オバログ

日記から読んだ本や映画の感想、時事問題まで綴るブログです。弱者の戦い方、この社会がどうあるべきかも書いていきます。

ひきこもっているからこそ心理的なハードルを下げる

行動だけが世界を変えてくれるのは真理だが、行動に移すのはなかなか大変だ。多分、これを読んでいる人の中にも、何かを始めようとしたけど結局始められなかったなんて経験はあると思う。

 

次の行動になかなか踏み出せない人は、自分では乗り越えられないぐらい心理的なハードルがグングン上がってしまっている気がする。だから、何かを始めようと思うならハードルをぐっと下げるか、もしくは誰かに後押ししてもらいながらハードルを越えるといいと僕は考えている。一度ハードルを越えると、次のハードルは越えやすくなるものだ。

 

これはひきこもっている人にも当てはまると思う。家にずっとひきこもっていると、外に出たり人と会うハードルはめちゃめちゃ上がる。ましてや、働くとなると人によってはハードルどころか、まるで谷を飛び越えるような怖さを感じるものだ。それが数ヶ月のひきこもりならまだしも、数年、数十年ともなれば心理的なハードルの高さは想像を絶するものがあるし、軽々しく「外に出ろ」などとは言えやしない。多分、同じ立場になってみなければわからない恐怖なり葛藤なりがあるはず。

 

とまぁ、常日頃からこんなことを考えているのだけど、先日たまたまこんな記事を発見した。

 

「15分だけ」でもOK、気楽に働けるカフェ ひきこもりや不登校の若者に働きやすい場所を提供:東京新聞 TOKYO Web

 

ひきこもりや不登校の若者に働きやすい場を提供しようと、最短で「15分」勤務しただけで賃金を支払う珍しいカフェが今春、愛知県春日井市にオープンした。内閣府の調査では、ひきこもりの人たちは就労関連の理由でつまずくことが多い。15分という短さによって、心理的なハードルを下げる効果が期待できるとして、専門家も注目している。

引用元;https://www.tokyo-np.co.jp/article/193453

 

気楽さがハードルを下げる

15分から働けるカフェ。素晴らしくないだろうか。この記事にも書かれているように、これだけ短い時間から働ければ心理的なハードルはかなり下がる。こうした気楽さはとても大事だと思う。

 

だが、世の中の求人を眺めていると、最低でも1日数時間は働いてねという求人がほとんどだ。ひきこもっている人にとっていきなり見ず知らずの他人と数時間一緒にいるのはしんどい。仕事だってなんだかんだで向き不向きはある。職場の雰囲気はどうだろう。求人にはいいことが書いてあっても実際入ってみたら…みたいなことは、ネットを始め色々なところで見聞きする。これではどんどんハードルが上がってしまい、不安が強くなってしまっているひきこもりの人の場合、なかなか一歩踏み出すのは難しいだろう。

 

でも、この15分カフェのような超短時間から働ける職場であれば、こうした不安は払拭しやすい。ちょっと働くことで何をするのか、どういう人がいるのかも何となくわかる。もし、仮に仕事内容や人間関係などで「ここは合わないかも」と感じても15分で終わりなら精神的なストレスはだいぶ少ないだろう。

 

それに、15分といえど給料がもらえるのも大きい。「自分でもお金を稼げた」という経験は、本人にとって少なからず自信になる。微々たるお金でも稼いだお金で何か欲しいものを買えたりすれば、それもまた次のステップにつながっていくかもしれない。

 

気楽さをスパイスしてハードルを下げる。そういう場所がどんどん増えていけば、ひきこもっている人や、何らかの理由でなかなか一歩踏み出せない人がもっと動けるようになるかもしれない。動けない人が少しずつ動けるようになり、次の目標を見つけたり、誰かと繋がれるようになれば社会的な意義はとても大きい。

 

こういう場所がもっと世の中に増えてくれればいいなと思う。