ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

確定申告をほぼ終わらせました。

久々のブログ更新。最近『1行書くだけ日記』という本を読んで、「日記書くと自分の方向性とかやりたいことが見つかるぞー」ということを学び、日記の良さを改めて実感したのでここに書き連ねていきます。

 

全然稼いでないのだけど、 一応確定申告は毎年している。この時期になると「確定申告 やり方」みたいな感じでググって、PCの前でヒーコラ言いながらどうにか入力する。「来年こそ早めに準備をしよう」という決意をもう何回しただろう。決意なんてもんは当てにならん。時間が過ぎ去るとあっという間に霞んで見えなくなる。

 

それにしても相変わらず期限が近くならないとなかなか作業が捗らない。今年はコロナの影響で申告の期限が1ヶ月延長されたのもそれに拍車をかけている。「人は期限がないとダラダラしてしまうんだよなぁ」ともう何年連続で呟いているのだろうか。

 

それにしてもこういう好きでも何でもないことを始めるまでのめんどくささといったらない。まず、作業のために机に座るまでが一苦労だ。机の前を行ったり来たりして、「あ、座る前にお茶でも入れようか」と帝のいい言い訳を体のいい言い訳を並べて机の前から離れる。ようやく作業に適していない安い椅子に腰かけたと思ったら、ついスマホをいじってしまって10分なんてあっという間に浪費してしまう。時間ドロボーはすぐ側にいる。

 

そんなあらゆる誘惑のお誘いに目をつぶりどうにか作業を始めると、これがまた捗るんだ。以前脳科学の本かなんかで読んだが、人は作業を始めると脳が興奮しやる気が出てくるとか。まさにそんな感じで一旦やり始めると、さっきまで机のまで右往左往していた自分が嘘のように机に張り付いて作業をしている。ほんとさっさとやればいいのに。

 

ここまでの一連の出来事をもう何年も繰り返している。学ばない。進歩がない。いやっ、一応何年も繰り返していることが分かっているだけ進歩なのか?とだいぶポジティブに考えてみるが、だとしたら、なんて微々たる進歩なのか。あぁ、悲しい。

 

わかった。今度こそとか来年こそはなんて決意するのはもうやめる。決意の前に指を動かす。ちょびっとでもいいので動く。それしかない。