ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

人間関係を良くする?どうすれば人から好意を持ってもらえるのか?

ここ最近、心理学熱が再燃してまして、ちょこちょこと色々な本を読んでは面白い内容や、役に立ちそうな方法なんかをこのブログにアップしています。

 

そんで、今回も心理学の話。(しつけ―って思わんでね。)

 

あなたは「人から好かれたい」って思ったことありませんか?僕はありましてね、なんせ僕にはあんまり友達がおらんもんで、人から好かれまくりの人を見ると単純に羨ましいなぁって思ったりするわけです。

 

人から嫌われるよりも、好かれたい。嫌われる勇気なんていう本もありますが、積極的に人から嫌われる必要はないだろうし、たいていの人は嫌われるよりも好かれたいと思うはずです。

 

「でも一体どうやって人から好かれればいいんだ?」

 

うん、難しいっすよね。人から好かれるって。性格的にいえば明るい人とか誠実な人が好かれるんだろうし、そこを目指すべきなんだろうけど、なかなかすぐに性格がガラッと変わるもんでもありません。っていうか超明るいやつってずーっと明るいわけで、僕のようにどちらかというとそこまで明るくない人間が、そこを目指すのはちょっと無理があったりもします。(誠実さは頑張って身につけよう)

 

じゃあ、僕のような人間がどうやって、人から好意を持ってもらえばいいのか?そこで覚えておきたいのが『好意の自尊理論』です。

 

落ち込んでいる人を励ますと、好意を持ってもらいやすい。

f:id:reon5653desu:20180411152347j:plain

『好意の自尊理論』というのは簡単に言うと「落ち込んでいる時に人から励まされたり、優しくされるとその人に好意を持ちやすくなる」という心理的な傾向のことです。

 

人間は常に他人との比較で自己評価を下している。そして何らかのきっかけで自尊心が低下すると、相対的にまわりの人間が、自分より優れて魅力的な存在に見える。

さらにそのような状況では落ち込んだ自分を慰めてほしいという欲求が高まり、そこでまわりの人間から好意を受けるといっそう大きな好意を抱くようになるのだ。

引用元:『思いのままに人をあやつる心理学』p79 著者 斎藤勇 宝島社

 

人間だれしも落ち込むことはあります。仕事でミスしたり、勉強うまくいかなかったり、スポーツで負けたりなど色々あるでしょう。落ち込まない人間なんてそうそういないはずです。そして、そういう場合大抵、その人の自尊心は低下しちゃってて、声には出さないけども「慰めてほしいなぁ」なんて思ってたりするわけですよね。

 

なんか、この心理的な傾向見ていて思い出すのが、恋愛もののドラマとかですね。主人公とヒロインが些細なことで喧嘩してヒロインががっくり落ち込んでいるところに、主人公のライバルが来てやさしく慰めてあげると。そしたらヒロインはその優しさがすごく嬉しくなっちゃって、主人公とライバルの間で心が揺れちゃうみたいな。まさに『好意の自尊理論』発動ですよ。あいつらこれ知ってやがるな!!

 

まぁ、でもこれは別に恋愛にだけしか応用できないわけではありません。様々な人間関係を良くするうえでも有効です。

 

例えば、スポーツチームに入っていて後輩との関係をもっと良くしたいなと考えていたとします。そこで後輩が実力的に伸び悩んでいて落ち込んでいたとしましょう。そこで、あなたが「どうしたの?なんか悩んでるの?」とでも声をかけてあげて、後輩の悩みを真剣に聞いてあげたらどうでしょうか?おそらく、後輩は「自分が落ち込んでるときに真剣に話を聞いてくれた」と思って、あなたに対して感謝もするし、以前よりも親しみを持って接してくれるはずです。

 

そんで、これ書いてて思ったのは「人から好かれてる人ってこの『好意の自尊理論』を考えないで自然にやってんなぁ」ってこと。人から好かれる人って近くに落ち込んでる人がいたら慰めるし、話も聞くしってことで、それを自然に出来ちゃう人っていうのが色々な人から好かれてるんじゃないかな?面倒見が良かったり、人のことをよく見てるんですよね。

 

一方、僕自身を振り返ってみるととても自然に出来ているとは思えない。むしろ落ち込んでる人を見たら「はたして声をかけていいものだろうか‥‥‥」って躊躇してしまうことも多いですからね。変なプライドとか他人の目とか意識しちゃってるんだろうなぁ。困ってる人いたら声かけるってシンプルに考えられればいいのに(>_<)まだまだ人から好かれる人間には程遠いってことなのかもしれません‥‥‥。

 

相手から好かれるには、まず自分が相手を好きになること

そんでもう一個心理学的な話を。僕らには「相手から好意を受け取ったら相手にお返ししたくなっちゃう」『好意の返報性』という心理法則が備わっています。

 

ノースイースタン大学のジュディス・ホール博士は病院に通っている男女530人を対象に担当医の好感度を調べる実験を行った。その結果、医師から好かれている患者ほど自分の担当医に好感を持っているということが判明した。このように人間には「自分に好意を感じてる人に対して同様に好意を感じる」傾向があり、これが『好意の返報性』という言葉の意味だ。引用元:『思いのままに人をあやつる心理学』p256 著者 斎藤勇 宝島社

 

あくまで、傾向ではあるんだけど、他人から好かれると、自分もその相手に好意を持つってことですね。

 

確かによっぽど嫌いな人とかじゃなければ、相手から好意をもらったらうれしく思うもんですよね。(そんなに好意をもらった記憶がないが)そんで、まぁそれが異性だったりしたら、好きにならないまでも相手のことが気になってしまったりとか、場合によってはそこから恋愛に発展するなんてこともあるかもしれません。少なくとも人から好かれて嫌だなぁって思う人は少ないと思うわけです。(もちろん、好意も行き過ぎはよくない)

 

っていうことはさ、もしあなたが「人から好かれたいなぁ」って思うんなら、自分が好かれるのを待つんじゃなくて「まずは相手の人に好意を持つ」ってことから始めてみてもいいかもしれませんね。

 

まずは相手のことを好きになる。そしてその気持ちを言葉や態度できちんと伝える。それは友人関係であっても恋愛対象の相手であってもおんなじ。「あなたといい関係を築きたいと思っている」と伝えましょう。黙っていても伝わるかといったら、必ずしもそうじゃないですからね。

 

そんで、よくありがちなのは「なんか自分なんかが好意を伝えたら嫌がられるんじゃないか?」って思ってしまうこと。これけっこうありません?ちなみに、僕は結構あります(笑)

 

確かに嫌われるのはいやっすよね。誰も好き好んで人から嫌われようなんて思いません。でも、大丈夫。人には『好意の返報性』が備わっているので、相手もあなたから好かれて嬉しいはずです。

 

「でも、必ずしも相手から好かれるとは限らないでしょ?」と思う方もいるでしょう。そりゃ、そうですよ。『好意の返報性』はあくまで自分が好意を受けたら相手にも好意を持ちやすい傾向にあるってだけで、100%好意を返してもらうこと確定!!っていう話ではないですからね。そこは期待しすぎないように。

 

でも、時々聞きません?何回も告白して、フラれまくった末に結局付き合っちゃったカップルの話とか。最初は「いやぁ、あの人と付き合のはないなぁ」って感じでフラれてそれからまたさらにフラれてフラれまくる。でも、最終的には付き合っちゃったり結婚しちゃったりする。これって、もしかしたら『好意の返報性』が働いてるんじゃないかなと。

 

「好きです。」って言われまくってるうちに相手も「これだけ自分のことを好きっていってくれているんだったら、お返ししなきゃな」っていう気持ちになって、それでOKしちゃうみたいなこともあるんじゃないかな?まぁ、あくまで想像ですけどね。でも、そういうワンチャンみたいなこともあるかもしれないので、「好きって伝えるのが怖い」ってあきらめるよりは、好きって伝えた方がチャンスはあるかもしれない。

 

まぁ、それでどうしてもダメだったらそりゃもうしょうがないので、諦めましょう(^^;

 

まとめ

そんなわけで、今回は「どうすれば人から好意を持ってもらえるのか?」という内容でブログを書いてみました。今回の内容をまとめます。

 

  • 人は落ち込んでいる時に、励まされたり優しくされるとその相手に好意を持ちやすい(好意の自尊理論)
  • 自分に好意を感じている人に対して同様に好意を感じる傾向にある(好意の返報性)

 

まぁ、全ての人が『好意の自尊理論』や『好意の返報性』で相手に好意を抱くのかって言ったらそんなこともないとは思います。一番人から好かれやすいのは、やはり誠実さだったりとかそういうところでしょう。付け焼刃のテクニックを使っても、本当に人から好かれるのか?といったら違うのかもしれません。

 

でも仮にあなたが、落ち込んでいる時に慰められたとしたら、少なくとも嫌な感情を抱くってことはないんじゃないかな?好きになるとか好意を抱くかは分からないけど、少なくとも感謝はしますよね?「ああ、ありがたいな」って思うだろうし、悪い印象を抱くってことはないはず。だから、落ち込んでいる人を励ますのって別にやってみて損はないと思うわけです。

 

さて、僕は今回人から好かれる術を学びました。さっそく今回学んだ『好意の自尊理論』を使って、気になっているあの子が落ち込んでいる時には、慰めてあげることにしようと思います‥‥‥。

 

 

「そんな相手いないがな!!!!!!」

 

気になる相手どころから、女の知り合いほとんどおらんわ!自分で書いててあまりにいなくてびっくりしたわ!!慰めようにも慰める対象者がおらん!!はぁ、なんか自分で書いててメチャメチャ落ち込みました。30過ぎて何書いてんだこのオッサンわって僕の自尊心がズタズタに切り裂かれております。なので誰か慰めてください。今なら慰めてくれた方に対して「好意の自尊理論」でめっちゃ好意を抱くと思います。僕に好かれたい奇特な方はぜひお待ちしております。(切実)

 

それでは今回は(悲しみを抱きつつ)この辺で失礼します。

 

参考図書