ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

【レンタル同行人】はじめてアイドルのライブに行ってきた!!

レンタルを受けていると時々、自分の人生においておそらく自分は生涯関わることのないであろう出来事や場所に意図せずして関わることがあります。つい先日受けたレンタルの依頼もそういった類のものでした。

 

「7/15夕方レンタル空いてますか?『くにくに』というアイドルのライブのチケットをおごるので行きませんか?」

 

TwitterのDMからそんな連絡をいただいたのはそのアイドルのライブが開催される前日のこと。

 

利用者さんはアイドル好きの方だそうで、時々アイドルのイベントやライブに参戦しているらしいです。この時はチケットが1枚余ってしまっていたため、急遽僕に依頼をしてくれたそうです。

 

ぶっちゃけると僕はアイドルのイベントにもアイドルのライブにも参戦したことがないし、そこまでアイドルに関心を持ったことがありません。せいぜいメジャーアイドルのグループ名と有名どころの人たちの名字がちょっとわかるぐらい。(アイドル好きの方すんません。)

 

はたしてそんなアイドルとは距離のある僕がそういったガチでアイドルを応援するような現場に足を踏み入れていいものなのかとも思いましたが、そこは無駄にポジティブといいますか人生において自分が未経験なことを経験することは少なくとも損ではないということと、その経験が自分に新たな知見を与えてくれるかもしれないという思いがありますので、依頼を受けさせてもらうことに。

 

そんなわけで、今回はレンタルで人生初のアイドルライブに行った時の様子やその感想について書いていきたいと思います。

 

※くにくにさんは写真、動画撮影OKらしいのですがブログに載せていいかはビミョーなので、ライブの様子を載せたTwitterのURLを貼っておきますので、画像を見たい方はそちらからご覧になってください。

https://twitter.com/neetkishitsu/status/1150740058657263618

 

人生初のアイドルライブはとても刺激的だった!!

 

ライブがおこなわれたのは秋葉原にあるビルの4階にある1室。入口から入って奥に舞台があって、その手前にあるスペースで観客の人たちがアイドルのパフォーマンスを見るという感じでした。テーブルとか置いてあったのでたぶん普段はバーとかそういう感じで使ってるんだと思います。

 

大体40~50人ぐらいは入れるスペースだったかな?最初は少し余裕があったけど、時間がたつにつれて人も増えてギュウギュウとまではいかないけどあまり余裕はない感じでした。

 

f:id:reon5653desu:20190716181912j:plain

ライブがおこなわれたビル すっぴんカフェなる店があるらしくちょっと興味をそそられました
 

利用者さんのお誘いメールにあったようにこの日は『くにくに』というアイドルがメインです。彼女たちはこの日が活動を始めてから1周年で、今回は他にもいくつかのアイドルグループが出演。

 

開場は17:30からで最初のグループのライブ開始が17:45。そこから各グループが数曲ずつ披露してメインのくにくにまで繋いでいくという感じでした。

 

この日出演していたアイドルは38歳でアイドルをやっている『まりえ(38)』や、コンセプトが神道で和っぽい服装でガッツリ踊る『Shinto!』などくにくに以外で計6組。

 

僕はファンというスタンスじゃなくて、観察者というスタンスでいったのですがやっぱりファンの人たちの観賞スタイルが各々違っていてそこが面白かった。

 

ある人はもうアイドルたちが踊る舞台の目の前までいって、右に左に動いたり飛び跳ねたり声も張り上げてたりしてもはや一緒にパフォーマンスをしてるんじゃないかっていうレベル。たぶんあの空間だけ切り取ったら異様な感じにも見えなくないんだけど、あの異様さ、いい意味で狂った感じというのがアイドルのライブの楽しみ方なんだなぁと納得。

 

ちなみに今回僕をレンタルしてくれた利用者さんもそのタイプで、普段はわりと淡々としゃべる方なんだけど、アイドルたちのライブが始まってパッと気づいたら前の方でメチャメチャダンスしたりしてて、その後ろ姿に普段とのギャップを感じてちょっとにやけてしまいました(笑)

 

かと思ったら、全力で踊り狂うファンたちの少し後ろでは曲に合わせて体を揺らしたり淡々とリズムをとったり、腕を組みながら冷静にステージを観察しているファンの人たちもいたりして、当たり前なんだけど「アイドルライブの楽しみ方も人それぞれなんだな」と学ばせてもらいました。

 

くにくに登場!!近い距離だからわかるアイドルのすごさ

そんなこんなでアイドルライブの初体験を楽しんでいたところ、いよいよメインの『くにくに』が登場。彼女たちは二卵性の双子らしいのですが、へたな一卵性の双子よりも似ていると思ってしまうぐらいにそっくりでした。

 

で、他のアイドルの人たちのパフォーマンス時には後ろで見ていた僕ですが、レンタルしてくれた利用者さんが「前に行って写真を撮りましょう」と言ってくれたので最前列に行くことに。

 

後ろから見ていた時も「アイドルとファンの距離近いなぁ。普通に触れちゃうじゃん」とは思ってましたが、前に行くとよりその距離の近さを実感。ほんとメチャメチャ近いです。(写真は僕のTwitterからご覧ください)

 

ここから彼女たちのパフォーマンス開始とともに写真撮りまくり。いやぁ、やっぱ距離が近いからなのかいい表情してる時とかグッと力が入ってる時の感じとか撮りたくなっちゃうんですよね。カメラ小僧の気持ちが少しわかった気がします。「ああ、この表情残しておきたい」って思いましたもん。これまたいい経験でした。

 

そんで僕がすごいなぁと思ったのが彼女たちの汗の量っすね。くにくにをはじめアイドルの人たちって歌いながらステージ上を所狭しと動きまくるわけですよ。飛び跳ねたり、ステップ踏んだりくるっと回ったりとほとんど止まることがない。最初は乾いていた髪もパフォーマンスを始めたらあっという間にビショビショになってて、その運動量の多さハードさには脱帽です。

 

アイドルは単にステージ上でファンに笑顔を振りまくだけじゃない。もちろんそういう側面もあるけど、連続で踊り続けるいわばアスリートのようなストイックさも求められるんだなと。

 

あとは、やはり最前列に行ったことでガチファンの人たちの熱気の渦にじかに触れられたのは良かったです。僕はほとんど写真撮影に集中しててその場から動かなったんですけど、周りのファンの人たちの熱気がすごくて何もしてないにもかかわらずいつの間にか汗ダラダラですよ。あそこで踊ってたら下手すりゃ脱水でぶっ倒れる人すらいそうな気がします。

 

で、おそらくファンの人たちは目の前にくにくにの二人に集中しまくってるせいか、ガンガン僕の体にぶつかってきてました(笑)パッと横見ると僕のことなんて見えてない。彼らが見えてるのはステージの上にいるアイドルたちなんですよね。

 

熱狂は人の視野を狭めるとは言いますがまさにそれを体感できた瞬間でした。っていうか、人を熱狂させるってすごいよね。アイドルという人たちのすごさみたいなものを改めて感じられたと思います。

 

そんなこんなでくにくにのパフォーマンスも終わり、最後は私物プレゼントのじゃんけん大会や双子のお姉さんから妹さんへ感謝の手紙の読み上げなどもありいい感じでライブは終了!!

 

あっ、そうそう。アイドルのファンの人たち(特に最前列にいる人たち)はフルパワーを出し切った満足感からなのか、ライブ終わった後にすげぇいい笑顔するんですよね。なんだろう、あのさわやかな感じは。まるで、文化祭が無事終わってよかったねって言ってる学生のような感じ?とにもかくにも多幸感を含んだあの笑顔をできるのは単純にうらやましいなと思いました。

 

レンタル終了!!

ライブ後には利用者さんとラーメンを食べながら、アイドルのライブについて色々教えていただきました。ライブ後には反省会があったりするらしいので、その辺のこともまた機会があればお聞きしたいです。

 

今回はとにもかくにも初めてのことばかりでとても刺激的でいい経験をさせていただきました。また、アイドルのイベントとかライブなんかにも機会があれば行ってみたいなと思っています。

 

くにくにさんのライブの様子を載せたTwitter

https://twitter.com/neetkishitsu/status/1150740058657263618

くにくにさんのブログ

https://profile.ameba.jp/ameba/kunikuni0115

 

レンタルをご希望の方は下記をご覧ください。 

『レンタル同行人』のルールや利用方法についてまとめてみた。 - ニート気質な僕の生きる道