はけっこう好きでしたね♪杏仁豆腐とライチゼリーにクリームと底にあるイチゴソースがマッチしていました。けっこうボリュームはあった気がしますがペロッと平らげてしまいました。

 

ここからは雑談モードに。とはいえ、録音をしているわけでもないので覚えていることを書いていきます。

 

まずはコケシさんの話。コケシさんは最近都内のちょっと治安の悪いところから、奥様とともに引っ越されました。引っ越したのは同じく都内でアキバからも結構近い場所みたいです。

 

ただ、そこでスムーズにいかないのがコケシさん。引っ越した家のお風呂には追い炊きを出来る機能があると喜んでいたらしいんだけど、なんとその機能がぶっ壊れていたとのこと(笑)まぁ、気の毒ではあるんだけどさすがコケシさんというか、申し訳ないけど僕は思わず笑ってしまいました(^^;

 

他にも後に聞いたところではエアコンの水漏れがひどかったり、洗面所の蛇口をひねっても水が出なかったり、換気扇みたいなものが外れかかっていたりと、なかなかひどい目にあってるみたいでした。

 

ただ一応大家さんが修理の費用とかは負担してくれるみたいなので、そこは不幸中の幸いと言えるかもしれません。

 

で、そんなコケシさんですが引っ越しを機に奥様から「月に5万円は家に入れてほしい」という宣言をされたとのこと。月に5万円と言えば、普通に働いている人からすればまぁ問題ない額でしょうが、バックレの達人にとっては死活問題。その話を聞いたとき僕は

 

「ついにコケシさんも年貢の納め時かな‥‥‥」

 

なんて思ったりもしたのですが、ところがどっこいコケシさんは相変わらずタウンワークを一瞬で読み終え、天井を見つめる日々を継続中とのこと。さらに時々パチンコに行っていることをツイートしたところ、奥様にそのツイートを発見されてイライラしたのでミュートされたとのこと。

 

っていうか「嫁にミュートされる」ってなんか面白いな。僕の周りにいる結婚している人で「嫁からミュートされました」って報告を聞いたことないから、今この文章を書きながらジワジワとツボに入ってきてます(笑)

 

なんかこのままだとコケシさんはある日「嫁に家を追い出されちゃいました(笑)」なんてケロッと言いそうな気もしなくもないんですよね‥‥‥。できればそうならないようにしてほしいところですが、労働からのバックレ力は神がかり的だからなぁ‥‥‥。そこは奥様の寛大なる御心にすがりつくしかないのかもしれない。

 

仲さんは、そんなコケシさんにニー株3期生がいつ頃募集されるのかを話してました。コケシさんは僕にも「3期募集はいつ頃ですか?」と聞いていたぐらいニー株に入る気満々の人です。おそらく募集から登録まで順調に行けば今年中に『NEET株式会社取締役』という新たな肩書きがコケシさんに加わるはずです。

 

バックレの達人と、NEET株式会社取締役‥‥‥。コケシさんは一体どこに向かうのでしょうか?(笑)

 

メイドカフェに移動し、引き続き雑談!!

 

そんなこんなで雑談をしていたところコケシさんから「店を変えますか?」との提案があったので、僕らは別の店に移ることに。

 

秋葉原の街に出てプラプラしていたところ「メイドカフェにでも行きますか」ということで、秋葉原でも有名な『@ほぉ〰むカフェ』というメイドカフェに行くことに。

 

ちなみに、僕は今回で人生で2回目のメイドカフェなのですが、この前の週にも同じ秋葉原で違うメイドカフェに行ってたりします。

 

参考記事:秋葉原のメイドカフェ『めいどりーみん』に行ってきた!! - ニート気質な僕の生きる道

 

メイドカフェとは縁遠い人生かなぁなんて思ったりもしてたんだけど、いやぁ、まさかこの月だけで2回も行くことになるとはね。そして「萌え萌え♪」を何回も言うことがあるとは(笑)人生どう転ぶかわからないもんです。

 

僕らはコケシさんの好意でメイドさんと「チェキ」をさせてもらったりしました。僕は今回初チェキ。いやぁ、以前メイドカフェ行った時に「照れちゃいかんね」みたいなことを書いた気がするんだけどさ‥‥‥

 

「やっぱ照れるわ!!」

 

こればっかりはね、まぁ経験が足りないのか、僕が自意識過剰なのかは分かりませんが照れるもんは照れるっつうの!!

 

案の定、出来上がった写真に映ってる僕の笑顔と言ったらまぁぎこちないこと。今年最大のぎこちなさですよ!これ何回か行ったらこれが自然にできるようになるんだろうか?うーん、想像がつかん!!

 

まぁ、そんな感じでメイドカフェも楽しみつつ、ここでも色々と話をしました。その中でも僕が特に面白いなと思ったのは、仲さんの活動についてのお話ですね。

 

僕は仲さんが「なぜレンタルニートを始めたのか?」ってところに非常に興味があったんですよ。ふだんニー株の全体会議とかで集まってもそういう話をすることもなかったのでね。こりゃいい機会だということで、ちょこっと聞いてみることにしたわけです。

 

仲さん曰くニー株スタート当初「何か動きがあるか」と思ったけど、そのまま何も起こらずに数か月が経過してしまったらしく「こりゃ何かしないとな」ということで始めたのがレンタルニートというサービスだったとのこと。その辺は今と変わらずですね。会社全体で何か動きがあるのを待っていてもけっこう何も起こりません(笑)

 

また仲さんはレンタルニートの他にも、プラモデルを組み立てや塗装の代行サービスをやっているのですが、こちらは学生時代に好きでやっていたことをそのまま継続してやっているそう。全部手作業でやっているので結構時間はかかるみたいですが、それなりにお金をいただけることもあるみたいです。

 

で、レンタルニートにもプラモデルの製作代行にも共通するのが「自分が出来ること、得意なことをやる」ってことだと思うんですよね。

 

どっちも仲さんにとっては割と自然に出来ることをサービスとして提供しているわけです。これってすごい大事なことなんじゃないかな。

 

実は世の中には自分が当たり前のようにできることや、そこそこ得意なことが他人にとっては必要なものだったり、提供してもらって嬉しいことだったりするわけですよ。

 

それこそ仲さんのレンタルニートでは「一緒にお酒を飲む」とか「イベントに同行する」みたいな利用の仕方もあるわけで、これって言ってしまえば他の人にもできるわけでしょね。特別なスキルを求められるわけでもない。でも「人と一緒に何かをする」ってことに価値を感じる人がいて、「お金を払ってでも一緒に○○してほしい」っていう需要があるからこそ成り立つサービスなわけですよね。

 

プラモデルの制作だって、人によっては時間が無かったり、プラモは好きだけど不器用できれいに作れないから、うまい人に作ってもらいたいみたいな人はいるわけですよ。

 

そういう需要に気づいて「とりあえずやってみよう」と行動に移した仲さんの行動力は素直にすごいと思うし、彼がニー株の顔として認知されている理由なんだろうなぁと思いました。やってみるって大事っすね。

 

なのでね、もし仮に「今の自分には提供できるものが何もない」って思っている人は、仲さんのように「自分のできること、得意なことの中から人に提供できるものはないだろうか、人が欲しているものはないだろうか?」って考えてみるのもいいんじゃないかな?

 

あなたにとっての当たり前は人にとっての当たり前じゃないし、あなたが得意なことは人にとって不得意かもしれない。あなたが生きてきた歴史の中で、人よりも当たり前に出来たり上手に出来ることって必ずあると思うんですよね。そこにヒントがあるんじゃないかなぁ。僕も仲さんのお話を聞いて、その辺を参考にしたいなと思いましたね。誰にだって人に提供できるものはあるんだと。

 

最後に

そんなこんなで色々とお話をしていたら、ちょうどメイドカフェに滞在できる時間を迎えたので僕たちはお店を出ることに。その足で秋葉原の駅まで行って解散となりました。

 

仲さんとはそこでお別れとなったのですが、僕はコケシさんともうちょい話をしたいなぁと思ったので、僕らは僕らでちょっと秋葉原をぶらつきながら色々とお話をしました。

 

いやぁ、それにしてもコケシさんは相変わらず喋りやすい雰囲気が漂っていて、良かったですね(^^)奥さんはダメ人間が好きとのことですが、コケシさんの柔らかい雰囲気みたいなのも気に入ってるんじゃないかなーと勝手に想像してます♪

 

んで、僕らはしばらくカフェでだべっていたりしたわけですが、そしたらまさかまさかのとある方から「今秋葉原にいるので良かったら会いませんか?」との連絡が。

 

「こりゃ、ぜひ会って話を聞きたい!」と思ったので、コケシさんとはそこでお別れをして、その方とお会いすることに。

 

僕が誰と会ったのか?その辺は長くなるので、また別の記事で詳細を書いていきたいと思います(^^)

 

それでは今回はこの辺で。

 

【今回僕らが利用したお店のホームぺージ】

コンセプト|ガンダムカフェ オフィシャルサイト[GUNDAM CAFE official site]

@ほぉ~むカフェ | 秋葉原のメイドカフェ

 

【仲さんの情報】

NEET株式会社のレンタルニート

仲 陽介(レンタルニート) (@naka_yousuke) | Twitter

 

僕のレンタルオバッチに興味がある方は是非ご連絡ください♪

『レンタルオバッチ』のルールや利用方法についてまとめてみた。 - ニート気質な僕の生きる道