ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

スポンサーリンク

バイトを始めるのが不安なニートの人がやるべきことは?

どうも、ラッキーマンです。

 

つい先日なんですが、知り合いで4年とかその位の期間(正確な期間は忘れちゃった)無職の人に久々に会ったんですが、その人なんと働き始めたそうなんですよね。まぁ、社員ではなくてパートでってことみたいなんだけど、そんなことはどーでも良くてね、その人社員には応募していたんだけど、バイトとかパートとして働くのは二の足を踏んでいた人なんですよね。

 

つーのも、その人めっちゃネガティブな人なんですよ。会話の節々にネガティブな言葉ポンポンと入ってくるレベルで、僕も自分のことを割とネガティブな方だと思っていたんだけど、彼はそれ以上。そのせいか僕以上に働くことに対して自信がない人なんですね。それに加えて企業に応募してもぜんぜん採用されないし、何なら家でも家族からひどい言葉をかけられる始末。(ちょっとした人格否定)

そんなわけで彼が結構苦しい思いをしながら日々を過ごしていたことを知っていたんです。でもその人が小さな一歩を踏み出した。素晴らしいことですよね。

 

そんでね、やっぱ気になるじゃないですか?4年近く働いてない状態からどーしていきなり働けたのかな?って。 その理由っていうのを彼から直接聞いたんだけど、それが「なるほど!!」っていう理由だったんですよ。その理由っていうのが

 

「職場の雰囲気を働く前に知ることができたから」

 

だったそうです。

 

彼曰く、別に今の職場は自分がやりたいことでもないし、そこまで興味がある仕事でもないんだけど、たまたま仕事をする前に職場を見学する機会があったそうなんですね。その時に「ああ、ここなら働けそうかも。」と思ったのがきっかけで応募することができたんだそうです。そんで合格して働き始めたと。確かにニートの人にとって職場の雰囲気って大事なんだと思うんですよね。

 

ニートの人は働く前に職場の雰囲気を知ろう

f:id:reon5653desu:20170905205408j:plain

ニートの人って僕も含めてですけど、自信がない人が多いんですよね。特に働くってことに対しては前向きになれない人も多い。その理由っていうのは色々あると思います。自分の職歴が真っ黒であるとか、仕事をちゃんと遂行できるだろうか?とか色々なところが自信を失わせていたりします。その中でも働く上で特にハードルになるなぁと思うのが

 

「この職場に入って自分はなじめるんだろうか?」

「この職場の人たちとうまくやっていけるんだろうか?」

 

っていう人間関係の部分での不安感だと思うんですよね。ニートの人たちの中には人間関係が苦手っていう人もいるのでね、きっとその人との関係をちゃんと築けるか、職場ってうまくやっていけるのか、はぶかれたりしないか?っていう感じの不安感ってかなりでかいものなんですよ。

 

それが仕事に対してというか新しい環境に飛び込むためのハードルをグワァァァ―と上げちゃって、一歩踏み出しにくくしているんじゃないかなと思うわけです。

 

だったら、そのハードルをちょっとでも下げて踏み出すためにどーすればいいのか?っていうと「事前に職場の雰囲気を知ること」っていうのは一つ有効なやり方だと思うんですよね。

 

それこそ僕の知人は4年近く無職で働くことに対して超絶不安を抱えていたにもかかわらず、働き始めることができたわけです。だから事前に雰囲気を知ることで不安感を和らげる効果って思いのほか大きいんじゃないかな?なんて思うんですよね。

 

じゃあ職場の雰囲気を事前に知れってことだけどいったいどうやるの?って話なんだけどやり方としてはいくつかあると思います。例えば

 

  • 面接ついでに職場の雰囲気を見る
  • 店舗があるならお客としていってみる
  • 知り合いなどでその職場のことを知っている人がいるなら聞いてみる
  • そこで働いている人から話を聞く
  • ネットでそこで働いたことがある人のコメントなどないか探してみる(ただし、わざと悪くいっている可能性もしくは逆もあるのでその辺は注意)
  • サポステなどと提携していて事前の職場見学OKな所を見させてもらう

 

こんな感じかな?他にもあるとは思うけど僕がパッと思いついたのはこれぐらい。まぁそうやって職場の雰囲気をある程度把握したうえで「これなら大丈夫かな?」というところであればちょっと受けてみるのもいいでしょう。

 

事前に雰囲気がわかったとはいえ‥‥‥

とはいえなんやかんやで実際のところは「働いてみないとわからない。」って部分もあるとは思います。面接の時なんてみんな外面しか見せないでしょうし、職場見学とはいえ、ふだんの雰囲気とは違うかもしれません。そもそもオフィスとかだったら職場の雰囲気なんて知りようがないぜってこともあるでしょうし。

 

だから結局のところは行ってみないとわからんっていうのが真実なのかもしれない。この出たとこ勝負感が嫌なんですけどね‥‥‥。だから踏み出せない人も多いんじゃないかな?

 

まぁ、もし仮にね雰囲気を探ってみたりもして、職場に入ってみたら実際は思った以上に雰囲気がクソだった、明らかに面接や職場見学の時は猫を被っていいところばっか見せてた「こんなとこ無理じゃ―!!」なんてところもありうるわけですよ。そしたらそこはムリして続けなくていいと思うんですよね。

 

それこそバイトとかパートなんでね、辞めやすいっていうのがメリットでもあるのでねあんまりにもひどいところなら無理せず離れて次に行くっていうのを考えるといいと思います。職場は一つじゃありません、雰囲気の合わない苦しいところで働いても自分が苦しいだけなんでね、そこは一刻も早くおさらばして次に行くことをおすすめします。

 

まとめ

というわけで、今回はバイトを始めるのが不安なニートの人がやるべきことについてザーッと書いてみました。

 

「まずは働こうと思っている職場の雰囲気を知ること」

 

特に一歩踏み出すことが不安なニートのの人には有効な方法だと思うので、ぜひ実行してみてください。

 

まぁ、でもあまり思い詰めずにね。仮に一つの職場に合わなかったりうまくいかなかったとしてもあなたがダメなわけでも何でもないってことは覚えておきましょう。

 

それでは今回はこの辺で!!