ニート気質な僕の生きる道

自分の経験を活かして、無職やニートや、ひきこもりなど自分と同じように、「生き方」や「働き方」に悩んだり立ち止まった人が前向きになったり、自分の進みたい道に一歩踏み出すきっかけになるブログを目指しています。

ワクチン二回目打ち終わった

コロナのワクチン二回目を打ってきた。

一回目の時は、電車で何駅かいった少し遠くのショッピングモール内にある病院まで行かなければならなかったのだけど、二回目は徒歩10分程度のわりと近所の病院で予約をとることができたのでラッキーだった。

今回行った病院ではお医者さんがワクチンを打つみたいだった。担当のお医者さんは最初からため口でフランクな感じ。結構いろいろ話しかけてきて、俺が「そうですね~」とか適当に相づちを打ってたら、いつの間にかプスッと注射針を刺されて接種終了。二回目もあっという間だった。

その後、15分待機して特に体調不良などなかったのでそのまま帰宅した。

ワクチンを二回打ってもコロナに感染はするらしいけど、重症化はしづらくなるみたいなので、これで気持ち的にはだいぶ楽だ。

その後、数時間した頃に副反応が出てきた。副反応は一回目と同じで、注射した箇所が、ちょっと筋肉痛っぽい感じで腕が上がりにくい。でも、日常生活には全く支障はなく、ほとんど気にはならない。

うちの母親は二回目のワクチン接種後に熱を出して苦しそうだったので、俺も一応熱が出たときように、ポカリスエットやゼリー、解熱剤など準備しておいたのだけど、特に熱が出ることもなく、やや拍子抜けだった。まぁ、体調を崩さないに越したことはない。

と思ったら、次の日に熱が37.5度まで上がった。やはり油断は禁物ということか。とはいえ、体がだるいとかもないし、しんどさもない。その数時間後には熱も下がったので、これて俺の副反応は終了なのかもしれない。ただ、無理はせずもう少し様子を見ようと思う。

それで体調に異常がなければ、緊急事態宣言もあけたし、とりあえずちょこちょこ移動して人と会いたい。

人見知りだが人と会うのは刺激的だ。人との会話から生まれる発想や気づきは確実にあるし、ちょっとした他愛もない話が不安感を和らげたりすることもある。人間はめんどくさいが面白い。コロナで以前よりもさらにあまり人と会わない生活をする中で、その事を前よりも感じるようになった。

幸い今月はレンタルの依頼も入ったし、何かイベントがあれば参加してみるのもいいかもしれない。