オバログ

日記から読んだ本や映画の感想、時事問題まで綴るブログです。弱者の戦い方、この社会がどうあるべきかも書いていきます。

2024年始まりました!

去年はびっくりするぐらい、ブログを更新できてなかったので今年はやるぞいという決意とともに新年一発目の更新です!昨日の大晦日の出来事を記録しておきます。

 

2023年の大晦日は、格闘技をやっている知人のA氏に誘ってもらい、近所のスーパーやコンビニで食材やお菓子、飲み物を調達後にA氏の家でRIZINを観戦。

 

午後14時から22時過ぎまでの、8時間を超える長丁場でしたが、KOや一本勝ちの試合が多く、判定決着の試合もそれぞれの選手が持ち味を発揮し、とてもいい試合を見せてもらいました。

 

大晦日に地上波で格闘技を放送しなくなって、もうどのぐらい経つのかも忘れてしまうぐらいですが、久々に格闘技を観ながら過ごすことができて良かったです。それに誰かの家で一緒に同じ映像を見ながら、あーだこーだ話すのも久々でした。何だか学生時代を思い出して、少し懐かしい感じがしましたね。あいつら元気にやってやがるかな。

 

格闘技を見終わると、日が変わるまであと僅か。終電までまだ少し時間があるので、A氏と近所の神社辺りを軽くおさんぽすることに。街には何故か外国語が飛び交っていて、皆さん何かを待っているようでした。

 

調べてみると、大晦日の夜に神社でイベントが行われるらしく、それを待っているようでした。そうした観光客目当てに、お店の軒先では日本酒やらホットチョコレートやらが売られていて、そちらもなかなか盛況している様子。

 

僕は大晦日に家で過ごすことが多くて、こうやって年越し間際の街の様子を見ることってほとんどなかったんですね。まったり過ごすのもいいけど、ちょっとハイになってる人とか、ベンチに腰掛けてどこか物憂げに街を眺めている人とか、楽しげな表情を浮かべている人の様子を見るのも新鮮で楽しかったです!

 

そうこうしているうちに、終電の時間が近づいて来たので、A氏と駅まで同行し別れの挨拶をして帰路につきました。

 

年越しは電車の中で、1人乗客や窓の景色を眺めながら迎えました。皆、この電車に乗ってどこに行くのかなぁなんてことをぼんやりと考えていました。こういう年越しの仕方も何だか楽しい。来年はまた、いつもと違った年の越し方をしてみようかなと思った一時でした。

 

それでは今年もよろしくお願いします!

追記

2024年1月1日に、石川県能登半島地方を震源とする地震が発生しました。震度7を観測した地域もあり、被災者の方々の心労や被害を考えると心が痛みます。

 

被災者の方々が1日も早く、日常を取り戻せるよう心から願うとともに、僕のような人間でもできることをやっていければと思っています。