ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

自信がないひきこもりの人に向けて書いてみました。

f:id:reon5653desu:20171207111629j:plain

 

今回は検索ワードで僕のブログに来てくれた方に対して記事を書いていこうと思います。キーワードは「人と比べる 自信がない ひきこもり」です。

 

比較しないためにはどうすればいいか?

ひきこもるとついつい人と比較しちゃうもんです。「自分はこのままでいいのか?」焦る人もいるでしょう。ネットが繋がっていればやたらと周りの人たちがイキイキと楽しそうに生活しているように見える。そういう人たちと自分を比べて自信を失ってしまい、「自分は一体なにをしているんだ」と自己嫌悪しまたこもりがちになる。僕もそんなループに陥っていたことがあります。

 

じゃあ、どうやってそのループから抜け出したのか?それは人と比べることをやめてみようと考えたからです。今までは人と比べて「自分はもっと○○しなければ」と焦っていたところを「とりあえず比べることはやめてみよう。なるべく比べないようにしてみよう。」と思う事にしました。

 

過剰に他者を意識しないこと、「人は人自分は自分」と何度も何度も言い聞かせることで、少しずつではありますが他人と自分を比較することが少なくなってきたように思います。(それでも時々は活躍している人と自分を比較してへこんだりもします。)

 

とはいえ人と比べること自体、悪い事ではない

 

基本的に人は自分と他人を比較するものですし、一概にそれが悪いとは思いません。なぜなら人と比較することで自分の現在の立ち位置が明確になる、つまり客観的に自分を見ることができるようになるからです。

 

また、色々な人と自分を比較してみると、自分の努力の仕方やその方向性が間違っていることに気づいたりもします。「学ぶはまねる」なんて言葉もあるように、うまくいっている人の方法をまねたり取り入れることで、自分の努力がいい方向に向かうこともあるわけです。

 

また、人と自分を比較することで競争心がかきたてられ「自分もやってやるぞ!!」とやる気が出る人もいるでしょう。いますよね?「人が頑張っているからからこそ自分も頑張れる」というタイプの人が。そういう人の場合、比較することが自分のケツを叩き前に進むための原動力になるわけです。

 

こういった事から、比較すること自体は悪い事でも何でもないと言えるでしょう。

 

ひきこもっていて自信がない場合、人と比較することがマイナスになる可能性も

ところがひきこもっていて自分に自信がない場合、人と比較することは自分を卑下したり、自分はダメなんだと思い込む方向につながることもあるわけです。比較することで自分が嫌いになってしまう、マイナス方向に自分を持っていってしまうわけですね。

 

人というのは今の精神状態によって物事をよくも捉えるし逆に悪く捉えることもある。僕もそうでしたがすっかり自信を失い自分のことが嫌いな状態では、とかく物事をマイナスに捉えてしまいがちです。この場合比較をすることがあなたの精神をさらに痛めつけてしまう可能性もあります。

 

ですから仮にもしあなたが今自信がない状態にあるとするならば、こう考えてみてはいかがでしょうか?

 

「今の自分は人と比較をしてもプラスに働く可能性は低い。だったら一旦比較することをやめてみよう。」

 

そのためにはなるべくSNSなども見ないようにして他人の動向がわからないようにしちゃいます。他人と比較しなくても済む環境を作る。そして「自分が自信をつけるために何ができるか?」ただそれだけに意識を傾けるんです。

 

人に会うのが怖いのであれば、サポステなどの支援施設を利用してまずは人と会い話すことに慣れてみましょう。働くことが不安ならボランティアでもいい、週1回、3時間だけのバイトからでもいいんです。そうやって少しずつ着実に自信をつけていくことをやってみる。

 

人と比較することなく、自分なりにハードルを設定してそれを飛び越えていく感じですね。そのハードルを設定するのはあなた自身。他人が設定した高いハードルを飛び越える必要はありません。まず、自分がと皮超えられそうなハードルを越えて少しずつ自信をつけていく。そのことを継続してみてください♪

 

比較をするなら昨日の自分との比較を

自信がない状態で他人と比較するのはあまりよくないということをお伝えしました。その分自分自身に意識を傾ける、具体的に言うと「昨日の自分と比較する」というのは自信をつけるための一つの方法かと思います。

 

昨日の自分と比較して今日の自分は何ができるようになったか?昨日の自分と比較して何を学んだか?などなど、自分が成長した部分を常に意識すること。例えば寝る前にい日二を振り返り「今日はこんなことを学んだぞ」ということを思い返してみる。どんな些細なことでも構いません。単語を一つ憶えたとかそんなレベルでも全然OK。それだって昨日のアナタにはできなかったことですから、立派な成長です。

 

このように成長した部分に注目してみると、少しずつではありますが自信がついてくるはずです。

 

まとめ

今回は自信がないひきこもりの人に向けて記事を書いてみました。

 

僕自身も決して自信満々ではないし、今でも人と比較をして「なんて自分はダメなんだ」とへこむこともあります。でも、そんな時にはちょっとだけ比べることをやめて自分の成長できた部分に目を向けることで気持ちも楽になるし、ネガティブになりすぎずに済んでいる気がします。

 

人と比べて辛いならまずは人と比べることをやめてみる。人と比べなくても済むような環境にしてみること。そして、自分自身に成長に目を向けてみること。ぜひ、これをやってみてください♪

 

それでは今回はこの辺で失礼します!

※当ブログに使用されている画像は、管理人が撮影した写真の他、https://pixabay.com/やhttp://www.irasutoya.com/といった著作権フリーの画像を使用しています。