ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

秋葉原でVR体験!!セガ秋葉原3号館で『MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION』をプレーしてきた!!

ここ最近VRのゲームに注目してましてね、いつかやりたいなぁと思っていたんですよね。

 

そしたら、つい先日何人かで秋葉原を訪れる機会がありまして、「VR体験できる場所があるらしいぞ」ということでね、体験してきましたよVR!! 

 

今回僕たちが訪れたのは、クラブセガ秋葉原3号館。その中の6階にVRを体験できるスペースがあります。詳しい場所は↓から

 

 

このVRエリアではいくつかのゲームが体験できるみたいなんですが、今回僕たちがプレーしたのは、『MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION』という一人用のシューティングゲーム。

 

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)をつけて、映像に映し出されるステージを進みつつ出てくる怪物を銃で倒すという割とシンプルな内容になってます。

 

ところがこのシンプルな内容のゲームがおもしろかった!!じゃあ、いったいどんなところがおもしろかったのか?今回はその辺りのことを書いていこうかなと思います♪

 

HDMの中で見える世界の臨場感、敵キャラの迫力がすごかった!!

f:id:reon5653desu:20180720171850j:plain

 

↑の画像は実際にプレーを体験できるエリアなんですが、一見するとなんもないじゃないですか?ところがHMDをつけることで、景色が一変。ここが、化け物がうごめく戦場へと変わるわけです。

 

f:id:reon5653desu:20180720172011j:plain

 

↑の写真は実際に僕が係の人に案内をしてもらいながら、HMDを装着しているところ。後ろにはバックパックをしょっていて、頭には音声を聞くためのヘッドホン、手にはセンサー付きのグローブをはめています。

 

画像はないのですが、このエリアとは別にプレーヤーの控室みたいなのがありまして、そこで係の人からざっくりとゲームの説明をしてもらいます。バックパックはそこで装着します。

 

f:id:reon5653desu:20180720172039j:plain

 

で、こっちは銃を構えている画像。初めての経験が嬉しいからか若干ニヤケ気味にも見えますね(笑)ただ、この笑みは僕が変態だからというわけではなく、ゲームのクオリティに「すげぇ‥‥‥」って感動して思わず出ちゃったいう感じですね。ほんと、はたから見たらなんもない場所に銃を構えているだけにしか見えないと思うけど、HMD越しに見える世界の臨場感って言ったらほんとにすごかった。マジで「ゲームもここまで来たかぁ‥‥‥」ってプレーしながら感動しちゃいました。

 

で、ゲームがスタートするとまぁ不気味な見た目をした怪物たちが集団でワラワラと出てくるわけですよ。そいつらが奥からピョンピョン跳ねながら、だんだんこっちに近づいてくるのがまぁ、怖いんだ!!

 

僕は結構ビビって普通に「うわぁ!!」ってでかい声で叫んでしまいましたからね。しかもね、その怪物たちが火の玉みたいなのをこっちに飛ばしてくるんですよ。HDMを装着しているので、当然その火の玉っていうのは僕の方に飛んでくるように見えるわけです。なので、ダメージを食らわないように、体がのけぞらせて避けたり、ちょっと上半身を動かしてサッとかわしたりり、しゃがんだりと一生懸命体を動かすわけです。

 

ゲームなんだけどこっちはダメージを食らわないように必死なに動くんですね。この「自分の身体を動かしながらプレーする」っていう感覚はあんまり味わったことがなかったので、非常に面白かったですね。ちょっとした運動にもなりました♪

 

VR空間を歩くという体験が新鮮だった!! 

f:id:reon5653desu:20180720172058j:plain

 

あと、僕が個人的に一番印象に残っているのが「VR空間を自分の足で歩く」ということでした。

 

ほらっ、通常のゲームって基本はコントローラーでキャラクターを動かしてステージを進んでいくじゃないですか?でも、このゲームは本当に自分の足で歩くことでゲーム内のエリアを進んでいくわけです。これメチャメチャ新鮮な感覚なんでしたね。

 

「えっ?でも自分で歩いて進んでいく感じだったら、変なところ歩いたりエリアから飛び出したりしちゃうんじゃないの?」

 

もしかしたらそんな風に思う人もいるかもしれませんが、そこはご安心を。HDM越しに見える世界ではプレーヤーがどの方向に進めばいいのか、きちんとナビゲートしてくれているので、あらぬ方向に歩いていってしまったり、プレーエリアから飛び出してしまうということはまずありません。

 

↑の画像の僕は一見すると「どこ向かってるの?」って感じがしますが、ちゃんとゲーム内で指示された通りに歩いていってます。っていうかHDMつけてた時は全く気付かなかったけど、けっこう隅っこの方まで移動してたんですね。気づかなかった‥‥‥。それぐらいゲームの世界に入り込んでいたということですね。

 

実際にどんなゲームなのか、動画で見てみよう!!

引用元:Mortal Blitz for Walking Attraction Official Trailer - YouTube

 

公式の動画を貼らせてもらいました。ここまでの記事で「いまいちイメージがわかない」って方はこの動画を見てもらうとHDM越しにどんな景色が見えているのかが、よくわかると思います。

 

みてみました?ねっ?かなりすごくないですか?っていうか怪物怖すぎません!?あんなのが集団できたら絶対に声出すって!!おそらく動画を見た人であれば僕が「うわぁ!!」と声をあげた理由がわかってもらえたはず。想像以上の迫力なんですよ!!

 

ただやっぱり、動画よりも実際にHDMつけてプレーした方が迫力は伝わりますね。ほんと、体が自然と動いてしまうあの感覚は実際にあの場でプレーした人にしかわからない気がします。だからぜひ体験してほしい!!ほんとビックリするはずです!

 

『MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION』の情報について

  • プレー時間→8~15分
  • プレー人数→1人ずつプレー
  • 利用料金→1500円(現金のみ)

引用元:https://tempo.sega.jp/MORTAL_BLiTZ/information.html

 

予約もできるみたいなので、到着してすぐにプレーをしたいという方は事前に世カウをしておくのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

そんなわけで今回は秋葉原のクラブセガ秋葉原3号館でVR体験をしたぜっていう記事を書いてみました。

 

VR体験は想像以上に面白かったし、感動しました!!これからますますVRを使ったゲームだったり、アトラクションみたいなものは増えていくんじゃないかな?

 

ぜひまだVR体験したことがない人は、一度体験しておくといいと思いますよ。たぶん、想像以上にビックリするだろうし、新鮮な体験を味わえるはずです。

 

ちなみに、セガ秋葉原3号館には他にもVRのゲームがあるみたいなので、次回行った時はまた別のゲームも体験できたらなぁなんて思ってます♪

 

それでは今回はこの辺で!