オバログ

日記から読んだ本や映画の感想、時事問題まで綴るブログです。弱者の戦い方、この社会がどうあるべきかも書いていきます。

10月はなかなか大変でした

今年ももうあと2ヶ月ですね。昨日スーパーに買い物に行ったらクリスマスソングが流れていました。気が早すぎるだろ!!

 

というわけで前回から久々の更新となってしまいました。ブログを見てくださってる方に向けての近況報告です。

10月何してた?

逆流性食道炎でヒーコラ

Twitterで呟いてはいたんですが、今月は体調がイマイチ良くなくて、読書やちょっと頼まれて文章書いたりするなど、やることは最低限にしながら様子を見る日々でした。まぁ、症状はいわゆる胸焼けとか胸に圧迫感があるってやつで、おそらく逆流性食道炎かと思います。

 

この病気簡単に説明すれば何らかの理由で胃酸が逆流して食道に炎症が起こる病気です。脂っこいものとかお酒飲みすぎたり、食後すぐ横になったり、前傾姿勢でいることが多かったりするとなりやすいみたいです。僕は結構脂っこい食べ物好きですし、食べてからちょいちょい横になったり、座ってる時に前傾姿勢だったりと思い当たる節ありまくりであちゃーという感じでした。

 

以前、内視鏡検査で食道や胃を見てもらったことがあるんですが、その時にお医者さんから「逆流性食道炎なった形跡がありますね」って言われてたんですよね。その時は既に症状などなかったんですが、10月の頭ごろからかな?なんか胸焼けとか圧迫感が気になったので、逆流性食道炎なんじゃないかと思って病院に行ったところ、多分そうでしょうということで薬をもらいました。この薬は、胃酸が出過ぎるのを抑えてくれるものです。

 

それでも、薬飲み始めてから1週間ぐらいは結構しんどくてね。一番ひどい時は寝てる途中に胸の圧迫感で目を覚ましちゃったりとかしましたし、日中もずっと胸周りに違和感がある状態が続いてたりしてそれがストレスにもなっていました。ジワジワとちょっとずつダメージ受け続けてる感じ。

 

そんなこんなで一時期は結構しんどかったのですが、お薬も飲み続けて、食べ物もおかゆにしたり脂っこいもの控えたりと、結構気をつけたりしたかいもあって、11月に入ってようやくだいぶ胸の違和感が消えてくれました。あぁ、良かった。

 

そんなこんなでまだもうちょい様子見ではあるんだけど、体調もだいぶ良くなったので11月は少し動ければいいなぁと思ってます。

 

ジブリ作品を見直してた

ちょっと前からふと思ってたのが「そういえばジブリの作品って全部見たことないよなぁ」ってこと。定期的にジブリ作品ってテレビで再放送されるんだけど、それってある程度人気の作品が多いじゃないですか。ラピュタとかトトロとか魔女の宅急便とか。そんで、多くが宮崎駿監督作品だったりするわけです。

 

でも、ジブリって宮崎監督以外の作品も当然あるんですよね。で、僕はそっちは結構ノータッチだったりして、今更ながらに「じゃあ、全部見てみようかな」と思ったわけです。まぁ、残念ながら10月中には見終わらなかったんですが、多分あと3分の1ぐらいなので、見終わり次第その辺の感想だったりまとめも兼ねてまたブログに書こうかななんて思ってます。

 

そんなわけで以上近況報告でした!またゆるゆると更新していきたいと思います!