ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ずーっとダメなわけじゃない。自己否定はほどほどに自分のいい面を意識してみる。

最近よく考えるのは「いかに悩む時間を少なくして次の行動につなげるか」ってことです。そのためには「自分はダメだぁ」と自己否定をしている時間が無駄というかもったいないなぁと最近思うんですよね。それをしている自分も、必要以上に自分を責めてしまっている他の人も。

うーん、なんていうのかな?もちろん、自分の行動を振り返って反省するっていうのはするべきだろうし、そうじゃなきゃ成長もしないでしょうからそれはそれでいいと思うんです。

 

でもね‥‥‥

 

「あなた必要以上に自分を責めすぎですから!!」

 

っていう人がゴロゴロいる気がします。リアルにもネットにもゴロゴロいる。なんというかどMなのか?って言いたくなってしまうぐらいに「自分はなんてダメなんだ」と自分を責めたり追い込んだりしてる人がいるわけですね。

 

いやいや、あなたそんなにダメじゃないでしょ。一回や二回の失敗でもうこの世の終わりぐらいにダメだなんて言う人もいるけど、実際には表に出てないだけでみんな失敗だらけだし、ダメなところだらけですよ。決してあなただけが失敗をするわけじゃないし、ダメなわけじゃない。

 

ちなみに偉そうにこのブログを書いている僕だってダメダメの超ダメ人間です。(お気づきでしょうが)過去にはそんな自分を責めぬいたりもしたけども今では、しれっと図々しく生きています。

 

えっ?お前ダメ人間なのに何堂々と生きてんの?って。いやいや、ダメ人間でも別に生きていいでしょうよ。自分を肯定していいでしょうよ。

 

えっ?それはタダの開き直りだって?いいんですよ、開き直りだってさ。自分を責めて責めて否定して追い込んで「もう自分には生きてる価値がない」と毎日自分を嫌になってネガティブオーラでがんじがらめになっちゃうよりも、開き直って「ダメだけどこれから頑張ろう。もうちょいやってみよう」って思って少しでも動いた方が状況変わるでしょ?

 

こんな事を書くと「お前超ポジティブじゃん」なんて言われそうだけど僕は全くポジティブ人間じゃありません。むしろ超ネガティブなタイプ。だからこそネガティブな気持ちだったり感情の大切さも分かってます。時にはネガティブ感情に身を置くことも必要だって思いますしね。でも、一方でそれがあまりにもネガティブな方に振りきれてしまうと、その感情が自分の足かせになって動けなくなっちゃうってことも知っています。マジでそうなるとやっかいです。抜けようと思ってもなかなか抜け出せない蟻地獄です‥‥‥。だから、ネガティブはほどほどに、多少の開き直りはあってもいいし、根拠のない自信でもいいから自分のいい面を見たり、都合よく物事を解釈して動き出すってことが大事なんじゃないかな?と思うわけです。

 

ダメな日があっても次の日もダメってわけじゃない

f:id:reon5653desu:20180306234448j:plain

 

僕もそうだったんだけど、ネガティブ状態に陥っていると何か一個ダメなことがあるとぜーんぶダメに思えちゃうんですよね。「あー、ミスした。ほんと自分ってダメだな」って感じで、一個のミスで自分のすべてをダメだと思い込んでしまったり、その日一日ぜーんぶダメな日だと思い込んでしまうわけです。

 

でもね、よーく考えなくても分かるでしょ?なんか一部分ダメだったとしても=全部ダメだなんてことはないわけですよ。仕事なり人間関係なりなんなりでミスったとしてもそれはそこでミスをしただけ。あなたの評価が全部ダメになるわけじゃありません。

 

仮にその日ミスが続いたとしても、それはその日がダメだっただけで次の日もダメだと決まっているわけじゃないんです。

 

仮にあなたが人よりもダメな部分があったとしてもそれ=あなたが全部ダメなわけじゃありません。きっとあなたにはダメな部分と同じか、それ以上に他人よりもうまくできることや優れていることがあるはずです。まぁ、仮に今は優れてなくてもこれからいくらだって勉強したりすれば伸ばせたりします。だから必要以上に「自分はダメだ」と責めないこと。むしろ本田圭佑ばりに

 

「自分伸びしろあるんじゃね?」

 

ぐらいに思いましょう。いやっ、だって実際伸びしろあるでしょう。ダメな人ほどそれを克服したり、ダメな部分をカバーできる強み作れちゃえば相当伸びてますよ。そしてその経験は自信にもつながるはずです。

 

まぁ、ダメを克服するのは大変なので、ダメをカバーできちゃうぐらいの強み伸ばすほう推奨ですね。そっちの方がたぶん自分自身も楽しいはずなので。ダメな部分は他の人に任せるとかツールに任せちゃうとかしてうまくカバーすればいいんじゃないかな?全くダメなところがない完璧な人間なんて目指す必要ありません。っていうかそれは無理なので、そんなことはやめて「自分にはこんな強みがある」ってもの持ちましょう。

まとめ

そんなわけで、かなり思い付きで書いたのでまとまりがないけどまとめます。

 

  • 必要以上に自分を責めない。自己否定はほどほどに
  • 何かダメでも全部がダメってわけではない
  • ダメな人ほど伸びしろあり!!ダメを克服したり、ダメをカバーできる強みを伸ばそう

こんな感じでしょうか?

 

ちなみに先ほども描いたけど僕超絶ネガティブ人間ですからね(笑)基本マイナスな感じから入るぼくみたいな人間はふとした瞬間にネガティブ地獄に飲み込まれやすいんです。だからこそ意識して自分や人のいい面を見ることで、ネガティブとポジティブのバランスをとる必要があるわけです。

 

ですからもし仮にあなたが自分を「ダメだ」と責めてしまったり自己否定しがちな人だとしたらちょいとばかし意識して自分のいい面を見てませんか?ダメだと思っている自分を褒めてみませんか?おそらくだけど、それでちょうどネガティブとポジティブのバランスが良くなるんじゃないかなー?なんて思ってます。

 

こんなことをつらつらと書いていたら、なんか割と最近Twitterで同じような事を書いてましたね(*_*;

 

 

ああ、ダメ人間や(笑)まぁ、いいか。こんな感じでダメな自分を改めて認識したところで明日も頑張っていきます♪

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。